TOUCH TO GOが東芝テックと業務提携、「マイクロマーケット」における無人決済店舗展開を推進

2021.05.28

2021.07.15

TOUCH TO GO(TTG)は、東芝テックと業務提携し、「マイクロマーケット(小規模商圏)」における無人決済店舗展開の推進を図る。

TTG がJR東日本高輪ゲートウェイ駅構内などで運営実績を積んでいる無人決済店舗システムについて、東芝テックが販売、導入、保守サービスの一部を担うことによって、当該店舗で収集した付加価値の高い購買前の行動データおよびPOSデータを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)の価値提供を目指すとしている。

背景には、人手不足の深刻化に加え、新型コロナウイルス感染拡大に伴う非接触の接客ニーズの高まりなどもあって居住地、オフィスなどにより近接した「マイクロマーケット」における無人店舗の展開に注目が集まっていることがある。

阿久津智紀・TTG社長は次のようにコメント。「TTGは、これから訪れる深刻な人手不足の状況下でも、今と変わらず便利な生活、お買物ができる世の中を維持することを目指しています。今回の業務提携により、東芝テックさまの販売網および優れた導入、保守サービスのお力をお貸しいただき、日本の広域や世界に新たなお買物体験を提供できるようにしていきたいと思います。また、われわれだけでは実現できない新しい購買・非購買マーケティングへの挑戦も加速させてまいります」

錦織弘信・東芝テック社長は、「新型コロナウイルス感染拡大の影響などによって、小売業の方々が直面する課題が複雑化している中、当社の経営理念である『ともにつくる、つぎをつくる。』を実践したパートナーシップが重要だと考えています。このたびのTOUCH TO GOさまとの業務提携を通じて、課題解決を実現すると共に、さらなるDXに挑戦し、先進的な取り組みをスピーディーかつ積極的に推進してまいります」とコメントした。

左から平等弘二・東芝テック執行役員新規事業戦略部長、錦織弘信・同社長、阿久津智紀・TOUCH TO GO社長、波川敏也・同副社長
JR東日本高輪ゲートウェイ駅構内の無人決済店舗

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」