生活関連、衣料品も充実の「2層型強力フォーマット」で西宮をドミナント化、近畿圏ライフ夙川店

2020.08.21

夙川店は近畿圏155店目。首都圏の120店と合わせ、同社の店数は275店となった

ライフコーポレーションは、8月19日、兵庫県西宮市にライフ夙川店をオープンした。5月オープンの西宮北口店に続く兵庫県西宮市への連続出店で、全社的には市内5店目の出店で東に約2.5㎞の西宮北口店などと共にドミナントを固める役割を担う。

JR神戸線さくら夙川駅から南西へ約520m、大阪市内から神戸方面を貫く幹線道路である国道2号線の北側に面していて、交通アクセスも良好。広域集客が見込める。鉄道駅では、前述さくら夙川駅から徒歩約12分の他、阪神本線香櫨園駅北口から徒歩約10分、阪急神戸本線夙川駅南口から徒歩約15分といった位置関係にある。

売場2層、748坪の大型店で、年商目標も28億円とハイレベル。1階は菓子、酒を除く食品全般を広く配置し、2階に生活関連(生関)、衣料と菓子、酒、さらに次第に展開店舗が広がっている「ビオラル」コーナーを設置。生関と衣料を含めた総合店として、ライフコーポレーションが近畿圏、首都圏両エリアで競争力を発揮している同社が得意とするフォーマットといえ、高い年商目標の設定も納得できる。

店舗周辺は戸建住宅、集合住宅、大学などの教育施設が混在していて、10歳未満、30~40代の構成比が高い、ファミリー層が多いエリアとなっている。

500m圏で4873世帯1万1008人、1㎞圏で1万8632世帯4万2290人(2015年国勢調査)と商圏は厚く、その中で目標とする「地域一番店」になることで、大きな売上げが期待できるポテンシャルを持っている。

周辺には閑静な住宅街も存在し、1㎞商圏内の世帯年収別構成比は、700万円以上が約29%を占める。これは兵庫県平均を11.5ポイント上回る。

惣菜・生鮮食品で「おうちごはん」を応援

自宅で食事をする機会が増えていることも受け、惣菜やベーカリーを中心に「おうちごはん」を応援する。「手作りおにぎり」は新潟県産コシヒカリを店内で炊き上げて提供。

「手作りおにぎり」は店内炊飯にこだわり品質を訴求

また、1 枚ずつ丁寧に成形し、専用窯で焼き上げる「ミオピッツァ」も展開。

インストアベーカリーの「小麦の郷」ではヨーロッパ産のオリーブやライ麦を使用したフランスパンの「カスマタオリーブブレッド」「穀物とライ麦のパン」を展開。そのまま食べる他、食事の付け合わせとしても勧めるなど、新たな提案にも挑戦している。

小麦の郷で展開する、ヨーロッパ産オリーブやライ麦を使用したフランスパン「カスマタオリーブブレッド」「穀物とライ麦のパン」

農産では、入口近くの「直売広場」で地元兵庫県産を中心とした旬の野菜・果物を展開。

高い天井高に対して平台が低めとなっていて解放感が高い青果売場。写真右手、「直売広場」では地元兵庫県産の野菜、果物を展開

また、水産では神戸市場や明石近郊漁港から届く生魚を、鮮魚店のような活気ある売場で提供する。

クオリティプライベートブランド商品の「ライフプレミアム」は生鮮食品でも増えている。鮮魚売場では「地中海で見つけた大きな本まぐろ」の「炙り」を盛り合わせ

日用品売場でも「おうちごはん」を応援する。簡単に炭酸水が作れるソーダメーカーやビールサーバーを品揃えし、家飲みをサポート。

「ビオラルコーナー」を2 階に設置

16年6月にオープンし、18年1月に改装した大阪市西区のビオラル靭店は、「オーガニック」「ローカル」「ヘルシー」をコンセプトとする新フォーマットで、同店で展開している商品はコーナー展開の形で首都圏の店舗にも広がりを見せている。夙川店では2 階でコーナー展開し、幅広い世代のお客に対して、「ナチュラルライフスタイル」を提案。菓子や調味料、ワインなどを取り扱う。

「ビオラル」コーナーとしては最大級だという。アイテム数は食品と生関合わせて540SKU

おやつや間食にお薦めの「乳製品・砂糖不使用」で作られるフェアトレードカカオを使用した有機ローチョコレートや、米粉と大豆粉を使用したやさしい味わいの「グルテンフリーキヌアクッキー」を品揃え。

使用頻度の高い調味料コーナーでは、有機素材で作られた「寺岡有機醸造」の有機しょうゆ、「内堀醸造」の有機酢を取りそろえ、オーガニック食品を毎日の食卓に取り入れることを提案。

イギリスの紅茶メーカー「クリッパー」より、品質にこだわり抜いたオーガニック原料で製造された「オーガニックティー」もそろえる。ワインコーナーでは、環境や人にやさしい製法で作られた「オーガニックワイン」を50種類以上そろえた。

また、地元西宮市や兵庫県の地場商品を各部門で展開。大型店らしく、ライフ初登場の商品を含むワンランク上の商品も品揃えする。

夙川の豆腐メーカーである三晃総合食品の六甲山系の地下水を使用した豆腐を初導入した他、兵庫県三田エリアで大切に育てられたブランド和牛の三田和牛などを品揃え。

六甲山系の地下水を使用した豆腐。夙川の豆腐メーカーである三晃総合食品の商品
兵庫県三田エリアで育てられたブランド和牛の三田和牛

また、兵庫県尼崎市の洋菓子メーカーであるショウタニの焼き菓子「和の心」「フィナンシェ」「マドレーヌ」を品揃えし、さらに神戸元町の人気コーヒーショップ「EVIAN COFFEE SHOP」の洋菓子をコーナー化。

尼崎市の洋菓子メーカー、ショウタニの焼き菓子
神戸元町の人気コーヒーショップ「EVIAN COFFESHOP」の洋菓子をコーナー化

日本を代表する酒どころで5つの地域からなる「灘五郷」の日本酒も品揃えする。

衣料品も「おうち時間」対応で屋内と外出双方に対応

衣料品は外出用に加え、「おうち時間」も楽しく快適に過ごせるような機能性、デザインにこだわった商品を品揃え。在宅時間が増える中、「スポッ」と着られて料理中や子供との遊び時間など、さまざまなシーン、場所で使える用途の広いライフオリジナルのエプロンワンピース「Suporon(スポロン)」を取り扱う。

また、家事や仕事など「働く女性」の肌着に対する悩みに着目し、動きやすさや着心地にこだわった「ノンワイヤーブラ」や「カップ付インナー」をシンプルなデザインで展開。さらに「あなたをメイクするソックスパレット」をコンセプトに、化粧品のように選ぶのが楽しくなるようなカラーバリエーションで靴下を品揃えしている。

部門別の売上高構成比計画とアイテム(SKU)数は、農産14.8%400アイテム、水産8.0%350アイテム、畜産12.6%350アイテム、惣菜8.3%273アイテム、インストアベーカリー(IB)2.1%83アイテム、日配18.6%1300SKU(うちパン230SKU)、加食22.2%(うち菓子3.8%、酒4.6%)7500SKU(うち酒1500SKU)、生関11.0%1万2000アイテム、衣料2.4%1500アイテム。

売上高構成比では食品計が86.6%で、非食品も一定程度の構成比を持つが、生鮮(農水畜)と惣菜(惣菜、IB)で45.8%と、生鮮・惣菜強化型になっている。

ライフ夙川店概要

所在地/兵庫県西宮市御茶家所町5-14

オープン日/2020年8月19日

建物構造/鉄骨造地上4階建て

売場面積/2473㎡

年間売上目標/28億円

店長/内藤哲也

従業員数/80人(社員25人、パートナー55人)

駐車台数/74台

営業時間/9時30分~24時(ドラッグコーナーは9時30分~21時)

関連記事

お役立ち資料データ集

セミナー