そごう・西武がRaaSモデル採用のデジタル基軸、メディア型OMOストアを西武渋谷店に9月オープン

2022.04.21

2021.04.06

そごう・西武が今年9月からメディア型OMO(Online Merges with Offline、店頭とEC〈電子商取引〉で顧客、商品、在庫情報が統一されたストア形態)ストアの展開を開始する。

西武渋谷店パーキング館1Fを全面リニューアルし、CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)をオープン。ミレニアル世代(1980年代後半~90年代前半生まれの世代)やZ世代(90年代後半~2000年代前半生まれの世代)の支持を集めるD2C (Direct to Consumer、お客への直接販売)ブランドと協業しながら展開していく。

同店ではお客が没入感のある空間の中で、オンラインとオフラインを融合した新しい購買体験をスマートフォンにて楽しめるという。

ミレニアル世代やZ世代の関心事である社会課題をテーマに設定し、テーマに寄り添った商品やブランドが編集されたストアを目指す。「モノ」に込められた想いや意味をオンラインとオフライン双方で発信することで、お客とブランドをマッチングの場を提供する。テーマや商品は一定期間で入れ替え、お客がいつ来店しても新しい出会いと学びのあるストア体験創出を目指す。

機能としては、昨年8月に日本でも事業を開始した米国発祥のb8taと近く、RaaS(リテール・アズ・ア・サービス、サービスとしての小売り)と呼ばれるビジネスモデルの一環といえそうだ。

店頭とECの垣根を超えた自由な買物体験を提供

リアル店舗と同時にECサイトもオープンし、オンラインで購入した商品を店頭で受け取れる販売形態をはじめとした新しいショッピングサービスを提案する。

来店したお客にはまず、店内専用Webカタログを配布する。お客は自身のスマートフォンでカート追加、お気に入り登録、決済などが可能。店頭決済は、完全キャッシュレスとするなどスムーズな購買体験を目指した。

店頭ではWebカタログを閲覧、活用することで、従業員を介すことなしに関心がある商品や製造背景の理解を深められる。非接触で購買体験を完結することも可能で、デジタルを生かした形で新型コロナウイルスによって関心の高まる非接触の買物を実現した。店頭決済後に持ち帰るのはもちろん、自宅配送も可能ということで、多様なニーズに合わせた受け渡し手段も用意した。

さらに店頭販売商品はすべて専用ECサイトでも購入可能。ショールーミング展示など一部の商品を除いて店頭とECサイトの在庫情報はタイムラグなしで完全連携しているという。ECサイトでの注文商品を店頭で受け取るBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)にも対応。 店頭で購入しなかった場合、あるいは遠方で来店が難しい場合でも、オンラインで新しいブランドや商品と出会える機会を創出する。

デジタル技術活用で出品者の業務負担軽減とデータ提供を実現

一方、出店者には実店舗を出店した実績の少ないブランドでも商品展示、販売接客業務の追加負担なしで出店を可能にする仕組みを用意した他、AI(人工知能)カメラなど最先端のテクノロジーを活用し、テストマーケティングや商品企画、サービス改善に活用できるデータの提供も行う。

出店者側の業務は販売商品のシステム登録と店舗への商品配送のみ。店頭とECにおける陳列、販促、在庫管理、販売売上管理などはすべてそごう・西武が代行する。店内業務オペレーションについても、最新のデジタルツールを活用することで効率化。

実店舗を出店する際の業務負担が軽くなることで、D2C専業事業者を含めた幅広い出品者によるコンテンツ展開が見込めるとしている。

さらに今回、ECサイトの訪問、購買データはもちろん、リアル店舗でのAIカメラによる店内動画データや店内専用Webカタログの行動ログデータなどを収集・解析し、オンライン、オフライン双方でお客の購買動向を把握。出品者は管理画面から随時データを閲覧可能となっている。

最新のデジタルテクノロジーを活用することで、出品者に対して販促プロモーションはもちろん、テストマーケティングなど商品企画にも生かせる有益なデータを提供したい意向だ。

出品企業としては、オーダーメイドのビジネスウェアを提供するFABRIC TOKYOや「TAILORED CAFÉ」を展開するカンカクなどの出店が予定されている。

リアル店舗も14店舗展開するFABRIC TOKYOは今回のオープンに合わせて新しくレディースブランドもオープンする予定。一度店舗で採寸すると体型データがクラウドに保存されるので、 以降はオンラインからオーダーメイドの1着を気軽に注文することができることを打ち出す。

TAILORED CAFÉは専用のモバイルアプリと連動したOMO型、完全キャッシュレスのカフェで、店頭注文の他、アプリ上でドリンクやフードメニューを事前注文が可能。店舗での待ち時間や決済の手間なしにスペシャルティコーヒーが楽しめることを特徴とする。

b8taのオープンが話題となるなど、日本でもオンラインを活用したRaaSのモデルを活用した店舗が見られるようになった。既存小売業の強みである「リアル店舗をどのように活用するか」というテーマは、オンラインチャネルが発展する中にあって喫緊の課題となってきている。

今回のチューズベースシブヤは、そこにコロナ禍における新たな関心事となった「非接触」の要素を付け加えた点が注目される。

CHOOSEBASE SHIBUYA概要

所在地/東京都渋谷区宇田川町21-1西武渋谷店パーキング館1階

オープン時期/2021年9月予定

面積/約700㎡

出品企業/約30社

扱品目/洋品雑貨、衣料品、インテリア用品、化粧品など

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …