イオンお買物アプリとは?クーポンやスタンプなどの使い方やメリットを解説

2021.08.31

出所:イオンお買い物アプリ

イオンリテール株式会社は、396店舗にのぼる「イオン」「イオンスタイル」などを展開し、77,754人(2021年2月末現在)の従業員を擁する国内最大の総合小売業だ。イオングループの総合スーパー事業(GMS)の中核を担い、売上規模は2兆円を超える。今回は、イオンリテールが配信しているお買物アプリの特徴やメリットさらに、使い方などを詳しく解説していく。

イオンお買物アプリを使用する際には、特徴やメリットを踏まえて大いに参考にしていただきたい。

イオンお買物アプリの特徴とは?

最初にイオンお買物アプリの概要や特徴、メリットなどを見て行こう。

イオンお買物アプリの概要

イオンお買物アプリを利用するにはまず、会員登録が必要なのだが、登録手続きはいたって簡単である。スマートフォンを持っていれば、誰でも各アプリストアでダウンロードして登録できる。言い換えれば、App StoreやGoogle Playからアプリをインストールして会員登録するだけで、イオンお買物アプリは利用できるようになる。

アプリの会員登録をすませば自動的に、店舗で使えるクーポンの配信や利用時のポイント還元とスタンプカード機能、さらに、イオンのセールやキャンペーンなどの情報、お気に入り店舗のチラシの閲覧といったさまざまな機能が利用可能となる。

ただし、お買物アプリはスマホを対象としたサービスであるため、タブレットなどでは利用できない。また、会員登録をするにはAndroidはAndroid 5.0以上、iPhoneはiOS 9以上のスマホでなければならないことも知っておこう。

イオンお買物アプリの特徴とメリット

イオンお買物アプリの一番の特徴は、配信されるクーポンの多さである。会員登録が済むと手始めに、好きな1日を選び5〜10%OFFで食料品、衣類や暮らしの品が購入できる新規登録特典のクーポンが配信されてくる。

その他にも夜市クーポン、火曜日配信クーポン、月間割引クーポンなどのクーポンが配信されてくるのだが、クーポンの対象商品の幅も広い。毎日、安くなる食料品や衣類、暮らしの品が配信されてくれば、家計の助けにもなり、大きなメリットになる。

各種スタンプを貯めてスタンプカードをクーポンに交換できる機能も利用できるが、詳しくは、次の項で解説する。

また、キャンペーンにも参加でき、会員登録時にお気に入り登録している店舗のチラシをすぐに確認できるのも便利で嬉しい機能だ。

チラシ画面

スタンプカードの利用方法

前項で触れたが、イオンのお買物アプリでは4つのスタンプカードが利用できる。それぞれのスタンプカードには、対象商品を指定金額以上、購入することでスタンプが押され貯まっていく。

そして、スタンプカードに貯まったスタンプに応じて、クーポンプレゼントや割引特典が寄与される仕組みになっている。

パンドラハウス、ワコール、ウイング、トリンプスタンプ。これら、利用できる4つのスタンプカードを説明していく。

スタンプカード使用時に提示する画面

スタンプカード一覧

スタンプの確認方法→赤丸をタップ

■パンドラハウススタンプ

購入当日の合計金額450円(税抜)ごとにスタンプが1個ずつ寄与され、スタンプカードに押されたスタンプの数で会員ランクが変動する。会員ランクは0から始まり、貯まったスタンプ数に応じて、ブロンズ会員は割引率が5%、次にシルバー会員7%。最後にゴールド会員10パーセントとランクアップしていくのだ。会計時にレジでスタンプ画面を提示すれば、会員ランクに応じた割引が受けられる。

ただし、ランクの有効期限は、各ランクスタンプカード発行日より1年間で、割引対象売り場はパンドラハウスのみに限られている。

■ワコールスタンプ・ウィングスタンプ・トリンプスタンプ(ブランドランジェリーファンデーショスタンプカード)

3つそれぞれのブランドランジェリーファンデーションの対象商品購入金額が、1,000円(税抜)ごとにスタンプが1個ずつ寄与される。スタンプカードにスタンプが30個貯まると1,000円(税抜)分のクーポンがプレゼントされる。

4つのスタンプカードを利用するには、会計時にアプリ登録時に各自に与えられたアプリ会員番号「会員コード」の提示が必須である。また、スタンプの押されたカードは翌日、スマホ上に表示される。

会計時に、スマホの画面下部のメニューから会員コードを選択し、必ずレジで店員に提示しないとスタンプは、寄与されないので注意が必要だ。スタンプが付与されているかどうかを確認するには、スマホのアプリホーム画面右上のスタンプボタンをタップし次に「スタンプカード一覧」から、確認したいスタンプカードをタップすると表示される。(スタンプが貯まっていないときには表示されない)

イオンお買物アプリの登録時からクーポン利用方法、機種変更時の対応方法まで

イオンお買物アプリの登録からクーポンの利用方法,機種変更時の対応方法までを見て行こう。

アプリ会員登録時にすべきこと

イオンお買物アプリで会員に登録する際は必ず、イオンカードやWAONカードを登録することが求められる。アプリに登録できるカードは、各種イオンカードおよびWAON POINTカード、電子マネーWAONカード(モバイルWAON含む)、イオンバンクカードである。

なかでも、イオンカードと電子マネーWAONカードは月間クーポンが配信されるので、登録するならイオンカードか電子マネーWAONカードがおすすめだ。

01_起動画面

02_新規登録と機種変更画面

03_新規登録画面1

04_新規登録画面2_お気に入り店舗

05_登録完了

■アプリ登録時には、以下の内容を登録する

・性別

・生年月

・居住地の都道府県

・利用中のカード(イオンカード、WAONカード・モバイルWAON、いずれも持っていない、から選択)

※登録するイオンカード、WAONカード・モバイルWAONなどのカード番号は登録する必要はない

・メールマガジンの配信設定

・メールアドレス(任意)

・お気に入り店舗

お気に入り店舗を登録しておくだけで、登録した店舗のチラシがワンタッチで閲覧できる便利な機能が利用できる。

登録完了後の機種変更やポイント引継ぎの際には、アプリ会員番号とPINコードの入力が必須になるため、スクリーンショットなどで保管しておくとよいだろう。

クーポンの使用方法

さまざまなお得クーポンが配信されてくるのがイオンお買物アプリの特徴だが、クーポンの使い方を見て行こう。

最初に、スマホ画面下部のメニューからクーポンをタップし、利用したいクーポンを選択する。この際「利用条件」をタップして、対象商品や利用可能店舗などのクーポンの利用条件の確認をしておこう。

選んだクーポンを使うをタップすると「✓クーポン使用中」と 表示される。次に画面下部の「クーポンを使う」をタップする。画面に表示される注意文言を確認の上「使う」をタップして終了である。クーポン利用を取りやめる場合は「キャンセル」をタップすれば、前画面に戻る。

「使う」をタップ後、画面上に会員バーコードとクーポンバーコードが表示されるので、会計時、レジにて必ず提示する。クーポンはまとめて使用もできるが、利用の取り消しはできないため、利用直前に操作するのが賢明だろう。

クーポン一覧の画面

「○件のクーポンを使う」のボタンが下に表示されている画面

「○件のクーポンを使う」のボタンを押した後に表示される画面

『「使う」を押した後に表示させるバーコードの画面』

■新規登録特典のクーポン

【5%オフ対象の主な食料品】

直営売場の食料品(ビールや発泡酒、第3のビールおよび、一部専門店では利用不可)

【5%オフ対象の主な衣料品】

ベビー寝具&育児雑貨、おもちゃ、ひな人形、五月人形、ランドセル、ランドセル小物、腕時計、ルッソ、エスパリエ

【5%オフ対象の主な暮らしの品】

家電製品、サイクル、医薬品(調剤薬品除く)、ー般化粧品、日用消耗品、収納用品、エアポット、ゲームソフト、ミシン、家具、ソファ、サプリメント、ヘルス(シニアケア)、ペットフード&用品、イオンモバイル、AV&サプライ、切花&植物・園芸用品、洗剤ギフト、金額コース別カタログ、寝具ギフト、タオルギフト

【10%オフ対象の主な衣料品】

婦人服、紳士服、子供服、マタニティ、ベビー服、肌着、トラベル用品、服飾、靴下、パジャマ、鞄、ダブルフォーカス、セルフ+サービス、スポージアム、エマジェイムス、ボドレ、エスプリミュール、グリーンボックス・靴(シニアケア商品除く)トップバリュコレクション、 ウイング・ワコール・トリンプ

※メーカー希望小売価格(税込)からレジにて10%OFF後の価格からさらにレジにて10%OFF(割引率は19%OFFとなる)

【10%オフ対象の主な暮らしの品】

寝具、敷物、カーテン、バストイレ用品、食器、調理用品、文具、管球・電池、パンドラハウス(ミシン除く)、置き時計、掛け時計

新規登録クーポンは、有効期限までに1日に限り利用でき、クーポン利用の当日であれば、何度でも使用できる。ただし、他の会員割引企画や会員特別価格との併用はできない。

機種変更時の対応方法

機種を変更をする前に使っていたスマホ端末で、画面左上のメニュー内にあるマイページの「アプリ会員番号」と「PINコード」を控えておく。(スクリーンショットやメールで送信することも可能)

新しい機種の端末にアプリをインストール後、今まで使っていた「アプリ会員番号」と「PINコード」を入力すれば完了である。機種変更前の端末で登録していた会員情報やクーポン情報は引継がれ、引続きイオン買物アプリが利用できる。

08_機種変更時作業_マイページ設定を開く

9_02の画面で引継ぎの方を選ぶ→09の画面のアプリ会員番号およびPINコードを入力

10_02の画面で引継ぎの方を選ぶ→09の画面のアプリ会員番号およびPINコードを入力

会計時の会員コード提示は必須条件

イオンのお買物アプリは、会員に登録することでさまざまな特典が受けられるが、中でもクーポンの配信の多さと幅広い対象商品が目を引く。折に触れて催されるキャンペーンやクーポンが当たる抽選会などに参加できるのも楽しいメリットだ。ただ、キャンペーンは一部の地域では利用できない場合もあるようだ。

また、イオンお買物アプリではクーポンやスタンプカード、キャンペーンでのアプリ特典利用の際、会計時の会員コード提示は必須条件になる。そのため、セルフレジでは、店員や係員に会員コードを読み取ってももらうことを忘れないでいただきたい。せっかくの特典は、しっかりと活用しないとアプリをインストールした意味をなさないであろう。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」