カインズ亀岡店が12月8日にグランドオープン、環境配慮型、地域特性も生かした売場づくり

2022.04.22

2021.12.08

カインズ亀岡店が12月8日にグランドオープンした。環境先進都市の亀岡市ならではの環境に配慮した店舗となっているという。

カインズと亀岡市は、オープンに先立つ12月3日に「かめおか未来づくり環境パートナーシップ協定」を締結。カインズ亀岡店では、環境保全のために脱プラスチック、資源循環、街美化、カーボンゼロを推進する他、マイバッグの推進や、ラベルレス商品の販売、マイボトル給水スポットの設置などを通じて、地域の人と共に環境都市・亀岡の未来創造に貢献するという。

合言葉は、『さあ、一緒に。「まち」と「未来」を DIY』。

給水スポット
環境PRコーナー

地域の特性を生かした売場づくりにも、地域の特性を反映させた。亀岡店では毎日の生活に欠かせない日用雑貨コーナーや、機能性、デザイン性のある商品をそろえたインテリア用品コーナー、トリミング、ペットホテルも完備したペット専門店のペッツワンなど既存店同様の売場を展開しているが、今回は地域でのニーズが多い、農業・工業・園芸用資材、リカー(酒)、リフォーム関連コーナーは売場を充実させた。

また、物置、カーポート、外構の相談、見積りからアフターフォローまで行うエクステリアプラザも展開。各コーナーではグリーンアドバイザーなどの専門知識を持った従業員が、お客の要望に合った提案を行う。

アウトドア、DIY、楽カジ、お掃除便利グッズなどオリジナル商品は差別化要素として重視。

グリーンコーナー
農業資材コーナー
アウトドアコーナー
楽カジグッズ

グループ企業が展開するカフェの「CAFE BRICCO(カフェブリッコ)」は京都府初出店。手作りマフィン、1杯ごとひきたてを提供するコーヒー、注文後に茶せんでたてて作る濃い抹茶ラテなどを打ち出している。緑を打ち出した空間とすることで、ゆっくり、くつろいでもらえるような演出としている。

また、京都ならではの甘酒、甘酒抹茶も販売する予定。脱プラスチックの一環で、使用するカップ、ふた、ストロー、マドラー、スプーンなど容器資材には紙製品を採用している他、コールド商品のカップ、ふたには、リサイクルペットボトルを約25%使用している。

サービスでは、カインズならではの「Kindness(親切)なサービス」を打ち出す。悪天候時でも大きな資材や荷物を楽に積めるスペースを十分確保し、かつ1人でも安心して買物ができるように積み込みなどもサポートする。また、カインズで購入した場合、2時間無料で利用できるサービスカーの貸し出しや、工具のレンタル、資材カットサービスも行う。

さらに、ネットで注文した商品を取り置きし、ロッカーで商品を受け取れる「CAINZ PickUp」専用ロッカーを設置した他、カインズアプリから利用状況の確認と予約ができる「スマートドッグラン」を関西エリアでは初めて導入。犬や猫などのペットは専用カートに乗せれば、同伴での入店も可能。

甘酒抹茶と甘酒
手作りマフィンとひきたてコーヒー
CAINZ Pick Up専用ロッカー
スマートドッグラン

カインズ亀岡店概要

所在地/京都府亀岡市大井町並河4-20

グランドオープン/2021年12月8日(プレオープンは12月7日)

営業時間/9時30分~20時

売場面積/8634㎡

敷地面積/3万7883㎡

駐車場台数/505台

店長/島本唯

従業員数/100人(正社員10人、専任社員5人、パート社員17人、アルバイト社員68人)

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …