ヤオコーが東松山に続く拠点となる熊谷デリカ・生鮮センター、エコセンターを開設、10月1日の稼働に向けて竣工

2021.09.22

ヤオコーは、埼玉県熊谷市に「ヤオコー熊谷デリカ・生鮮センター」と「ヤオコーエコセンター」が竣工したと発表した。

今回の熊谷デリカ・生鮮センターは、東松山デリカ・生鮮センターに続く生鮮プロセスセンター機能を備えたセンター。

今回の開設によって、生鮮プロセスセンター機能の強化を図る他、環境変化への対応として、①店舗の省力化、省人化への寄与、②安さへの対応、③SPA(製造小売業、デリカ+生鮮)による利益構造改革、④社員の働き方改革の実現を目指す。

また、ヤオコーエコセンターでは、資源リサイクルを行うことで資源循環社会の実現を目指す他、自社回収による経費削減も見込む。

「豊かで楽しい食生活提案型スーパーマーケットの充実」を基本方針とする同社だが、進行中の第10次中期経営計画(2022年3月期~24年3月期)では、「『2割強い店づくり』の実現」をメインテーマに掲げている。

今回の開設は、その中の重点施策である「価格対応」「個店の販売力強化」「独自商品の開拓・開発」「生産性向上」に寄与するものとして、長期目標である「売上高1兆円、店舗数500店舗」に向けてさらなる体制強化を図っていくとしている。

ヤオコー熊谷デリカ・生鮮センター概要

所在地/埼玉県熊谷市千代703-1

竣工日/2021年9月22日

稼働日/2021年10月1日

敷地面積/8万8762㎡(2万6851坪)

建築面積/5849㎡(1769坪)

延べ床面積/1万6538㎡(5003坪)※1~3階合計

建物構造/S(鉄骨)造地上3階建て

機能/生鮮、デリカSPA

取扱事業/精肉(ひき肉、鶏肉など)、鮮魚(つまなど)、青果(袋野菜、カット野菜、薬味など)、デリカ(製麺など)

熊谷デリカ・生鮮センター

ヤオコーエコセンター概要

所在地/埼玉県熊谷市千代703-1

竣工日/2021年9月22日

稼働日/2021年10月1日

延べ床面積/816㎡(247坪)※エコセンター棟

25㎡(8坪)※エコセンター休憩所

建物構造/鉄骨造平屋建て

機能/リサイクルセンター(回収、選別、圧縮/減容、ベール化)

回収品目/ペットボトル、食品トレー、発泡スチロール、アルミ缶、スチール缶

対応店舗数/87店舗

ヤオコーエコセンター

お役立ち資料データ

  • 大企業の業務デジタル化 成功事例5選【リテール編】

    \アンデルセン様、アダストリア様、ヨネックス様などの成功事例を収録!/ 自社の業務デジタル化を考え始めたけれど、どうやって進めるべきなのか、他社はどのように取り組んでいるのか…、そんなお悩みをお持ちのお客さまは多いかと思います。 まずはざっくり概要を把握して、御社の業務改革に関するイメージを膨らませてみませんか? 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例を収録しています。 ■収録企業 ・ヨネックス株式会社 様 ・株式会社カウネット 様 ・株式会社アダストリア 様 ・株式会社アシックス 様 ・アンデルセングループ 様

  • 23社分まとめ読み!多店舗オペレーション改革事例集

    \成城石井様、アダストリア様、日本調剤様などの成功事例を収録!/ 「Shopらん」は39,000店舗以上でご利用いただいている、チェーンストア業界シェアNo.1のサービスです。 アパレル、外食、サービスなどさまざまな業態のお客様にご活用いただいています。 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例23社分を収録しています。 ■収録企業の一部をご紹介! ▼物販・量販店 ・株式会社成城石井 様 ・株式会社エディオン 様 ▼アパレル・専門店 ・株式会社アダストリア 様 ・アシックウォ―キング 様 ▼飲食 ・株式会社すかいらーくホールディングス 様 ・株式会社物語コーポレーション 様 ▼サ…

  • 10の成功事例から学ぶ|小売業界DX・IT活用

    1.Amazon Go 2.Home Depot 3.Walgreens など 海外・国内の主要な成功事例について、分かりやすくまとめているのが本資料です。 成功事例の参考としてお役立てください。