商品取り置きと事前決済で確実にベーカリーが買えるアプリ「Sacri」が示す、フードテックの未来

2020.10.26

ラディック代表 西川立一

Sacri(サクリ)は、ベーカリー向けの取り置きのスマートフォンアプリ。店舗が常連客にダイレクトにパンの焼き上がりをプッシュ通知で知らせ、客がどこからでも簡単にそのパンを取り置きと事前決済ができる。

働いていたり、店から遠いところに居住、並ぶことが難しいなど、いままで来店できるタイミングにパンが売り切れていて買えなかったことを解消し、気軽に欲しいパンの購入が可能となる。また、事前決済のため店舗で注文した商品受け取るだけなので短時間で済むというメリットもある。

顧客が購入したパンの代金の10%が手数料

「サクリ」という名称は「サクッと取り置きする」という利便性と、「パンをかじった音」という擬音の2つをかけて名付けた。

インターネットビジネスの企画・開発・運営を行い、ベーカリー業界が抱える課題に対して、IT技術を活用することで解決するフードテックに取り組むサクリが、10月26日から立ち上げ、サービスを開始した。

これに先立ち6月下旬から数店舗に限定しiOSアプリのβ版による実証実験を行い、店舗、利用者の声をもとに多くの機能改修を行い、会員数が3000人を突破し好評だったため、今回新たにAndroid版のリリースを正式に実施した。

「BOUL’ANGE(ブール・アンジュ)池袋東武店」「ピーターパンJr. ペリエ千葉エキナカ店」「POINT ET LIGNE(ポワン・エ・リーニュ)」が新たに出店し、地域の有名店から全国的に展開するベーカリーまで、関東圏の15店舗で利用できる。

ブール・アンジュ、ピーターパン、ポワン・エ・リーニュなど人気店が新たに出店

ベーカリーが払う手数料は本サービスを通じて顧客が購入したパンの代金の10%のみというシンプルな料金プラン。正式リリースを契機に、ベーカリーに対して月額基本無料キャンペーンを行い、チラシやPOPなど告知ツールもスタート時に無償で提供し、全国を対象に出店者を募集する。1年後には500店舗を目標に拡大させていく。

ベーカリーはこのサービスを導入することで、今まで来店可能なタイミングと在庫のタイミングが合わずに諦めていた常連客に、プッシュ通知でダイレクトに「焼き上がり」を知らせることで、潜在的なニーズを掘り起こすことで来店を促進できる。

また、事前決済も済んでいるので他の予約サイトとは異なり、予約したにもかかわらず来店しない「ノーショー問題」も発生しない。

サクリでは「作って、待つ」という守りが多かったベーカリーのマーケティングを、簡単に「作って、攻める」形に変えていくサポートをしていきたいと考えている。

手続きは4ステップ

構造的問題解決のアプローチだけでなく、ニューノーマル対応も

  さらにこのサービスは新型コロナ対策にもつながるという。店舗面積が小さく、パンを包装せず陳列販売することが多い店舗形態は、コロナ対策を行うためには大幅な形態変更が求められている。

そうした状況の中で、予約品は陳列しておく必要がなく、個包装の手間やコストも削減可能で、店頭では商品を渡すだけなので、現金授受や大人数が店舗の前に並ぶことも無くなり、接客時間が短縮でき3密も避けられる。

「パンは主食としてだけではなく、熱狂的ファンを持つし好品としての側面を持つ稀有で魅力的な商材だが、ベーカリー業界が抱える食品ロスや長時間労働などの根深い問題も存在する。新型コロナウイルスの猛威によって『感染リスク』という新たな課題に直面しているベーカリーに対して、ITを活用することでサポートし解決したいという思いで、本サービスの提供を決めた。地域のベーカリーをサポートするための最善の形をこれからも模索し続けていき、スイーツショップでの展開も視野に入れている」(大谷具史・sacri代表取締役CEO)

sacri代表の大谷パブロ具史氏

新型コロナにより、実店舗の機能と役割が改めて問われる中で、新たな事業スキームの構築が求められている。

スマホアプリで予約可能で、事前決済もできるサクリはその一助となる可能性のあるアプリといえそうだ。ベーカリーに特化することで店舗、顧客にとってもアプローチしやすいサービスでもある。

このようにフードとテクノロジーを融合させたフードテックの活用が進めば、ユーザーにとっては利便性が向上し、事業者も顧客の囲い込み、業務効率やコストの改善などさまざまなメリットを享受できる。まだまだ取り組みが遅れているフードテックを推進することで、食のマーケットの活性化につながることになる。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。