代替肉

  • 2022.03.17

    ネクストミーツが主⼒の代替⾁商品を約30%値下げ、輸入牛肉の価格高騰下で代替肉の全国的な普及を⽬指す

    ネクストミーツは、主力商品の「NEXTカルビ1.1」「NEXTハラミ1.1」「NEXT⽜丼1.2」「NEXTカルビ2.0」の4商品の卸売価格を引き下げると発表した。公式オンラインショップでは3⽉17⽇から、他は4⽉1⽇から適⽤する。 NEXTカルビ1.1、NEXTハラミ1.1、NEXTカルビ2.0のNEXT焼⾁シリーズは約28%の引き下げ、NEXT⽜丼1.2は約30%の引き下げとなる。 輸⼊⽜⾁の価格⾼騰、⽜丼チェーンやステーキ店、スーパーマーケットなどでの値上がりを受け、気候変動問題や⾷糧問題への危機意識、健康意識の⾼まりから需要が急速に拡⼤している代替肉について購入障壁となっている「価格」…

  • 2021.11.29

    ネクストミーツの代替肉商品、薬王堂で自社初となる専用什器「NEXTスタンド」で販売

    ネクストミーツは11月30日からドラッグストアの薬王堂が運営するドラッグストアチェーン「薬王堂」の12店で、焼肉用代替肉「NEXTカルビ1.1」「NEXTハラミ1.1」、 プラントベース牛丼「NEXT牛丼1.2」の販売を開始する。宮城丸森店、仙台袋原店を除く10店では、ネクストミーツにとっては小売りで初めてとなる専用什器を設置しての販売となる。 販売する商品は完全植物性の商品で、動物性原料は一切含んでいない。 今回は「東北から世界の健康をデザインする」というビジョンを持つ薬王堂が、「地球を終わらせない。」という理念を持ち、「どうにかして日本全体で代替肉の普及を進めていきたい」と考えるネクストミ…

  • 2021.05.17

    広がるプラントベース、エムアイフードスタイルが豆腐使用の代替肉の惣菜を新発売

    首都圏を中心に18店のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営するエムアイフードスタイルが、代替肉を使用した惣菜のシリーズとして「はたけの恵みいただきます」を始動。 代替肉を使用した「ガパオ」「ビビンバ」を6月3日から新発売する。クイーンズ伊勢丹無印良品港南台バーズ店では5月14日の新規オープンに伴い、本メニューの先行販売を開始している。 今回代替肉として一部使用するのは「豆腐MEAT」。豆腐を主な原料とし、植物性原料のみでつくられた代替肉となっている。豆腐の加工技術を応用した作り方のため、匂いが抑えられたという。大豆のおいしさと、食べ応えある食感が特徴になっている。脂肪分が少なく良質なタ…

  • 2021.03.26

    広がる「精肉売場」での代替肉販売、ネクストミーツの代替肉商品がイトーヨーカドーで販売開始、展開店舗数も拡大へ

    焼肉用フェイクミート「NEXT焼肉」シリーズや100%植物性の牛丼「NEXT牛丼」、代替肉ハンバーガー「NEXTバーガー」などを販売するネクストミーツは、2021年3月29日からイトーヨーカ堂が運営する「イトーヨーカドー」の関東圏の11店で焼肉用代替肉「NEXTカルビ1.1」と「NEXTハラミ1.1」を精肉売場で販売を開始。 好評を受けその後、4月27日からは順次販売店舗を拡大。1都9県の102店に拡大することとなった。これらは完全植物性の商品で、動物性原料は一切含まない。 昨今は日本でも、大豆をメインとした「大豆ミート」という名称で代替肉の取り扱いが広まりつつある。外食チェーンでも代替肉を使…