ファミリーマートが遠隔操作ロボット技術を生かした店舗オペレーションを試験運用

2022.04.21

2020.08.27

ファミリーマートとTelexistence(TX)は、遠隔操作ロボット技術を核とした新たな店舗オペレーション基盤の構築を目的に、TX製ロボットの「Model-T」、および「Augmented Workforce Platform (拡張労働基盤、AWP)」のファミリーマート店舗への本格導入に向けた試験運用を開始した。

TXは、「ロボットを変え、構造を変え、世界を変える」をミッションとし、遠隔操作・人工知能ロボットの開発およびそれらを使用し事業を展開するロボティクス企業。なお、AWPを支えるクラウドシステムには米国Microsoft社のAzureを採用している。

今回、TX虎ノ門オフィスから遠隔操作を実施。操縦者がVR(仮想現実)端末を使用し、ファミリーマートとしまエコミューゼタウン店(東京・豊島)に設置したロボットの操作を行っている。

1人で複数店舗の作業が可能に

両社はModel-T、AWPを活用し、工数が大きい商品検品・陳列業務を遠隔操作化・自動化することで、店舗の省人化、物理的な店舗立地に制約されない自由度の高い従業員採用が可能なロボティクスを軸にした「全く新しい店舗オペレーション基盤」を開発していくとしている。

第1段階として、飲料売場のバックヤードで比較的作業量の多いペットボトル飲料の陳列について遠隔操作を開始。ロボットによる陳列速度・精度の検証を行う。今後は、おにぎり、サンドイッチ、弁当など作業対象の商品を随時拡大しながら、2022年までに最大20店舗への導入を目指す。多店舗展開が可能な取り組みについては、ファミリーマート全店に順次導入を拡大することも検討していく。

ファミリーマートはModel-Tの導入によって遠隔地から1人で複数店舗の作業が可能となることで、人手不足の軽減とロボットを通じた新たな働く機会の創出につなげていきたいといしている。また、人と人との接触を減らすことにもつながるため、新型コロナウイルスの感染拡大防止にもなると考えられる。

Model-T

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …