広がるプラントベース、エムアイフードスタイルが豆腐使用の代替肉の惣菜を新発売

2021.05.17

首都圏を中心に18店のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営するエムアイフードスタイルが、代替肉を使用した惣菜のシリーズとして「はたけの恵みいただきます」を始動。

代替肉を使用した「ガパオ」「ビビンバ」を6月3日から新発売する。クイーンズ伊勢丹無印良品港南台バーズ店では5月14日の新規オープンに伴い、本メニューの先行販売を開始している。

今回代替肉として一部使用するのは「豆腐MEAT」。豆腐を主な原料とし、植物性原料のみでつくられた代替肉となっている。豆腐の加工技術を応用した作り方のため、匂いが抑えられたという。大豆のおいしさと、食べ応えある食感が特徴になっている。脂肪分が少なく良質なタンパク質なため、ダイエットにも適した食材であるという。

ご飯が進む「ガパオ」と「ビビンバ」をラインアップ

「ガパオ」は「豆腐MEAT」を甘辛く味付けし、ガーリックとバジルを効かせている。ズッキーニやヤングコーンなどの彩り野菜をふんだんに載せているため、食感も楽しめる。ご飯が進むように濃いめの味付けとなっている。価格:642円(総額、以下同)/1パック

「ビビンバ」は「豆腐MEAT」にナムルしたモヤシやニンジン、ゼンマイ、ホウレンソウ、真ん中には煮卵を彩り良くトッピングした。すべての具材をよく混ぜることで手軽に、たくさんの野菜を食べることができる。価格:642円/1パック

エムアイフードスタイルは、長年三越伊勢丹グループが培ってきたSM事業および食品製造加工卸事業などを承継。食生活を通じて「豊かなライフスタイル」を軸に「価値ある体験」を提供することを目指している。

最近では独自性の高いプライベートブランドの開発も強化している他、今回の惣菜のように利便性や簡便性の高い商品の開発も積極的に行っている。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」