ヤオコー和光丸山台店がオープン、ヤングファミリー特化の旗艦店

2022.04.22

2021.10.26

ヤオコーは10月14日、埼玉県和光市に和光丸山台店をオープンした。半径1kmの商圏内では人口が増えており、とりわけ、20~40代が多い。

また、単身世帯が49.6%を占め、中でも若い単身者の割合が高い。そこで、冷凍食品や惣菜など利便性が高く、商圏ニーズにマッチする商材を強化した。売場面積は約825坪。初年度売上げ目標は28億円を計画している。

同店は、和光市駅南口から約800mに立地、川越街道などにも近く交通至便だ。和光市駅は東武東上線、東京メトロ有楽町線・副都心線が通っており、東京都心へのアクセスにも恵まれている。

そのため、通勤、通学に好適の住宅地として、開発が進められているエリアなのだ。半径1㎞圏の人口は約4万1000人、約2万1000世帯で、半径3㎞圏の人口は約29万8000人、約14万8000世帯となっている。

ヤオコー和光丸山台店の商圏には、20~40代の若年層が多く住んでいて、とりわけ、単身世帯が目立つという

2020年11月に新装開店した旗艦店の所沢北原店のモデルを進化させた。「ヤングファミリーに対応したミールソリューション」(同社)を重視し、仕事や子育てに忙しい若い世代向けに、即食、簡便食材のラインアップを拡大した。

一方で、価格競争力も底上げする。そのため、入口付近には、生鮮食品と惣菜を一体化して集積するが、「奥のグロッサリー売場は標準化を進めて、運営の省力化を図る」(同)など、売場づくりにめりはりを付けた。

売上高構成比は生鮮食品が37.3%、デリカが15.1%、グロッサリーが47.6%。アイテム数は約1万5800SKUで、内訳は生鮮食品が約1330SKU、デリカが約420SKU、グロッサリーが約1万4000SKU。冷凍食品の品揃えは同社最大級で、既存店の標準的な冷凍食品売場の約2.5倍の広さという。

ヤオコーファームのグリーンリーフやサニーレタスを販売

生鮮食品でも、「冷凍鮮度」「冷凍ストック」「冷凍おかず」を打ち出し、冷凍関連アイテムに力を入れる。

和光丸山台店の冷凍食品売場は、同社最大級。解凍すればすぐに食べられるため、若い世代のニーズが高いと見ている

例えば、鮮魚売場では、「産地水揚げ急速冷凍の丸魚」の他、保存の利く「冷凍シーフードミックス」、解凍してすぐ食べられるスモークサーモンやマグロのたたきなどをそろえた。

また、「おやつ」も重点化したカテゴリーで、スイーツ、カットフルーツなどを強化。

カットフルーツコーナーは惣菜売場側に設置。広義の「おやつ」のカテゴリーに位置づけられるという
インストアベーカリーで、新作のおやつとして売り出されていた「フルーツどら焼き」。新感覚のスイーツだ

青果売場では、集客の目玉としてレアな「パイナバー」(パイン芯抜き器)を導入した。

青果売場に設置された「パイナバー」(パイン芯抜き器)。スーパーマーケットでは珍しいため、集客の目玉として導入

また、10月から埼玉県熊谷市のヤオコーファーム水耕栽培施設で収穫されたグリーンリーフレタスやサニーレタスも販売。

ヤオコーファームで水耕栽培された野菜

精肉売場では、地産地消の取り組みとして、埼玉県産黒毛和牛「尾熊牛」を発売する。

精肉売場には、地産地消の一環として、埼玉県産黒毛和牛の「尾熊牛」のコーナーを展開している
精肉売場の冷凍ハンバーグのコーナー。冷凍食品売場だけでなく、各カテゴリーでも、冷凍関連アイテムをそろえている

惣菜では、100%ナチュラルチーズを使ったドリアやグラタンなどの珍しい「チーズデリ」が呼び物。

惣菜売場では、チーズデリコーナーを展開。100%ナチュラルチーズを使うこだわり

インストアベーカリーでは、自社オリジナルソースで味付けし、店内で焼き上げた豚肉を使った「プルドポークバーガー」、おやつの「フルーツどら焼き」といった新作を投入。

インストアベーカリーの「店内手作り!プルドポークバーガー」。自社オリジナルソースで味付けし、店内で焼き上げた豚肉を使っている

グロッサリーでは、有機原料のスリランカ洋風スパイス、直輸入ワインなどのこだわりアイテムを充実させる。

ドライグロッサリー売場のスパイス売場も充実させている。有機栽培のスリランカ洋風スパイスなどがそろう
ドライグロッサリー売場のワインコーナー。イタリア産などの直輸入ワインに力を入れている

同店は、ヤオコーが運営するショッピングセンター「the market Place 和光」(施設延べ床面積約3585 坪)の各店舗。11月以降に、無印良品やクリニック、歯科医院などがテナントして入居する予定だ。無印良品は、来店頻度向上を狙ってスーパーマーケットとの共同出店が増えている。この無印良品との組み合わせという点でも注目の店だ。(取材・文/野澤正毅

ヤオコー和光丸山台店概要

所在地/埼玉県和光市丸山台3-13-1

オープン日/2021年10月14日

営業時間/9時~21時45分

駐車台数/234台(駐輪場226 台、バイク置き場8台)

敷地面積/9931.04㎡(3004坪、施設全体)

延べ床面積/1万1853.41㎡(3585坪、施設全体)

3849.22㎡(1164坪、ヤオコー床面積)

店舗面積/2728.34㎡(825坪、ヤオコー売場面積)

店長/岩崎道成

従業員/正社員23人、パートナー、ヘルパー、アルバイト212人(延べ人数)

年間売上げ/28億円(初年度予定)

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。