ライフコーポレーションがアプリと電子マネー「LaCuCa」決済を連携、アプリを起点とした買物の利便性向上を推進

2020.12.17

ライフコーポレーションは、12月15日からライフアプリと電子マネー機能付きポイントカード「LaCuCa」を連携させ、アプリ内から電子マネー決済ができるようリニューアルした。

これまでは電子マネーで決済する場合はLaCuCaカード本体が必要だったが、アプリと連携させることで「ワンタイムバーコード」の提示のみでの決済が可能になった。さらにLaCuCaカードを持っていないお客でも利用できるように、カードレスで入会可能な「モバイルLaCuCa」も推進する。ただし、モバイルLaCuCaはチャージ機でのチャージはできず、レジでの対応となる他、すでにLaCuCaカードを持つ人はモバイルLaCuCaへの入会はできず、カードとアプリを連携してもらう。

キャンペーンとして、12月15日(火)~2021年2月28日(日)の期間中にライフアプリからモバイルLaCuCaに入会すると100ポイント+500 円分の電子マネーをプレゼントする。ポイント、電子マネーは入会日から10日以内に進呈する。

今後はネットスーパーとの連携も想定

今回の連携で、ニーズの高まる「非接触での決済」がよりスムーズにできることになった。

岩崎高治社長は、アプリの可能性について次のようにコメントした。

「アプリは大事だと思っている。これで決済は乗った。後はネットスーパーとの連携を何とか早い段階でやっていきたいと思っている。そうすると、お客さまがオンラインで買うときも、実店舗で買うときも、スマホのアプリを使うということになるので、よりお客さまにとって重要なことになっていく。そこからさらにもっと魅力度を上げられないかということを社内で言っている」

ライフコーポレーションとしては、新しい生活様式の中で、よりお客に「安全・安心」「便利に」「楽しく」買物をしてもらえるよう、引き続きアプリの利便性を高めていくとしている。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」