広がるプラントベース、エムアイフードスタイルが豆腐使用の代替肉の惣菜を新発売

2021.05.17

首都圏を中心に18店のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営するエムアイフードスタイルが、代替肉を使用した惣菜のシリーズとして「はたけの恵みいただきます」を始動。

代替肉を使用した「ガパオ」「ビビンバ」を6月3日から新発売する。クイーンズ伊勢丹無印良品港南台バーズ店では5月14日の新規オープンに伴い、本メニューの先行販売を開始している。

今回代替肉として一部使用するのは「豆腐MEAT」。豆腐を主な原料とし、植物性原料のみでつくられた代替肉となっている。豆腐の加工技術を応用した作り方のため、匂いが抑えられたという。大豆のおいしさと、食べ応えある食感が特徴になっている。脂肪分が少なく良質なタンパク質なため、ダイエットにも適した食材であるという。

ご飯が進む「ガパオ」と「ビビンバ」をラインアップ

「ガパオ」は「豆腐MEAT」を甘辛く味付けし、ガーリックとバジルを効かせている。ズッキーニやヤングコーンなどの彩り野菜をふんだんに載せているため、食感も楽しめる。ご飯が進むように濃いめの味付けとなっている。価格:642円(総額、以下同)/1パック

「ビビンバ」は「豆腐MEAT」にナムルしたモヤシやニンジン、ゼンマイ、ホウレンソウ、真ん中には煮卵を彩り良くトッピングした。すべての具材をよく混ぜることで手軽に、たくさんの野菜を食べることができる。価格:642円/1パック

エムアイフードスタイルは、長年三越伊勢丹グループが培ってきたSM事業および食品製造加工卸事業などを承継。食生活を通じて「豊かなライフスタイル」を軸に「価値ある体験」を提供することを目指している。

最近では独自性の高いプライベートブランドの開発も強化している他、今回の惣菜のように利便性や簡便性の高い商品の開発も積極的に行っている。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。