ライフアプリの使い方やメリットを徹底解説|登録方法、ポイントの使い方など

2021.08.13

出所:ライフ

近畿圏と首都圏を中心に、270店舗超を展開するスーパーマーケートチェーン「ライフ」。食料品を中心に据えた生活の提案をコンセプトに掲げる「ライフ」を利用するうえでぜひ知っておきたいのが、「ライフアプリ」だ。

チラシやクーポンといったお得情報が確認できるだけでなく、モバイルポイントカードとしての役割も果たす。また、LaCuCa電子マネー決済ができるといった機能も。

ここでは、数多くのメリットを実感できる「ライフアプリ」の特徴やメリットを解説しつつ、アプリの登録方法や使い方を紹介する。すでにアプリを入手している人はもちろん、今後の登録を検討している人にもぜひ参考にしてもらいたい。

「ライフアプリ」の3つの特徴

最初に「ライフアプリ」の特徴について解説する。

270を超える店舗で利用可能

「ライフ」は、近畿圏と首都圏を中心に、270店舗超を展開している。その主体は、大阪府淀川区と東京都台東区に本社を置く株式会社ライフコーポレーション。グリーンとオレンジで構成された「四つ葉のクローバー」のシンボルマークは、自身が提供する商品の「新鮮さ」や「信頼」「幸せ」と、それらの商品を提供する際の心のこもった「サービス」「活気」などを表現したものだ。

近畿圏では大阪府・東京都・兵庫県・奈良県に、首都圏では東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1都3県で店舗を展開しているが、「ライフアプリ」はこれらの店舗全てで利用することができる。

お得情報が毎日確認できる

出所:ライフ

「ライフアプリ」では、お買い得な情報が毎日のように更新される。

アプリ上で、新聞折り込みチラシを前日から確認できたり、季節ごとのイベントや店舗のキャンペーン、最寄り店舗などが検索できるため、お得情報を見逃すリスクが少ない。また、自分の買物の予定をメモできる「メモ帳」機能が備わっており、メモ帳のすぐ下に表示されるお得情報と見比べられるのも便利だろう。

モバイルポイントカードとして利用できる

出所:ライフ

LC JCBカードもしくはLaCuCaを連携させると、200円(税抜)ごとに1ポイントが得られるモバイルポイントカードとして活用可能。さらに、電子マネーを連携させてLaCuCa電子マネー支払いに設定すると、300円(税抜)ごとに1ポイントが得られる。

出所:ライフ

LaCuCaは、ライフ店舗のレジでチャージ(入金)する前払い式の電子マネーで、ライフアプリで連携させれば、LaCuCaカード本体を持ち歩かなくてもアプリにバーコードを表示することで支払いができる。LaCuCaを所持していない場合でも、アプリからモバイルLaCuCaを発行できるのが強みで、非常に手軽にポイント制度を活用できる。

また、アプリ上で簡単にポイントや電子マネーの残高照会、ポイント履歴、失効予定ポイントなどをいつでもどこでも確認できる。キャンペーンなどで獲得した期間限定ポイントも随時確認しておけば、うっかり失効してしまうといったミスも防げるわけだ。

「ライフ公アプリ」があれば、スマホがポイントカード代わりになり、お財布にわざわざポイントカードを入れておく必要がなくなる。いつも持ち歩くスマホひとつで、確実にポイントを貯められるのが強みと言えるだろう。

「ライフアプリ」のインストール方法、登録方法

「ライフアプリ」をインストールしたり、利用する費用などはかからない。無料で利用できるにもかかわらず、お得を実感しやすいというのが「ライフアプリ」が人気を博する理由だ。

ここでは、実際にアプリをインストールしたり、「マイ店舗」を登録する際の手順を解説する。併せて、手持ちのポイントカード(LaCuCa、LC JCBカード)を連携させる方法についても確認しよう。

「ライフアプリ」のインストール方法

App StoreもしくはGoogle Playで「ライフアプリ」をインストールできる。その手順は以下の通り。

1.それぞれのストアで「ライフ公式アプリ」を検索し、「インストール」をタップ。

2.インストール後に「開く」をタップ。

3.「ご利用規約」を確認後、「利用規約に同意」をタップし、「はじめる」へ。

4.ニュースもしくはクーポンのプッシュ通知の可否を尋ねられるので、「許可しない」もしくは「許可する」のいずれかをタップ。

5.買物するエリアとして「首都圏」もしくは「近畿圏」のいずれかを選択し、タップする。

手持ちのポイントカードを連携させる方法

ライフの利用額に応じて、「LaCuCa」や「LC JCBカード」にポイントが貯まる。手持ちのポイントカードを「ライフアプリ」に連携させれば、ポイントカードを持ち歩く手間が必要ないのがメリット。アプリをインストールした際は、手持ちのポイントカードを連携させておくのがおすすめだ。その手順は、以下の通り。

1. アプリを開き、トップ画面下にある 「カード」をタップ(もしくはエリア選択から引き続き、ポイントカード連携のページへ)

2. 「ポイントカード連携」 をタップして、「バーコードを読み取る」をタップして、手持ちのポイントカードのバーコードを読み取る。

3. カードに登録している生年月日を入力する。

ポイントカードを所持していない場合は、「モバイルLaCuCa」を発行するのがおすすめ。その手順は以下の通り。

1. アプリを開き、トップ画面下にある「カード」をタップ(もしはエリア選択から引き続き、ポイントカード連携のページへ)

2. 「モバイルLaCuCa発行」をタップして、「ご会員規約」を確認後、「利用規約に同意」をタップし、「はじめる」へ。

3. 16歳以上であること、現金をチャージする電子マネー支払いであることなどを確認し、電話番号を入力

4. 「認証コード」を入力し、「次へ」をタップ。

5. 新規会員登録として、氏名や住所、生年月日、性別、パスワードなどを入力し、「次へ」をタップ。入力内容確認画面で内容を確認し、「この内容で登録する」をタップする。

6. 「登録完了」として、カード番号とPIN番号が表示される。

「マイ店舗」の登録方法

次に、自分がよく足を運ぶライフ店舗を登録する。現在地もしくは店舗一覧、検索などで自分がよく利用する店舗を探して登録しておくと、店舗ごとのチラシが閲覧可能に。さらに「クーポン」や「ニュース」の更新時にプッシュ通知が届く。プッシュ通知が不要な場合は、通知を受け取らない設定もできるので安心だ。

その手順は以下の通り。

1. 左上のメニューをタップし、「マイ店舗」をタップ。

2. 「店舗を検索できます」をタップし、店舗検索画面からよく利用する店舗を検索。「このお店を登録する」をタップする。

3. 同じ手順で、3店舗まで「マイ店舗」として登録可能。

4. プッシュ通知の設定を変更する際は、左上のメニューから「設定」「通知設定」の順でタップし、「ニュース」「クーポン」のそれぞれで通知可否を設定できる。オレンジ色がプッシュ通知可、白色がプッシュ通知否の設定となっている。

「ライフアプリ」のさらなる活用方法

出所:ライフ

「ライフアプリ」をさらに活用するための方法として、以下の3つを紹介する。

アプリで提供される4種のクーポンを利用できる

「ライフアプリ」を利用し、「マイ店舗」を登録すると、毎日1回まで回せる「ガチャクーポン」や「アプリ限定クーポン」を入手できる。

さらに、レジで提示するだけで適用される「見せるクーポン」、買物前に予約できる「ポイントクーポン」も。

ポイントクーポンを利用する際は、買物前に予約し、連携済みのポイントカードを使って買物するだけ。

買物後に、ポイントが進呈される仕組みだ。ポイントクーポンを利用するには、ライフのポイントカードを連携する必要があるが、買物の際にいちいちレジでクーポン画面を見せなくてもよいのがメリット

ただし、買物時のポイントカード提示は必須なので、要注意。

見せるクーポンを利用する際は、クーポン画面でクーポンの表示ボタンを押し、バーコードの画面をレジで見せるだけ。クーポンを読み取らせれば、セルフレジでも利用できる。

アプリ上でさまざまなキャンペーンに応募できる

「ライフアプリ」には、アプリ上でエントリーできるさまざまなキャンペーンが展開されている。

アプリ上でのエントリーなので、レシートやシールなどを集める必要がなく、郵送する手間もない。ネットスーパーを含む対象店舗で対象商品を購入するだけで、自動的に応募できるのでとても手軽だ。

ただし、商品購入に際しては、「LC JCBカード」もしくは「LaCuCa」のポイントカード番号をアプリに登録し、レジでカード本体かライフアプリのカード画面を提示する必要がある。

お買物メモを活用して買い忘れを防止する

「消耗品がもう底をつきそう」「次はこれを買っておかねば」と思いつつ、買い物に行ったときにそれをすっかり忘れていた、せっかく用意した買物用メモを忘れてしまったという経験がある人におすすめなのが、アプリ上の「買物メモ」機能。

日付を指定しての買物メモを作成できるのが特徴で、うっかりの買い忘れ防止につながる。商品名の登録や日付登録なども簡単で、気軽に利用できるのが便利。

「ライフアプリ」を使って生活をより豊かに、よりお得を実感しよう

「ライフアプリ」の機能を有効活用すれば、お得感を得られるうえに、ちょっとした買い忘れなども防げて非常に便利。簡単な操作でさまざまなサービスを受けられると評判だ。ポイントカード代わりにもなり、よく利用する店舗のお買い得情報も確認できる。電子マネーとしても使えるなど、メリットは盛りだくさん。ライフで日常的に買物をするという人はぜひインストールすべきアプリと言えよう。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」