ライフコーポレーションがビオラル近畿圏2号店の「エキマルシェ大阪店」を10月オープン

2021.07.19

2021.07.20

ライフコーポレーションは、JR大阪駅桜橋口すぐの駅ナカ商業施設の「エキマルシェ大阪」内にナチュラルスーパーマーケット「ビオラルエキマルシェ大阪店」を2021年10月26日にオープンする予定である発表した。

ビオラルとしてビオラル靭店(大阪市西区)に続く近畿圏2号店となり、ビオラルの店数は首都圏の丸井吉祥寺店(東京都武蔵野市)と併せ3店となる。他、首都圏ではショップのような形式でさいたま新都心店(さいたま市大宮区)とグランシップ(横浜市栄区)をオープンしている他、既存店へのコーナー展開も進む。

ビオラルは「素敵なナチュラルライフスタイルを通じて、心も体も健康で美しく豊かな毎日を過ごしてもらいたい」と願うスーパーマーケットとして、16年に靭店の出店を皮切りに誕生したフォーマット。名称は、ドイツ語の「BIOLOGISCH(有機の)」と英語の「NATURAL(自然)」を組み合わせた造語を由来とする。

ビオラル靭店

20 年にはナチュラル志向のプライべートブランド「ライフナチュラル」を「BIO-RAL(ビオラル)」に刷新し、ライフ各店舗での販売がスタートした他、ビオラルのコンセプトに沿った商品を集合展開した「ビオラルコーナー」の導入を進めてきた。

ライフ夙川店の「ビオラルコーナー」(兵庫県西宮市)

特に昨年からは売上げの伸びに伴ってビオラル事業を一挙に拡大。12月には首都圏1号店の丸井吉祥寺店がオープンした。

今回、コロナ禍によってさらに高まる健康志向や安全・安心へのニーズに応えるため、西日本最大のターミナル駅であるJR大阪駅桜橋口すぐの場所にある「エキマルシェ大阪」内に出店することとなった。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」