マルエツ

  • 2024.05.20

    マルエツ上井草駅前店がオープン、駅近、2層の売場262坪、マルエツ屋号ながら鮮魚、精肉は全てアウト供給

    マルエツは5月17日、東京都杉並区に上井草駅前店をオープンした。同社2024年度新店1号店で、東京都内150店目、杉並区内では4店目、全社では305店目となる。売場面積は2層、262坪で大型店とはいえないが、同社としては小型店フォーマットのマルエツ プチほど小型でもないことから、標準フォーマットの「マルエツ」屋号となっている。杉並区内の他店はすべてマルエツ プチとなっているため、マルエツ屋号としては杉並区内唯一となる。 西武新宿線の上井草駅北口から北側約100mの場所に立地。店舗前には千川通りが東西に走り、西側には都道444号線が南北に走るなど、通りに面した好立地。借地に新たに建てた建物にマル…

  • 2024.05.10

    マルエツ上井草駅前店が5月17日オープン、リアル店舗ならではの強みを活かす

    2024年5月17日(金)、東京都杉並区に「マルエツ上井草駅前店」をオープンする。 今回、お客のニーズやマーケットの環境変化に対応し、リアル店舗ならではの強みを活かしたお店として、マルエツ 上井草駅前店が誕生する。「鮮度」「商品との出会い」「ストレスゼロ」「繋がり」といった4つの価値を提供するとともに、サステナブルな社会の実現に貢献する店舗づくりをすすめていく。また、気持ちのよい挨拶と接客で、地域に親しまれる店舗を目指す。 ■「高鮮度」・「出来たて」にこだわった生鮮食品と、マルエツにしかない魅力的な商品との出会い 青果では、東久留米市、小平市産をはじめとした東京都産の地元野菜を販売する『農家さ…

  • 2024.01.22

    マルエツがデリカの製造・加工を行う「マルエツ草加デリカセンター」を埼玉県草加市に開設

    マルエツは、埼玉県草加市に初となる、デリカの製造・加工を行う「マルエツ草加デリカセンター」(デリカセンター)を開設する。 マルエツは、「安全でおいしい商品の提供を通じて、健康で豊かな食生活に貢献する。」という経営理念のもと、2023年度を初年度とする3ヵ年中期経営計画を策定し、「商品の改革」「生産性の改革」「OMOへの改革」に取り組んでいる。特に、「商品の改革」を戦略の軸とし、価値あるオリジナル商品の開発や品揃えの拡大に努めている。 そのような中、このたびの「デリカセンター」の開設により、デリカの商品力をさらに強化し、これまで以上においしい商品の提供と品揃えの拡充を図る。そして、お客に自信をも…

  • 2023.12.28

    マルエツが2024年「恵方巻」の予約受付を開始、有名店監修品やセット商品など豊富に展開

    マルエツは、2024年「マルエツの恵方巻」の予約受付を、12月28日(木)から店舗(一部店舗は除く)およびネットスーパー「オンラインデリバリー」(※)で開始する。 2024年「マルエツの恵方巻」は、有名店の職人が監修した至高の逸品をはじめ、こだわりの海鮮具材をぜいたくに使用した海鮮恵方巻や、和の具材をバランスよく巻き込んだ和風恵方巻、牛カルビなどの変わり種具材を使用した恵方巻まで、種類豊富に取り揃えた。 さらに、食べやすいハーフサイズや人気商品の食べ比べができる恵方巻セットも用意。店舗で1本1本丁寧に巻き上げた、できたての味を提供する。 また、早期のご予約特典として、2024年1月28日(日)…

  • 2023.10.23

    マルエツ プチ品川橋店オープン、建物建て替えによる再オープン、都市型小型店フォーマット最新店

    マルエツは10月20日、東京都品川区にマルエツ プチ品川橋店をオープンした。実際は入居ビルの建て替え工事による旧店の閉店から約3年をへて、再度、都市型小型店フォーマットのマルエツ プチとしてオープンしたものだ。 京浜急行本線新馬場駅から東側約300m、徒歩約6分に位置し、店舗前には旧東海道が南北に走り、人の往来が多い住民の生活道路となっている。店舗周辺には低・中層マンション、戸建てが立ち並ぶ住宅地となっている。 主要な商圏となる300m圏内の人口は7147人、世帯数は4037世帯。世帯伸長率は22年対比23年段階で103%と伸長傾向にある。世帯当たり平均人員は1.77人だが、単身世帯が58.3…

  • 2023.08.07

    マルエツが「Yahoo!マート by ASKUL」を利用した即時配送サービスを開始、最短15分で届ける

    マルエツは、アスクルが運営する「Yahoo!マート by ASKUL(以下、「Yahoo!マート」)」 の代々木上原店を利用し、最短15分でマルエツの商品を届ける新たな即時配送サービスを、 8月7日(月)より開始した。 マルエツでは、現在39店舗で展開しているオンラインデリバリー(ネット スーパー)や、100店舗を超える Uber Eats の導入など、より多くのお客に商品を届けるため、オンラインを使った便利な買い物手段を提供している。 今回、さらなる販路拡大に加え、これまで以上にスピーディーに お客へ商品を届けるため、「Yahoo!マート by ASKUL」 代々木上原店を利用した新たな商品…

  • 2023.05.17

    マルエツ 川口樹モールプラザ店が川口市にオープン、埼玉県産の地元商品を多数品揃える

    2023年5月24日(水)、埼玉県川口市に「マルエツ 川口樹モールプラザ店」がオープンする。今回、お客のニーズやマーケットの環境変化に対応し、リアル店舗ならではの強みを活かしたお店として、マルエツ 川口樹モールプラザ店が誕生する。 ショッピングモール「樹モールプラザ」は、川口銀座商店街(樹モール)に面して建つ複合施設。マルエツをはじめとしたショッピング施設のほか、飲食店や医療施設、子育て支援施設等、約40店舗が入店している。 「高鮮度」・「出来たて」にこだわった、マルエツにしかない魅力的な商品との出会い 鮮度抜群の生鮮食品と出来たてのお惣菜 青果では、契約農園で育てた、生で食べられる「サラダか…

  • 2023.03.22

    マルエツがリンコス白金ザ・スカイ店をオープン、高級フォーマットで上質商品差し込み、ビオセボンをコーナー化

    マルエツは上質の商品を差し込む同社の高級フォーマットとなる「リンコス」の最新となる白金ザ・スカイ店を3月17日にオープンした。 東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線の白金高輪駅から北方面に約400m、東京都港区白金の高層マンション1階への出店。マンションは世帯数は1247世帯で、現状、約170世帯が入居している。同店の開業で全社では305店、リンコスとしては6店体制となる。南に1km強の近隣にはリンコス高輪店がある。 店舗周辺はオフィス、マンションが混在する地域となっている。300m圏内の人口は9444人、世帯数は5769世帯で、2021年対比の22年の世帯伸長率は104.4%と増加傾向にある。…

  • 2023.01.27

    マルエツ プチ上池袋二丁目店がオープン、サテライト供給活用し、オールアウトでも惣菜、寿司、ピザ、ベーカリーまで品揃え充実

    マルエツは1月26日、都市型小型店舗のフォーマット「マルエツ プチ」の上池袋二丁目店をオープンした。同店のオープンで東京都149店、全社304店態勢となる。 東武東上線北池袋駅から南に約660m、徒歩約9分、JR、私鉄、東京メトロ池袋駅から北東に約840m、徒歩約11分のマンション1階への出店。店舗前を明治通りが通り、南西側に春日通りが北西に、西側には首都高速5号池袋線が南北に走る。 周辺は低・中層マンション、戸建てなどが立ち並ぶ住宅地で、300m圏の地形はほぼ平坦となっている。300m圏の人口は7005人、世帯数は4774世帯、世帯伸長率は99.9%(2021年対比22年)と微減、世帯当たり…

  • 2023.01.20

    マルエツプチ上池袋二丁目店がオープン、生鮮、惣菜、ベーカリーの品揃え充実、ビヨンド・ビーフも品揃え

    マルエツは1月26日、都市型小型店舗のフォーマット「マルエツ プチ」の最新店として、上池袋二丁目店をオープンする。同店のオープンで東京都149店、全社304店態勢となる。 東武東上線北池袋駅から南に約660m、徒歩約9分、JR、私鉄、東京メトロ池袋駅から北東に約840m、徒歩約11分の場所への出店。店舗前を明治通りが通り、南西側に春日通りが北西に、西側には首都高速5号池袋線が南北に走る。 周辺は低・中層マンション、戸建てなどが立ち並ぶ住宅地で、300m圏の地形はほぼ平坦となっている。300m圏の人口は7005人、世帯数は4774世帯、世帯伸長率は99.9%(2021年対比22年)と微減、世帯当…

  • 2022.10.13

    マルエツ プチ赤坂Bizタワー店ビジュアル解説、バックヤードなしでも生鮮、惣菜フルラインの品揃えを実現

    10月8日にオープンしたマルエツ プチ赤坂Bizタワー店は、2002年10月にオープンした赤坂店閉店に伴い、そのエリアをカバーするような位置づけの店となるが、この約20年間の年月は、マルエツの都市型小型店の進化を物語るものとなっている。 赤坂Bizタワー店は売場面積143坪。約108坪だった赤坂店より大きいが、今回の赤坂Bizタワー店の大きな特徴は、生鮮3品と惣菜をそろえるフルラインのスーパーマーケット(SM)であるにもかかわらず、青果の一部を除いてバックヤードがないことだ。 鮮魚、精肉の商品はプロセスセンター、惣菜や寿司、ベーカリー、サラダなどは近隣の店舗からの供給というサテライト供給を活用…

  • 2022.09.01

    マルエツ板橋南町店がオープン、9月8日東京都板橋区にて開業

    2022年9月8日(木)東京都板橋区に「マルエツ 板橋南町店」がオープンする。 「池袋店」の閉店から2年6カ月、装いも新たにお客さのニーズやマーケットの環境変化に対応し、デジタル化への取り組みやリアル店舗ならではの強みを活かした、店舗として「板橋南町店」が誕生する。 マルエツ 板橋南町店について 産地直送商品と生鮮素材を活用した出来たての惣菜を提供 青果では、近隣の練馬区や、東久留米市で生産された鮮度抜群の さまざまな地元野菜、果実を販売。季節によって、江戸東京野菜(八丈オクラ、寺島ナスなど)も提供する。 鮮魚では、豊洲市場より直送した新鮮で豊富な生魚を、お造りや鮮魚寿司「魚悦」で販売する。鮮…

  • 2021.03.14

    マルエツが法人向け無人店舗の「smart petit(スマート・プチ)」フォーマットを開発

    マルエツがオフィス向けの無人店舗となる新フォーマットを開発した。現在、店舗での利用拡大を進めるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)のスマートフォン決済アプリ「Scan & Go Ignica(スキャン&ゴー・イグニカ)」を利用することで無人での運営を目指す「smart petit(スマート・プチ)」の1号店を3月4日にオープンした。順次、導入を拡大していく意向。 新型コロナウイルス感染症の拡大によって外出自粛の動きが広がる中、マルエツとしては従業員の福利厚生の一環として職域(職場)への無人店舗サービスが企業の従業員向けビジネス「B to E(Busine…

  • 2021.03.14

    シリーズ_新時代の旗艦店「マルエツ船橋三山店」を徹底解説。 デジタルとの融合を掲げる店とは?

    マルエツが、2月26日、今後のお客のニーズやマーケットの環境変化に対応し、デジタル化への取り組みや、リアル店舗の強みを生かした「体験型スーパーマーケット(SM)」の第1号店として、千葉県船橋市に船橋三山店をオープンした。 「体験型」というキーワードは昨年10月に同じユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)のマックスバリュ関東が同社旗艦店としてオープンしたおゆみの店(千葉県千葉市緑区)でも採用されたコンセプトで、この「体験型」という言葉がU.S.M.Hにとっての重要な概念であることを物語っている。 古瀬良多社長は、「マルエツは昨年の10月に創業75周年を迎え、その後、…