ローソンアプリの使い方解説|ポイント、クーポン、スマホレジの使い方など

2021.09.10

出所:ローソン

2021年2月末段階で、全国に14,476もの店舗を構えるコンビニチェーン「ローソン」。そんなローソンをより便利にお得に利用できるのが「ローソンアプリ」

このアプリをインストールすれば、クーポンやお試し引換券の発券が可能。さらに、dポイントやPontaポイントなど、連携するポイントを貯めたり使ったりが非常に容易になり、お得を実感しやすいと評判を呼んでいる。また、会員限定のクーポンやキャンペーンなども。

本記事では、お得を実感しやすい「ローソンアプリ」の特徴や機能、インストール方法や登録方法、活用法などを紹介する。すでにアプリを入手している人はもちろん、ローソンをよく利用する人、アプリに関心がある人はぜひ参考にしてもらいたい。

ローソンアプリの3つの特徴

出所:ローソン

「ローソンアプリ」を入手すると、どのようなメリットがあるのだろうか。ここではまず、ポイントカードとの連携や「ローソンアプリ」の利用者の大半が利用するお試し引換券について紹介する。また、ローソンの一部店舗で利用できる「スマホレジ」についても、「ローソンアプリ」ならではの活用法として解説しよう。

ポイントカードと連携すればポイントを「貯める」「使う」が簡単に

出所:ローソン

「ローソンアプリ」を利用する際、Pontaポイントやdポイントといったポイントカードと連携することができる。ポイントカードを提示することなく、ポイントを貯めたり使ったりできるため、非常に手軽なことが大きなメリットだ。ポイントカードを意識して持ち歩く必要がなく、ポイント獲得のチャンスを逃しにくくなる。

さらに、ポイントを獲得するチャンスが毎日あるのも、「ローソンアプリ」の魅力と言えよう。ホーム画面のアイコンをクリックして集める「金のコーヒー豆」が10個貯まると、ポイント(1・2・5・10のいずれか)を獲得するチャンスが得られる。更新されるのは毎朝4時。当選したポイントは、当選した翌月の末にホーム画面上に自動で加算されるため、手間もない。

また、キャンペーンにエントリーしたうえで対象商品を購入すれば、アプリ限定のボーナスポイントが獲得できたり、ポイントを使ってのお得な買い物ができたりする。ポイントを利用したお得な買い物については、次項で詳しく解説しよう。

人気商品や話題のアイテムをお得に試せる引換券が発券できる

「ローソンアプリ」とPontaポイントもしくはdポイントを連携すれば、話題の新商品やおススメ商品をお得にお試しできる「お試し引換券」を予約・発券することが可能だ。

このお試し引換券で使うのは、それまでに貯めてきたポイント。ポイントは通常、1ポイント=1円のレートで商品の購入などに充てることができるが、お試し引換券の場合は、支払うべき金額より低いポイント数で買い物ができる。例えば、130円の商品を60ポイントで交換できるといったもので、お得を実感しやすいサービスと言える。

このお試し引換券が適用されるのは、話題の新商品やおススメ商品なので、今後人気を博するだろう商品をいち早く試せるという意味でもぜひ利用したいサービスだ。

ローソンアプリの画面

自分のスマホをレジ代わりに活用可能

出所:ローソン

「ローソンアプリ」をインストールしたスマートフォンで店内の商品をスキャンし、決済できるのが「スマホレジ」のサービスだ。

このサービスを活用すれば、レジで決済する必要がなく、レジ待ちの時間がなくなる。まさにスマホをレジ代わりにするもので、買いたいものを買いたいときに買うことができ、決済アプリもワンタップで利用可能。急いでいるときにとても便利だ。

利用できる決済手段は、Apple Payと楽天ペイ、LINE Pay、クレジットカード。決済アプリもワンタッチで利用できるが、それぞれに1回の支払限度額や1日の支払限度額などが定まっている。楽天ペイの場合は1回(1日)の支払限度額が4,000円、LINE Payの場合は1回の支払限度額が30,000円。また、クレジットカードの場合は合計金額10,000円以下となっているので注意しよう。

もう1点気をつけたいのは、スマホレジ対応の店舗が限定されている点。ローソンの公式サイトにスマホレジ対象店舗一覧が掲載されているので、チェックしておこう。

ぜひ押さえておきたいローソンアプリの機能3選

上で挙げたローソンアプリならではの特徴を活かしきるためにぜひ知っておきたいのが、クーポンの一覧表示機能やアプリを通して得られるお得なキャンペーンの数々。これらのお得情報やキャンペーン情報は、アプリでいち早く知ることができる。こうした情報をうまく活用すれば、よりお得に、より便利にローソンで買い物ができるのは間違いない。ここでは、ローソンアプリの利用者がぜひ押さえておきたい機能を3つ解説する。

使いたいクーポン・お試し引換券を選んで一覧表示できる

出所:ローソン

次々送られてくるクーポンやお得情報――「あれもこれも利用してみたい」と思いつつ、いざ買い物するときにうまく見つけられなかったり面倒になったりして、使わずじまい。そんな経験をした人も多いだろう。

こんな人にぜひ活用してもらいたいのが、ローソンアプリのクーポンやお試し引換券一覧表示機能だ。

自分が使ってみたいクーポン、活用したいお試し引換券などがあれば、事前に選択しておく。これらのクーポン・お試し引換券がアプリ上のMY BOXで一覧表示されるので、自分専用のクーポン一覧ができるというわけだ。

自分にとって使いやすいクーポンをまとめられるだけでなく、クーポン利用時に連携しているポイントカードとクーポンのバーコードを一緒に提示する機能などもあり、買い物が非常に便利になる。

クーポンやお試し引換券はまとめて6枚まで発券でき、かんたん決済を設定しているとワンタップで決済も終了。スピーディーかつストレスフリーに買い物を終えたいという人に、ぜひ試してもらいたい機能だ。

ローソンアプリの画面

ポイント以外のお得なキャンペーンも豊富に用意されている

出所:ローソン

アプリには、ポイントが貯まる以外にもさまざまなキャンペーンが用意されている。対象商品を購入することで貯まる「たまるよスタンプ」や、ローソン店内でアプリを開いてスタンプをためるスタンプラリー、特別ボーナスポイントがもらえるキャンペーンなどがあり、お得を実感しやすい。

まずチェックしたいのは、ポイントカードを提示して対象商品を購入すると、レシートにスタンプが貯まる「たまるよスタンプ」。貯めたスタンプの数に応じ、さまざまな景品に応募が可能だ。

さらに、ローソンの各店舗内でアプリを起動し、スタンプを獲得するキャンペーン「スマホスタンプラリー」も。1日に獲得できるスタンプには上限があるものの、スタンプ数に応じて商品に応募できる。

また、キャンペーンに応募して対象商品を購入すれば、アプリ限定の特別ボーナスポイントがもらえるというものもあり、ポイントを貯めやすいのもアプリをインストールする大きなメリットだ。

ローソンアプリの画面

お得情報やキャンペーン情報をいち早くゲットできる

ローソンアプリを利用すると、ローソンのお得情報がすぐにチェックできる。アプリを開けばすぐにお得情報・キャンペーン情報が提示される仕組みになっており、情報の取りこぼしがなくなる。最新情報をさっとチェックできるので、自分に必要な情報を取捨選択しやすいのもメリットの一つだ。

アプリにはさらに、近隣の店舗の検索機能などもついている。詳細検索もでき、必要としているサービスも絞り込みやすい。なじみのない土地でもいつもの商品をゲットしたいという人にとっては、とても便利な機能と言えよう。

ローソンアプリの画面

ローソンアプリのインストール方法・活用方法を解説

ここでは、ローソンアプリの特徴や機能を理解したうえで「ぜひインストールしたい」「アプリを活用してお得に買い物したい」という人に向けて、そのインストール方法や活用方法を解説していこう。ローソンアプリを利用し、ポイントを貯めて使うためには、アプリのインストール、ローソンIDの登録、ポイントカードの登録という手順が必要になる。また、レジに並ばずに買い物ができる「スマホレジ」の手順についてもここで紹介しているので、ぜひ参考にしてもらいたい。

ローソンアプリのインストール方法

ローソンアプリを利用する第一歩は、アプリのインストール。Google PlayもしくはApp Storeで、ローソンアプリを検索し、インストールする。

ローソンアプリの画面

インストール後にアプリを開くと、利用規約の画面に。利用規約を読み進め、いちばん下にある「利用規約に同意してログイン画面に進む」を選択する。

ローソンアプリの画面

ここから、ローソンIDを登録する。すでにローソンIDを持っている人以外は、ログイン画面の「新規登録」を選択しよう。

ローソンアプリの画面

新規に登録する際は、「メールアドレス」「パスワード」「パスワード確認」を入力する必要がある。間違いがないようにチェックしたうえで、ローソンID規約とプライバシーポリシーを読み進め、「規約に同意する」にチェック。「次へ」を選択する。

ローソンアプリの画面

規約に同意すると、新規登録手続きは完了するが、これで全てが終わったわけではない。登録したメールアドレス宛に届いた仮登録のメールに記載されているURLをタップし、パスワードを確認しよう。

ローソンアプリの画面

アプリ画面でパスワードを入力後、「次へ」を選択。ここで表示されるアカウント情報登録画面で、電話番号と生年月日を入力し、「次へ」を選択すれば、ローソンIDの登録が完了する。

スマホ上でお得なクーポンを発券する方法

ローソンアプリのトップ画面のいちばん下に並ぶいくつかのアイコンの中から「クーポン」を選択すると、「すぐに使えるクーポン」がずらっと表示される。クーポンをすぐ利用する際は、それらの中から一つを選び、タップするだけ。のちのち利用しようというクーポンについては、クーポン右側についているクリップマークをタップして保存しよう。保存したクーポンは、次に解説する方法でポイントカードと連携すると、「MY BOX」内に一覧で表示される仕組みとなっている。

ローソンアプリの画面
ローソンアプリの画面

お試し引換券を発券する際は、クーポンと同様に、アプリトップ画面下にあるアイコンから「クーポン」を選択。

ローソンアプリの画面

「お試し引換券」の中から自分の利用したいものを選び、引換券を予約する。この際、予約後24時間以内に引換券を発行する必要があるので、注意しよう。あとは、対象商品をレジへと持参し、バーコードを提示してポイントで決済すれば終了だ。

ポイントカードと連携する方法

ローソンアプリでは、dポイントカードやPontaカードと連携し、ポイントを貯めたり使ったりできる。これらのポイントカードとの連携は、アプリの「設定」をタップし、「ポイントカード管理」へ。

ローソンアプリの画面

次に、どのポイントカードを登録するのかを選択し、カード情報を入力する。

ローソンアプリの画面
ローソンアプリの画面

登録が完了すると、「登録完了」の画面に切り替わる。一つのポイントカードを登録後、もう一つのポイントカードを登録することも可能だ。

レジ待ちせずに決済するための方法

レジ待ちせずに決済したいという人は、「スマホレジ」を活用しよう。スマホレジを使う際は、スマホレジ対象店舗でアプリトップ画面下にある「スマホレジ」をタップ。ただし、このときにBluetoothがオンになっていなければ、店舗が検索されないので注意しよう。

店舗内で、買いたい商品のバーコードをスキャン。購入予定の商品全てをスキャンし終わった段階で、「購入する」をタップする。

次に、カート画面で購入予定の商品の個数などが間違いないかを確認後、「この商品を購入する」をタップして、決済へ。ローソンのスマホレジは、Apple Pay、楽天ペイ、LINE Pay、クレジットカードに対応しており、決済方法を選ぶことができる。

ローソン店内にあるさまざまな商品をスマホレジで購入できるが、お酒やタバコ、切手、ハガキ類、医薬品、カウンターフーズなどはスマホレレジの対象外。Loppiの予約商品や収納代行といったサービスも対応しないため、これらに関してはレジでの支払いが必要になる。

ローソンアプリの画面
ローソンアプリの画面
ローソンアプリの画面
ローソンアプリの画面

ローソンアプリを使ってコンビニでの買い物をよりお得に!

日ごろローソンに足しげく通っているという人に便利な「ローソンアプリ」。ここでは、その特徴と魅力について紹介した。ローソンアプリのいちばんの魅力は、何といっても多種多様なクーポンとお試し引換券が用意されていること。日々新たなクーポン・お試し引換券が更新されており、そのチェックもアプリで簡単にできる。

さらに、自分が使いたいクーポン・お試し引換券を選んでおけば、自分専用のクーポン一覧がアプリ上にできるというのも非常に便利。アプリを使って、レジに並ばずとも決済できる「スマホレジ」機能なども搭載されており、対象店舗も今後ますます広がっていくだろう。使い勝手のよさと、お得度の高さでローソン愛用者に必須のアプリといって過言ではない。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」