ヤオコーが東松山に続く拠点となる熊谷デリカ・生鮮センター、エコセンターを開設、10月1日の稼働に向けて竣工

2022.04.22

2021.09.22

ヤオコーは、埼玉県熊谷市に「ヤオコー熊谷デリカ・生鮮センター」と「ヤオコーエコセンター」が竣工したと発表した。

今回の熊谷デリカ・生鮮センターは、東松山デリカ・生鮮センターに続く生鮮プロセスセンター機能を備えたセンター。

今回の開設によって、生鮮プロセスセンター機能の強化を図る他、環境変化への対応として、①店舗の省力化、省人化への寄与、②安さへの対応、③SPA(製造小売業、デリカ+生鮮)による利益構造改革、④社員の働き方改革の実現を目指す。

また、ヤオコーエコセンターでは、資源リサイクルを行うことで資源循環社会の実現を目指す他、自社回収による経費削減も見込む。

「豊かで楽しい食生活提案型スーパーマーケットの充実」を基本方針とする同社だが、進行中の第10次中期経営計画(2022年3月期~24年3月期)では、「『2割強い店づくり』の実現」をメインテーマに掲げている。

今回の開設は、その中の重点施策である「価格対応」「個店の販売力強化」「独自商品の開拓・開発」「生産性向上」に寄与するものとして、長期目標である「売上高1兆円、店舗数500店舗」に向けてさらなる体制強化を図っていくとしている。

ヤオコー熊谷デリカ・生鮮センター概要

所在地/埼玉県熊谷市千代703-1

竣工日/2021年9月22日

稼働日/2021年10月1日

敷地面積/8万8762㎡(2万6851坪)

建築面積/5849㎡(1769坪)

延べ床面積/1万6538㎡(5003坪)※1~3階合計

建物構造/S(鉄骨)造地上3階建て

機能/生鮮、デリカSPA

取扱事業/精肉(ひき肉、鶏肉など)、鮮魚(つまなど)、青果(袋野菜、カット野菜、薬味など)、デリカ(製麺など)

熊谷デリカ・生鮮センター

ヤオコーエコセンター概要

所在地/埼玉県熊谷市千代703-1

竣工日/2021年9月22日

稼働日/2021年10月1日

延べ床面積/816㎡(247坪)※エコセンター棟

25㎡(8坪)※エコセンター休憩所

建物構造/鉄骨造平屋建て

機能/リサイクルセンター(回収、選別、圧縮/減容、ベール化)

回収品目/ペットボトル、食品トレー、発泡スチロール、アルミ缶、スチール缶

対応店舗数/87店舗

ヤオコーエコセンター

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …