IKEA新宿が量り売り惣菜「スウェーデンバイツ」を導入した理由

2022.04.12

2021.06.21

東京の代表的な繁華街、新宿にオープンしたIKEA新宿。イケアが強化している都市型店として、原宿、渋谷に続く3号店だ

スウェーデン発の世界的なホームファニシングショップ、イケアと言えば、「郊外にある大型店」というイメージが強かった。ところが、イケアは、大都市圏の攻略も積極化している。とりわけ、強化しているのが首都圏だ。

東京都心では原宿、渋谷に続き、2021年5月1日には、東京を代表する繁華街である新宿に、「シティショップ」(都市型店)と位置付けるIKEA新宿をオープン。

フォーエバー21新宿店跡地で、伊勢丹新宿店などが立ち並ぶ新宿三丁目交差点(追分交差点)、地下鉄新宿三丁目駅にも至近と利便性が高い。地下1階~地上3階の4フロアで、総面積は約3270㎡だ。

オープニングセレモニーでイケアの日本法人、イケア・ジャパンのヘレン・フォン・ライス社長兼チーフサステナビリティオフィサーは、「新宿は世界的にも有名なエリア。新宿駅の乗降客数が約350万人であるなど多くの人が行きかい、多様な価値観を持つ人が集まっている街だ。ダイバーシティやインクルージョンを進め、誰もが自分らしいライフスタイルを実現できるようにサポートしているイケアには、ピッタリだと考えている」と、期待感を表明した。

IKEA新宿に期待感を示すイケア・ジャパンのヘレン・フォン・ライス社長兼チーフサステナビリティオフィサー

スウェーデンのペールエリック・ヘーグベリ駐日大使も、「スウェーデンの生活文化、サステナビリティやダイバーシティ、ライフ・ワーク・バランスといった、スウェーデンらしい革新性や価値観を、日本の皆さんにも身近に感じてもらえる店舗になると考える」と、祝辞を述べた。

イケア新宿のオープンで祝辞を述べたスウェーデンのペールエリック・ヘーグベリ駐日大使

量り売りは日本人にもなじみがあり、フードロス対策にもなる

同店の最大の特徴は、5月17日からサービスを始めた、1階の「スウェーデンバイツ」のコーナーだろう。惣菜を量り売りするテイクアウト専門の新売場だ。

イケアの惣菜は、既存店でもおなじみで、コロナ禍に見舞われた20年からテイクアウトサービスも行っているが、IKEA新宿のこの新売場は、日本のみならず、世界のイケアでも初めての試みだという。

オープン時には、量り売りメニューを8アイテム、パックしたメニューを12アイテム、ドリンクを13アイテム、ベーカリーを7アイテム、デザートを2アイテム用意した。量り売りの惣菜は、デパ地下のようにショーウインドー越しに好きなメニューを選んで、販売員に取り分けてもらえる。

フード類は、基本的に店内調理加工はせず、郊外店のキッチンから毎日、デリバリーされるが、ベーカリーのメニューは店内のオーブンで焼いている。その場で作ってもらえる、ソフトクリームのメニューもある。

同社の佐川季由カントリーフードマネージャー・法人部門総責任者は、「コロナ禍でテイクアウトのニーズが高まっているのと、都心型店舗はスペースが限られるので、販売効率を引き上げたいことがある。また、量り売りは日本人になじみがあり、必要量だけを購入できるので、問題視されているフードロスの解消にも役立つと考えた」と、新売場を開発した理由を明かす。

新売場のスウェーデンバイツについて説明するイケア・ジャパンカントリーフードマネージャー・法人部門総責任者の佐川季由氏

今後も都心型店舗が増える見込みだが、「スウェーデンバイツを導入するかどうかは未定」(佐川氏)。とはいえ、可能性はあるのではないか。イケアは海外でも都心型店舗の出店を加速しているが、ニューヨークやロンドンのような国際的な大都市は地価が高く、売場面積も限られるため、スウェーデンバイツのような売場が登場するかもしれない。

スウェーデンバイツの主なコンセプトは3つあると、佐川氏は説明する。1つ目は、「日本ではまだ普及していないスウェーデン料理に、手軽に親しんでもらうこと」。

例えば、「ディルマヨ和えシュリンプポテトサラダ」(100g当たり450円)は、エビのディルマヨネーズあえをマッシュポテトに乗せたもので、伝統的な北欧料理の1つ。

さまざまな具材を薄焼きのパンで巻いた「ツンブロード」、リンゴンベリージャムなどを付けて食べる「ミートボール」もスウェーデン料理の定番だ。その他、へリング(ニシン)の酢漬け、サーモンといった北欧料理に欠かせない食材も豊富に取り入れる。

なお、スウェーデン料理と言えば、「スモーガスボード=バイキング」というイメージを多くの日本人が抱いているが、佐川氏によれば、「確かに、ビュッフェスタイルは、スウェーデンで定着しているようだが、日本でも広まっている。スウェーデンならではのスタイルとして、量り売りを導入したわけではない」とのこと。

1階にあるスウェーデンバイツの惣菜の量り売り。デパ地下のようにショーウインドー越しに好きなメニューを選んで、販売員に取り分けてもらえる
IKEA新宿で導入されたスウェーデンバイツは、日本初、世界初の惣菜を量り売りするテイクアウト専門売場だ
惣菜の量り売りでは、「ディルマヨ和えシュリンプポテトサラダ」やサーモンマリネといった代表的な北欧料理を提供

IKEA新宿のオリジナルメニューもある。例えば、既存店でもプラントベースのアップルソフトクリームを販売しているが、イケア新宿では、「黒いコーンに乗せた青いアップルソフトクリーム」を限定販売している。

黒いコーンに乗せた青いプラントベースアップルソフトクリームは、色彩のコントランストが印象的。IKEA新宿での限定販売だという
スウェーデンバイツに並べられたツンブロード(右下)も、スウェーデンでは定番のファストフードと言える。サーモンやべジソーセージなど具材の種類もさまざま

一方で、スウェーデン料理以外にも、キーマカレー、十六穀米ブレンドライスなども提供する。佐川氏は、「スウェーデン料理は、既存店の人気メニューをチョイスしているが、日本のお客さまのニーズに合わせて、メニューを柔軟に入れ替えていきたい」と話す。プラントベースの「唐揚げ」なども検討中だという。

コンセプトの2つ目が「お手ごろ価格の実現」だ。「気軽に食べてもらうには、ハードルを下げる努力も必要」と佐川氏。例えば、「プラントベースラザニア」は1人前で850円(総額、以下同)。10個入りの「プラントボール」「プラントベースキーマカレー」も500円と、1000円未満のメニューをそろえている。量り売りも、購入価格を抑えるのに役立つ。

3つ目が「サステナビリティの取り組みを進めること」。とりわけ、強化しているのが植物由来の食材だ。例えば、ミートソースの代わりに植物由来のソースを使ったプラントベースラザニア、植物由来の原料で作った「ベジボール」などもその一種。

動物由来の原料を増産するには、家畜を増やしたりしなければならず、それだけCO2の排出も増えるのだという。つまり、プラントベースの拡大は、CO2削減にもつながる。佐川氏は、「ニーズにもよるが、都心型店舗では商品構成比のうち、プラントベースの割合を50%にしたい」と意気込む。

その他、エビのディルマヨネーズあえでは、持続可能な水産物としてMSC(海洋管理協議会、海のエコラベル)に認証されたエビを使うなど、環境に適応した食材をふんだんに使用している。

また、イケアでは、21年12月までに、全世界での食糧廃棄量を50%削減することを目標に掲げている。それに向けて、スウェーデンバイツではAI(人工知能)を活用したモニタリングツールを導入、フードロスの抑制を図る。

イケア新宿では、スウェーデンバイツの他にも、新しい試みにチャレンジしている。生活シーンに合わせた売場づくりがそれだ。

人気の高まりを受け、ゲーミング用家具、アクセサリーを発売

同店は、約1600点の家具や雑貨をそろえている。寝具、食器といった具合に、商品のカテゴリーによって売場を区分けするのが普通だが、イケア新宿では、フロアをリビングルーム、ベッドルームといった「部屋のカテゴリー」で区分し、家具と一緒に関連する小物も集積した。

例えば、食卓であれば、その周りに食器やテーブルクロスなどを展示するというわけだ。多様な価値観やライフスタイルに合わせた商品展示ルームを6セット用意。季節感を訴求するため、商品のコーディネーションを提案するスペースも増設した。

同店の青木エリナ・マーケットマネジャー(店長)は、「部屋のカテゴリーで分ければ、どんなシーンで商品を使うのかイメージしやすいので、商品を探すのに便利。多忙な都心部のお客さまにとっては、買物も効率的な方が良い」と説明。

生活シーン別の新しい売場づくりについて説明するイケア新宿マーケットマネジャー(店長)の青木エリナ氏

また、イケアは、世界的なeスポーツなどコンピュータゲームの人気の高まりを受けて、ASUSのゲーミングブランド「ROG」とのコラボレーションで開発したゲーミング用家具、アクセサリーを、日本でも4月から発売。IKEA新宿でも2階にゲーミング用家具、アクセサリーのコーナーを設け、6つの商品シリーズを展開している。(取材・文/野澤正毅)

1階の「サーキュラーショップ」。循環型社会を目指し、展示品や新中古品をアウトレット価格で販売するコーナー
地下1階にはダイニング関連の商材を集めた。食事のシーンに合わせて、調理器具と食品を一緒に展示しているのがIKEA新宿の特徴
世界的なeスポーツなどコンピュータゲームの人気の高まりを受け、2階には、ゲーミング用家具、アクセサリーの専門コーナーもオープン

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …