カインズが次世代大型物流センターを三重県と埼玉県に新設、「ロジスティックス4.0」へ、業務自動化の新システムを開発予定

2020.11.29

三重県新物流センターイメージ図

カインズは、2023年秋以降の稼働開始に向けて、三重県と埼玉県に2カ所の物流拠点を新設することを決定した。

カインズはオリジナル商品を多数開発、SPA(製造小売業)として世界中から素材を調達し、生産管理、販売までを一貫して行っている。その拠点となる物流センターは現在、国内11カ所。物流網の整備によって商品の品質を維持しながらスピーディな調達と出荷を実現し、さらにITを活用した情報の一元化によって販売状況に合わせた「ジャストインタイム」の商品供給にも対応できる精緻なコントロール体制を構築している。

カインズとしては、18年の初めごろから、より保管・出荷能力の高い物流センターの開設を検討していたが、今回、三重県および埼玉県において環境や敷地面積などの点からも物流網に最適な場所を確保できることとなり、次世代大型物流センターとして新設することを決定したという。

三重県の施設は「西のマザーセンター」としてTC(トランスファーセンター、商品の在庫を持たず、納入された商品を仕分けて配送を行う通過型)、およびDC(ディストリビューションセンター、在庫を保管し、受注に応じて出荷する在庫型)の機能を持ち、DCとしては主に海外商品を取り扱うことになる。埼玉県の施設は「首都圏センター」としてTCの機能を持ちながら、管轄エリアにある店舗の売れ筋商品を在庫として保管する倉庫機能も持つ予定。

また、SCM(サプライチェーンマネジメント)物流情報システムを刷新することによって、入荷品の荷下ろしや運搬、商品の小分けなどの業務にロボット、自動運転マテハンを導入し、物流管理システムと連携した24時間対応など効率化を図っていく。これらを実現するために広く専門人材の採用も予定している。

カインズとしては今回の施設を「次世代大型物流センター」と位置付け、今後、同社の物流センターの基本モデルとする計画。将来的にはサプライチェーン全体で情報・機能をつなげることによる標準化に取り組んでいくとしている。

三重県内開設新物流センター

・約2万5000坪

・2023年秋稼働開始予定

埼玉県内開設新物流センター

・約1万8000坪

・2024年中稼働開始予定

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」