セブン-イレブン、ロボットによる商品配送の実証実験本格化、エレベーターの連携で複数フロアへの配送も可能に

2022.04.12

2021.04.21

ロボットがエレベーターを制御し、自律的に利用する時代になった

セブン-イレブン・ジャパンとソフトバンクグループでロボット関連事業を行うアスラテック、ソフトバンクの3社は、自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を使用してセブン-イレブンの商品を配送する実証実験を4月21日から本格化する。実証実験は6月30日までの予定。

3社は今年1月18日から、ソフトバンクの社員が「セブン-イレブンネットコンビニ」(セブン-イレブンの商品をスマートフォンで注文し、指定した場所で受け取れるサービス)で商品を注文し、その商品をソフトバンクの本社が入居する東京ポートシティ竹芝オフィスタワー(東京・港区)内のセブン-イレブン店舗から同じフロアの指定された場所までRICEが配送する実証実験を試験的に行ってきた。

今回は、三菱電機と東急不動産の協力の下、RICEとエレベーターを連携させることで、他のフロアへの配送も開始した。三菱電機はエレベーターを活用したロボットのフロア間移動を実現するIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」を提供、東急不動産は実証実験場所を提供する形となる。

ロボットはAWS上の管理ツールで管理

RICEは、香港のRice Robotics社が開発した自律走行型の屋内配送ロボット。ホテルやオフィスビル、ショッピングセンター、病院、高層住宅、飲食店、小売店など、屋内のさまざまな施設で活用できる。さらに物品の配送だけでなく、お客の先導や案内といった用途にも利用可能だという。

RICEはAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)上に構築されたRICE Coreというウェブ管理ツールを使って管理している。RICE CoreではRICEの稼働時間や電池残量などのステータス確認、マッピングや目的地登録を含む各種設定、遠隔操作などを行うことができる。

RICEにはSIMカードが入っていてAWSから通信で管理している。

RICEは充電ポートに待機している。「RICE」はコメの英語だが、香港の会社が開発したこともあって、アジアを象徴する意味があるという。形状も炊飯器に似ている
実証実験はビル29~34階の6フロアに渡る38拠点への配送を行う。34階にあるセブン-イレブンの小型の店舗から配送する
「開ける」ボタンを押すとふたが開く。到着を連絡するショートメールを送るためのお客の電話番号、フロアの階数、届ける拠点のボタンを押して配送先を指定
商品を積み、配送先を指定すると自動的に動き出す
充電ポート
センサーによって障害物を避け、ルートに応じて自動的に曲がるようになっている。RICEはセンサーによって周囲の状況を把握しながら、地図情報と照らし合わせながら位置を推定している。GPSは搭載していない
エレベーターと連携しているため、RICEがエレベーターの前に到着するとエレベーターに通知が飛び、エレベーターに乗れるようになっている
RICEが呼出した後はエレベーターがロボット専用運転に切り替わり、RICEが向かう階に自動的に止まるようになる。専用運転に切り替わるエレベーターはあらかじめ決められた1基のみ
専用運転に切り替わる際は音声で周囲に通知される
配送先に到着すると、自動的に背を向けるように回転する
到着後、お客のスマホに「解錠コード」がショートメールで送られる。荷物は5分以内に取る仕組み
解錠コードを入力するとふたが開く
解錠して商品を取り出す
RICEの荷物を入れるスペースは幅360mm×奥行220mm×高さ270mmのスペース(写真はカップホルダーを外した状態)。本体の重量は55㎏で、10㎏の荷物まで運ぶことができる
商品を受け取ったら、「閉じてホームへ戻る」ボタンを押すとふたが閉まり、自動的に戻る
配送後、帰りも自律的にエレベーターに乗る
配送から戻ると充電ポートに自動的に戻る。充電ポートに収まると、目をつむるような演出

配送商品は、現状常温販売商品のみを想定し、たばこ、酒など特殊な商品を除く約550種類となっている。ただし、保冷剤を入れるなどしながら品質管理の実験は繰り返しており、今後温度帯の異なる商品の配送も模索している。

セブン-イレブンはさらに便利なサービスをお客に提供するために、実証実験を通して商品のさまざまな配送方法の可能性を検討し、ラストワンマイルの取り組みを推進するとしている。

今回のRICEの取り組みは、新型コロナウイルスの問題によって非接触のニーズが高まっていることにも対応した取り組みという側面もある。RICEは屋内専用だが、セブン-イレブンとしては屋内外を問わず、ラストワンマイル配送について検討しているという。

アスラテックは、多様な業種や施設でのRICEの導入に向けて、ユースケースづくりに取り組む。ソフトバンクは東急不動産と共に、竹芝エリアにおいて最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティのモデルケースの構築に取り組む一環として今回の実証実験に参画した。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …