ベイシアが、ブリとヒラマサの長所を併せ持つ「ブリヒラ」を全店販売、産学連携による小売業界初の取り組み

2021.06.15

ベイシアは6月16日から、近畿大学(大阪府東大阪市)が開発したブリとヒラマサのハイブリッド種「ブリヒラ」を、小型店フォーマットのベイシアマートを除くベイシア全店で販売すると発表した。

ブリヒラは近畿大学がブリとヒラマサの交配によって開発したハイブリッド魚。関連会社であるアーマリン近大を介して種苗(養殖のための稚魚)として販売され、養殖業者が年月をかけて成魚まで育てた後、ベイシアが販売を担当する。ブリ類ハイブリッド種の産学連携による本格生産は世界でも初めての事例となる。

50年以上かけて産業化、ベイシアと近大など産学の連携があってこそ実現

ベイシアは近畿大学の関連会社である食縁と2017年に「持続可能な養殖水産物普及の協定」を締結。ブリヒラの大量生産による安定供給に向けて協力を積み重ねてきた。

近畿大学や食縁、養殖業者などと共に養殖規模を拡大することで18年に1000匹、19年に1万5000匹、20年に2万匹と段階的に供給量を増加、今年、本格販売を迎えることができることになった。

近畿大学産のブリヒラの人工種苗から育てた「近大生まれのブリヒラ」について、全店販売できる量にまで生産を増加させることができた。

「ブリヒラ」は、養殖用種苗生産技術における世界的な研究機関である近畿大学水産研究所が1970年、ブリのメスとヒラマサのオスの交配によって開発した独自の魚種で、近畿大学の登録商標となっている。そのため、「ブリヒラ」の名称が使用できるのは近畿大学産ブリヒラ種苗を用いて養殖したものに限られる。

今回の発売は、同大学が異なる魚の性質を受け継ぐ交雑魚研究を重ねる中、50年以上かけて産業化に取り組んだ成果となる。

ベイシアの橋本浩英社長(左)は、「ブリは冬場に熱を加えて食べることが多い商品だったが、ブリヒラは夏にお造りで、ご家庭で、ご家族で召し上がっていただければ」と語る。夏の需要創造への期待がかかる。右は有路昌彦・近畿大学世界経済研究所教授。食縁代表取締役も務める
「ブリヒラ」はブリのうま味成分の多さと、ヒラマサの肉質の強さや血合いの少なさなどの長所を併せ持ち、ブリのうま味とヒラマサの歯応えを実現している。左がブリ、中央がヒラマサ、右がブリヒラ。身の色を見てもヒラマサは白っぽく、ブリヒラはブリの色に近いことが分かる

お役立ち資料データ

  • 大企業の業務デジタル化 成功事例5選【リテール編】

    \アンデルセン様、アダストリア様、ヨネックス様などの成功事例を収録!/ 自社の業務デジタル化を考え始めたけれど、どうやって進めるべきなのか、他社はどのように取り組んでいるのか…、そんなお悩みをお持ちのお客さまは多いかと思います。 まずはざっくり概要を把握して、御社の業務改革に関するイメージを膨らませてみませんか? 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例を収録しています。 ■収録企業 ・ヨネックス株式会社 様 ・株式会社カウネット 様 ・株式会社アダストリア 様 ・株式会社アシックス 様 ・アンデルセングループ 様

  • 23社分まとめ読み!多店舗オペレーション改革事例集

    \成城石井様、アダストリア様、日本調剤様などの成功事例を収録!/ 「Shopらん」は39,000店舗以上でご利用いただいている、チェーンストア業界シェアNo.1のサービスです。 アパレル、外食、サービスなどさまざまな業態のお客様にご活用いただいています。 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例23社分を収録しています。 ■収録企業の一部をご紹介! ▼物販・量販店 ・株式会社成城石井 様 ・株式会社エディオン 様 ▼アパレル・専門店 ・株式会社アダストリア 様 ・アシックウォ―キング 様 ▼飲食 ・株式会社すかいらーくホールディングス 様 ・株式会社物語コーポレーション 様 ▼サ…

  • 10の成功事例から学ぶ|小売業界DX・IT活用

    1.Amazon Go 2.Home Depot 3.Walgreens など 海外・国内の主要な成功事例について、分かりやすくまとめているのが本資料です。 成功事例の参考としてお役立てください。