セブン-イレブンが「QRコードリーダー」「シャッフルプリント」など新機能を搭載したマルチコピー機を導入

2021.09.14

セブン-イレブン・ジャパンと富士フイルムビジネスイノベーションは、全国のセブン-イレブン店舗(2021年8 月末時点2万1215店、ただし一部除く)に設置しているマルチコピー機を刷新する。10月から入れ替えを順次開始し、22年9月末までに新機種の導入を完了する予定。

コロナ禍でライフスタイルやワークスタイルが大きく変化する中にあって、マルチコピー機はネットプリント(インターネット登録したデータのプリントアウトサービス)や行政証明書の発行などによる利用が増えているという。

新しいマルチコピー機はさらに簡単に、安心して利用できるように、操作方法やデザインを刷新。

また、外出や帰省が制限される中で、なかなか会えない家族や友人へのプレゼントなどにも使える思い出の写真を再活用した新たな楽しみ方を提案する。

QR コードでWi-Fi接続がより簡単に、使いやすさも向上

専用無償アプリである「セブン-イレブンマルチコピー」を使うと、スマートフォン内の写真や文書のデータをプリントする際、スマートフォン画面に表示されるQRコードを新マルチコピー機にかざすことで、画面での操作回数を減らすと共に自動でWi-Fi接続されてデータを送信できる。これまでより「かんたん」にプリントできるようになる。

また、マルチコピー機を初めて使う人でも迷わずに操作ができるように、従来の操作画面を見直し、スマートフォンやタブレット端末と近いデザインに刷新した他、本体の高さを低くした上で操作画面の角度を最適化するなど、車椅子を利用する人にも使いやすいデザインに変更した。

さらに、操作画面の「ヘルプ」ボタンから、よくある問い合わせ内容と対応方法を参照することができる「ヘルプ」機能を新設した他、電話での問い合わせが直接行える「コールセンター」も新設し、10月1日から一部を除く全国の店舗で利用可能になる。問題が起こってもその場で解決できる可能性が高まる。店頭で操作方法が分からないときにその場で質問できるだけでなく、店舗従業員の問い合わせ対応の負荷軽減にも貢献する。

写真プリントはこれまでのLサイズに加えて、9月末の導入完了後は2Lサイズでのプリントが可能になる。

また、コンビニのマルチコピー機として初めて、複数の写真を選んで1枚の写真にレイアウトできる「シャッフルプリント」の提供も開始する。思い出の写真を再活用して自分好みにアレンジし、お気に入りの1枚をプリントできる。

なお、シャッフルプリントは、セブン-イレブンマルチコピーアプリとUSBなどのメディアからのプリントのみに対応、ネットプリントサービスでは提供しない。

他、普通紙郵便はがきだけでなく、インクジェット紙郵便はがきも利用できるようになるなど、随所で機能強化が図られた。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」