ライフコーポレーションが日本ユニシスと共同開発したAI需要予測自動発注システムを全店に導入

2021.01.19

2021.07.15

ライフコーポレーションは、日本ユニシスと共同開発したAI(人工知能)需要予測による自動発注システム「AI-Order Foresight」を導入し、2021年2月までにライフ全店舗で稼働を開始する。

システム導入によって対象商品の発注作業時間の5割超の削減を目標とし、その時間を活用してお客への対応や売場メンテナンスの強化を図り、顧客満足度の向上と従業員の働きやすい環境の構築を目指す。

発注数を自動算出、メンテナンスも不要

ライフコーポレーションでは、ドライグロサリーを対象とする自動発注システムをすでに導入していたが、販売期間が短い牛乳などの日配品を対象とした高精度な自動発注システムの導入には至っておらず、店舗、商品ごとに従業員が発注数を毎日算出する作業に多大な時間を要していた。

今回のシステムが稼働することで、販売期間が短く精度面で対応が困難だった牛乳などの日配品について、AIによる需要予測を用いることで発注の自動化が可能になる。

販売実績、気象情報、販売計画などの各種データを基に店舗における日々の商品発注数を自動で算出し、発注作業時間の削減を図る。従来の自動発注システムは精度維持のため、人による日常的な予測モデルチューニングが必要だったが、AI自動チューニング機能によりメンテナンスをすることなく自動発注の運用が可能となるという。

18年からライフコーポレーションと日本ユニシスが共同で研究開発を行い、店舗での実証を進めてきた。

作業負荷や難易度の高い業務の自動化によって従業員の作業負担を軽減し、商品欠品、廃棄ロスの削減の実現を目指す。20年3月以降の新型コロナウイルスの影響による激しい需要供給変動においても、商品欠品、廃棄ロスの悪化を防ぎ、適切な発注量の計算が実施できていることを確認しているという。

ライフコーポレーションと日本ユニシスは、今後も経験とノウハウを生かしながら業務自動化を推進できる店舗環境を構築し、従来、業務に割り当てていた労働時間をより高度な店舗運営へ注力させることで、顧客満足度の向上や新たなサービス価値の創出、従業員の働きやすい環境の構築を目指していく。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」