事例・データ

  • 2022.06.29

    ミニストップが、プラスチック削減を目的に 「食べるスプーン」を導入開始

    ニストップは、2030年までに、使い捨てプラスチック利用量を半減(2018年度比)する目標に基づき、「ソフトクリームバニラ」販売時にお付けしている「プラスチックスプーン」を「食べるスプーン」に変更する取り組みを開始した。 1980年の創業時より販売を開始した「ソフトクリーム」は、幅広い世代に愛され、年間2,354万個以上販売している。(2021年度実績) 身近な商品である「ソフトクリーム」から、環境問題に向き合い、使い捨てプラスチック削減やエコ意識を高めるきっかけにしたいと考え、プラスチックスプーンから「食べるスプーン」に変更し、プラスチック削減を目指す。「食べるスプーン」を全店導入した場合、…

  • 2022.06.26

    イオン、需要増を見込み うなぎ蒲焼の特大サイズを過去最大の5万尾用意

    イオンリテールは2022年7月1日から順次、「イオン」「イオンスタイル」約350店舗の店頭とネットスーパー拠点約240店舗で、“土用の丑の日”商品を展開する。 イオンは2002年より、抗生物質、合成抗菌を一切使用せずに育て、タレにも着色料や保存料などを使用せずに焼き上げた「トップバリュ グリーンアイナチュラル うなぎ蒲焼」を販売している。 また2018年策定、「イオン ウナギ取り扱い方針」に沿って、日本伝統の食文化を次世代へつなげていくことを目的として、取り扱い証明の担保がとれたシラスウナギの調達や、うなぎ以外の持続可能な水産資源を使用した“代替蒲焼”の開発などを進めている。 ≪今年の取り組み…

  • 2022.06.25

    JR東日本グループ、食品ロス削減を目的とした無人販売機「fuubo」をさらに拡大

    JR東日本グループの株式会社JR中央線コミュニティデザインと、ZERO株式会社は、食品ロス削減を目的とした無人販売機「fuubo(フーボ)」の設置箇所をさらに拡大し、2022年6月27日より順次運用を開始する。 ZERO株式会社は、環境省による令和3年度補正予算の食とくらしの「グリーンライフ・ポイント」推進事業に採択された。今後、ZERO株式会社は楽天グループ、NTTドコモ、イオンモールなど26団体が参入する本事業の1社として、エコ活動を通したSDGsを推進する。 ■fuubo設置箇所事業エリア ■「fuubo(フーボ)」の概要と利用方法「fuubo(フーボ)」はまだ美味しく食べることができる…

  • 2022.06.22

    そごう横浜店、「Makuake」のオンライン催事と連動。中小・新興企業の商品をオンラインとリアルの場で紹介

    そごう・西武は、アタラシイものや体験の応援購入サービスを運営する「Makuake(マクアケ)」のオンライン催事上で、中小・新興企業の新商品を集めた特集「Dear Gift」を開催する。 今回の取り組みのために新たに発売される商品で構成され、そごう横浜店の「Makuake SHOP」では実際に商品を見ることもできる。これにより出店事業者には百貨店という多くのお客さまが来店されるリアルの場で顧客との接点を提供する。  ■概要 会期:6月21日(火)午前11時~7月30日(土)午後6時まで参加プロジェクト数:12プロジェクトを予定(開始日はプロジェクトごとに順次)扱いアイテム:ファッション、インテリ…

  • 2022.06.19

    ラオックスグループのシャディ、業界初となる「メタバースカタログ」を発行

    ラオックスグループのギフト販売大手のシャディ株式会社は、今夏のギフト商戦に向けて、2022年6月16日に、「メタバースカタログ」を発行した。 紙カタログ、デジタルカタログに加え、新たな形態として一覧性に優れたメタバースカタログを導入。実店舗空間のように直感的にギフト選びを楽しめる「メタバースカタログ」の特徴を活かし、「Shaddy Summer Gift 2022」では、『再会、共体験』をテーマに夏に贈り、共に楽しみたいサマーギフトをフルラインナップで展開する。 シャディは全国47都道府県にまたがる実店舗と、自社ECであるシャディギフトモールのシナジーをつなぐ新たなタッチポイントの開発を構想し…

  • 2022.06.15

    ロート製薬、バーチャルラボを設立。情報発信と交流拠点へ

    ロート製薬株式会社は、6月10日「ロートの日」にデビューした公式バーチャルYouTuber「根羽清ココロ」の4周年を祝し、2022年6月10日に健康にまつわる情報発信やバーチャル上での交流拠点となる「ロートバーチャルラボ」を設立した。 YouTube動画の配信部屋に加え、VTuber同士が交流できるスペース、商品展示エントランスを設備。VTuberとのコラボレーション配信やオープンな交流の場として活用することで、新たなコミュニケーションを図るという。 「ロートバーチャルラボ」について 展示棚から商品を手に取って行う商品紹介や、他のVTuberを招待したコラボ企画など、様々な配信が可能。 毎年6…

  • 2022.06.12

    イケア、食品廃棄物は2017年対比で46%削減へ。クライメートレポート公開

    イケア・ジャパン株式会社は、「ピープル・アンド・プラネット・ポジティブ」という2030年までの戦略に対する進捗状況をまとめた 「サステナビリティレポート FY21(日本語版)」と、気候変動への戦略と取り組みをまとめた初の「クライメートレポート(日本語版)」を公開した。 サステナビリティレポートFY21とクライメートレポートには、世界中で12社展開するイケアのフランチャイズシステム、原材料の調達から製品の製造、そして製品の破棄までの一連の流れを指すバリューチェーンにおける取り組みが網羅されている。クライメートレポートは、新たな試みとして今年度初めて制作された。 【イケアの「サステナビリティレポー…

  • 2022.06.06

    御殿場プレミアム・アウトレットで、近距離モビリティWHILLのシェアリングサービス実証実験を開始

    三菱地所・サイモン株式会社とWHILL株式会社は、御殿場プレミアム・アウトレットで2022年6月10日より、免許不要の近距離モビリティWHILLを活用したシェアリングサービスの実証実験を開始する。 広大な敷地内のショップや飲食店を巡りながら買い物できる移動サービスを提供することで、ご高齢の方や長距離の歩行に不安を抱える方を含め、誰もが快適に楽しんでいただける環境を整え、回遊性の良さや顧客満足度の向上を検証する。 WHILL社と三菱地所・サイモンは、免許不要で歩行領域・屋内・施設内を走行できるWHILLのシェアリングサービスの実証実験を行うが、本実証実験では「疲れを気にせず存分に買い物を楽しみた…

  • 2022.06.05

    PARCOで、松坂屋がパンダたちとコラボしたXR体験イベントを開催

    株式会社パルコは運営するPARCO_ya上野、株式会社大丸松坂屋百貨店が運営する松坂屋上野店で、パンダをテーマにXR体験イベントを実施する。 ※画像はイメージ ■取組みの背景・目的パルコは、商業施設に新たな魅力を付加する体験型メディアとしてXR活用を推進しており、現在は主にイベントにおいて様々な活用トライアルを進めている。また、XRアーティストを発掘/育成を目的とした「NEWVIEWプロジェクト」を株式会社PsychicVRLabと、株式会社ロフトワークと共同で推進している。 【イベント】 パンダ横丁 ~シャンシャンにスマホで会えるAR写真展~期間:6月1日(水)~6月30日(木)  場所: …

  • 2022.05.25

    【海外視察ツアー】Amazon・ウォルマート・ウェグマンズ・イータリーなど アメリカ 小売トレンドの最前線を現地で集中学習

    デジタルテクノロジーの進化にこの間の新型コロナウイルスの影響が加わり、日本の小売業界では買物の形からの再設計ともなるような業態の模索が続いています。それは日本が歴史的にモデルとしてきたアメリカも同様です。 今回、株式会社リテール総合研究所では、ニューヨークを拠点に東海岸に出店する主力企業の最新フォーマット、新型コロナウイルスへの対峙の仕方を実体験する現地セミナーの企画を行いました。 詳しくはこちらから アマゾン、ウォルマート、ウェグマンズ、イータリーなどアメリカ小売りトレンドの最前線を現地で集中学習し、アメリカ東部の小売り最前線を学びます。 ロングアイランド、ブルックリン、ニュージャージー州、…

  • 2022.05.24

    デロイトトーマツが『世界の小売業ランキング2022』を発表、JD.comが中国企業として初めて上位10社圏内入り

    デロイトトーマツグループは、『Global Powers of Retailing』の最新版を日本語訳したレポートの『世界の小売業ランキング2022』を発表した。 調査結果では、上位250社の総小売売上高は5兆1000億米ドル(前年度は4兆8500億米ドル)、1社当たりの平均小売売上高は204億米ドル(前年度は194億米ドル)、2015年度から2020年度における小売売上高の年平均成長率は4.7%となった。 上位10社は依然として小売業界の売上高の大きなシェアを占有しており、上位250社の小売売上高のうち、34.6%を占めている。 トップ4社は前年から順位に変化はなかった。1位はWalmart…

  • 2022.05.21

    ヤマダHDは、 見て触って、相談できるハウステックのショールーム「Lafiste(ラフィステ)」を 開設

    ヤマダホールディングスグループの総合住宅設備メーカーである株式会社ハウステックは、2022年5月27日に新宿ショールーム“Lafiste(ラフィステ)”を新宿NSビル(東京都新宿区)内にオープン。 “Lafiste(ラフィステ)”には、「生活(Life/ライフ)」+「洗練された(Sophisticated/ソフィスティケイティド)」の意味が込められている。Lafiste(ラフィステ)は「あなたの暮らしに。幸せへとつながるショールーム。」をコンセプトとして掲げ、専門アドバイザーがひとりひとりの暮らしづくりを支援する。  ■見て、触って、体験できるショールーム 新宿ショールームでは、当社が誇る多彩…

  • 2022.05.18

    東急百貨店、本店で「食品ロス防止サブスク」を初受付

    東急百貨店では、株式会社ロスゼロが提供する製菓材料を使用してつくるアップサイクルブランド『Re:You(りゆう)』を販売するほか、食品ロス防止サブスクリプションの申し込みを受け付けを行う。百貨店での受付は東急百貨店が初めてとなる。 ■ <ロスゼロ> 特別出店概要< 会期 >:5 月 19 日(木)~23 日(月) 10:30~18:30< 場所 >:東急百貨店 本店 地下1階 特設スペース ■取り組み経緯と目的東急株式会社が主催する東急アライアンスプラットフォーム2021 DemoDayにて、ロスゼロは東急株式会社 沿線開発事業部との取り…

  • 2022.05.17

    東急ストア、ポプラでRakuten Pashaの新機能「らくらく申請」が利用可能に

    楽天グループ株式会社が運営する、レシート画像を送付すると「楽天ポイント」を獲得できるサービス「Rakuten Pasha」は、株式会社東急ストア、株式会社ポプラで、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を提示することで「楽天ポイント」を獲得することができる新機能「らくらく申請」の提供開始をした。 本機能では「楽天ポイントカード」の提示で獲得できる「楽天ポイント」に加え、「Rakuten Pasha」による「楽天ポイント」を獲得することができる。 本機能では、会計前に対象商品のクーポン「トクダネ」を取得し、対象店舗で「楽天ポイントカード」または「楽天ポイントカード」機能が搭載されたアプリを提…

  • 2022.05.16

    メルカリと東京大学エコノミックコンサルティングがCtoCサービスにおける価格・流通量の変動を指数で可視化

    メルカリが運営するメルカリ総合研究所と東京大学エコノミックコンサルティング(UTEcon)は、月間利用者数2000万人超のフリマアプリ「メルカリ」で取引される商品カテゴリーごとの取引価格と流通量の変動を指数で可視化した「メルカリ物価・数量指数」を共同で開発し、情報の提供を開始すると発表した。「メルカリ」における商品カテゴリーごとに、月単位で提供する。 両者によると、個人間商取引(CtoCサービス)における消費者の需要を可視化する世界初の事例となるという。取引数量や価格の急速な変動という形で、そのときの流行を確認することが可能になるとする。 今回の情報提供の目的は、各種データを参照した消費トレン…

1 2 3 4 5 ・・・ 13
1 2 3