米国ウォルマートが挑むドローン配送にみる、技術活用へのハングリー精神

2022.04.12

2020.09.15

ジップラインのドローン。画像はウォルマート提供

9月14日、ウォルマートは米国で初めてのドローン配送業務を開始することを目指して、ルワンダで医療用品などのドローン配送事業などを手掛けるジップラインとチームを組んだことを発表した。当面、このサービスではヘルス&ウェルネスの商品を配送することが想定されているが、将来的にはゼネラルマーチャンダイズの配送も視野に入れている。

ジップラインは世界最大のドローン配送ネットワークを運営している。16年後半にルワンダで医療用品などの配送を開始し、現在までに複数の国に渡る2000万人を超える人々にサービスを提供している数千の医療施設に、20万以上の医療用品を安全に届けてきた。

ジップラインの技術を用いた試験的な配送が、アーカンソー州北西部のウォルマートの本社近くで行われる予定だという。

ウォルマートの店舗から半径50マイル(約80㎞)の範囲に配送される。ジップラインの技術では1時間以内での迅速な配送が可能になるだけでなく、CO2排出もないため、持続可能性の目標にもかなうものであるとしている。来年初めから運用が開始される見通しで、成果が認められれば拡大していく予定だ。

今回の発表に先立つ9月9日には、フライトレックスと組み、ドローンでの配送について取り組みを強化すると発表。

フライトレックスのドローン。画像はウォルマート提供

ノースカロライナ州ファイエットビルで同日、フライトレックスのドローンを使用してウォルマートの店舗から食品や家庭用品を配達する実験を実施。お客とアソシエイト(従業員)双方がピッキングや荷造り、離陸から配達といったことについて洞察を得る機会となるとしていた。

同社が常に強調するのは、創業者のサム・ウォルトンの進取の精神だ。新たな技術が将来のビジネスにどのような影響を及ぼすのか。お客により良いサービスを提供するために、それをどのように活用したらよいのかといったことを常に貪欲に追求している。こうした姿勢からは、お客にサービスを提供する企業として学ぶべき点が多々あるように思える。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …