マルエツ

  • 2022.06.17

    【2022年】スーパーで買えるうなぎ商品まとめ|イオン、イトーヨーカドー、ライフ等の土用の丑の日商品

    2022年の土用の丑の日は、7月23日(土)。土用の丑の日といえば「うなぎ」だ。季節の変わり目である土用期間を円滑に過ごすため、夏の暑い土用の丑の日には、精のつくうなぎが食べられてきた。 本記事では、イオン、イトーヨーカドー、ライフ、マルエツで販売されるうなぎ商品や、土用の丑の日に関連した商品、そして予約方法を紹介していく。 (※記載価格は全て税込み。取り扱い店舗等の詳細は店舗にてご確認を。) イオンで買えるうなぎ商品 イオンでは、うなぎの蒲焼やうな重はもちろん、うなぎを使用した寿司商品が多く販売されている。また、うなぎの蒲焼はエリア別に購入できる商品が異なっている。それぞれ見ていこう。 イオ…

  • 2022.05.24

    マルエツ、カスミなどでご飯に合う2種類の昆布の佃煮が新発売、北海道釧路産一等昆布を使用

    ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U. S. M. Holdings)のプライベートブランド商品「eatime イータイム」 から、「金ごまの香ばしい風味がするごま昆布」と「国産刻みしその爽やかな風味がするしそ昆布」の2種類の昆布の佃煮が5月27日(金)に新発売する。 ■商品の特徴・概要 2種類の昆布佃煮に北海道釧路産一等の昆布を使用。角切りにして、昆布そのものの食感を楽しめるようになっている。 また、昆布に傷がつかないように職人が手作業で、国産丸大豆から作られた特級本醸造醤油、鹿児島県産さとうきびを使用したミネラル豊富な粗製糖、金ごまやしそを混ぜ込み、じっくり炊き上げている…

  • 2021.11.01

    マルエツ全店で11月1日から、JCBカードおよびMastercardのタッチ決済サービスを開始

    マルエツは11月1日から、JCBカードおよびMastercardのタッチ決済サービスを、マルエツ、マルエツ プチ、リンコスの全301店(魚悦糀谷店除く)で開始した。 「マルエツカード」をはじめ、タッチ決済マーク付きのクレジットカードや、クレジットカード情報を登録したスマートフォンなどをレジの決済端末にかざすだけで支払いが完了するようになる。簡単で、スピーディな非接触決済サービスとして期待する。 なお、フルセルフレジについては、タッチ決済サービスを11月下旬ごろに開始する予定。 また、決済金額が1万円(総額)を超える場合は、タッチ決済は利用できない。 マルエツではこれまでに「Visaのタッチ決済…

  • 2021.03.23

    マルエツがワインの味が見えるアプリ「SEKALAVO Camera」を294店舗のワイン売場で利用可能に

    株式会社マルエツ(以下:マルエツ)は、2021年3月22日(月)よりマルエツ、マルエツ プチ全294店舗(リンコス屋号店舗を除く)にて、ワインの味が見えるアプリ「SEKALAVO Camera」の利用を開始した。 「SEKALAVO Camera」は、デジタルの力で「味わいの視える化」に取り組む株式会社SEKALAVO(以下:SEKALAVO)が展開する無料スマホアプリで、商品のJANコード(バーコード)を読み込むことで、味わいチャート、味わいマップを基に、味わいと商品の情報を簡単に見ることができる。 マルエツのワイン売場に設置されたQRコードなどから「SEKALAVO Camera」をダウ …

  • 2021.03.14

    マルエツが法人向け無人店舗の「smart petit(スマート・プチ)」フォーマットを開発

    マルエツがオフィス向けの無人店舗となる新フォーマットを開発した。現在、店舗での利用拡大を進めるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)のスマートフォン決済アプリ「Scan & Go Ignica(スキャン&ゴー・イグニカ)」を利用することで無人での運営を目指す「smart petit(スマート・プチ)」の1号店を3月4日にオープンした。順次、導入を拡大していく意向。 新型コロナウイルス感染症の拡大によって外出自粛の動きが広がる中、マルエツとしては従業員の福利厚生の一環として職域(職場)への無人店舗サービスが企業の従業員向けビジネス「B to E(Busine…

  • 2021.03.14

    シリーズ_新時代の旗艦店「マルエツ船橋三山店」を徹底解説。 デジタルとの融合を掲げる店とは?

    マルエツが、2月26日、今後のお客のニーズやマーケットの環境変化に対応し、デジタル化への取り組みや、リアル店舗の強みを生かした「体験型スーパーマーケット(SM)」の第1号店として、千葉県船橋市に船橋三山店をオープンした。 「体験型」というキーワードは昨年10月に同じユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)のマックスバリュ関東が同社旗艦店としてオープンしたおゆみの店(千葉県千葉市緑区)でも採用されたコンセプトで、この「体験型」という言葉がU.S.M.Hにとっての重要な概念であることを物語っている。 古瀬良多社長は、「マルエツは昨年の10月に創業75周年を迎え、その後、…