Amazon.co.jpにライフコーポレーションのストアがオープン、プライムナウ専用アプリ以外のウェブサイトなどからも注文可能に

2020.10.21

2021.03.09

Amazon.co.jp上のライフコーポレーションのストア
Amazonショッピングアプリ上のライフコーポレーションのストア

Amazon(アマゾン)とライフコーポレーションは2020年10月21日、Amazon.co.jp上にライフコーポレーションのストア(www.amazon.co.jp/life)をオープンした。

従来は注文がPrime Now(プライムナウ)の専用アプリからに限られていたが、今回の対象エリアのプライム会員はそれに加えてAmazon.co.jpのウェブサイトやAmazonショッピングアプリを使用しての注文も可能になる。

Amazon.co.jpのウェブサイトとAmazonショッピングアプリのトップページやメニューからライフコーポレーションのストアを選択し、注文する。

当初の対象エリアは、東京都の7区(新宿区、板橋区、練馬区、北区、中野区、豊島区、杉並区、一部地域を除く)だったが、11月10日からはサービスを提供している全ての配送エリアのプライム会員がAmazon.co.jpのウェブサイトから注文できるようになった。

両社は19年9月12日からライフコーポレーションが店で取り扱っている生鮮食品や惣菜、プライベートブランドなど数千点からオンラインで商品を注文し、最短2時間で届けるサービスを開始。Amazonプライム会員向けのサービスとして対象エリアは、今回のストアオープンと同様、東京都の一部地域を除く7区からスタートした。

その後、対象エリアは順次拡大し、20年4月11日には5区が加わり12区に、4月23日にはさらに5区が加わり17区に、5月26日には3区追加で20区に、6月30日にはさらに3区加わり23区に、そして7月14日には東京都の4市が加わり、東京23区と4市が配送対象エリアとなった(いずれも一部地域除く)。

7月16日からは大阪市の16 区(一部地域除く)を対象エリアに加え、近畿圏でのサービスも開始。11 月 12 日には大阪市の 5区(一部地域除く)と 3市(一部地域除く)が新たに配送エリアに加わるなど、順次配送エリアを拡大している。

注文を受け、ライフコーポレーション店内の専門担当者が、お客に代わって品質をチェックしながら商品を厳選し、アマゾンの配送ネットワークに載せる
配送時間は当日、または翌日の12時~22時、2時間単位で配送時間を指定可能となっている

新型コロナでネットスーパーに「ゲームチェンジ」が起きた

ライフコーポレーションは、自前の店舗型のネットスーパーを56店(20年9月末段階)で展開しているが、前述のようにアマゾンとの事業については対象エリアを急拡大する一方で、昨年度までは自前のネットスーパーの拡大にはやや慎重な方針を示していた。

しかしながら、新型コロナウイルスの影響もあって、店によっては前年比で200%、300%に需要が伸びるなど、ネットスーパーの売上げが急増していることもあって、既存店のキャパシティを増強すると共に、下期からは展開店舗数も増加するなど拡大局面に入った。

岩崎高治社長は、20年度上期決算の発表会でネットスーパーの現状について次のようにコメントした。

「コロナで明らかに『ゲームチェンジ(いままでの枠組みを変えるような大きな変化)』が起きたのがネットスーパー。アンケートの結果では、コロナをきっかけにネットスーパーを新しく使い始めた人も増えているし、いままで以上に買う頻度が増えたという人も増えている。結果として3月~4月、急増するニーズに応え切れずにお客さまに非常にご迷惑をおかけしてしまったのだが、店舗人員、配送体制を整備した結果、上期合計では(アマゾンではない)当社のネットスーパー昨比140%超という数字になった。7月、8月だけでは150%を超えている数字で、トータルでも単月では黒字化を達成したこともあって、下期ではさらに10店舗程度、新しくネットスーパーをやる店を増やそうと思っているし、既存の店の人員体制、配送体制を整備して能力を上げていく」

「『ゲームチェンジ』がネットスーパーに起きた」と語る岩崎高治社長

同時にアマゾンを含むEC(電子商取引)事業の強化の方針を示した。同社のEC事業の売上高は昨年度30億円程度だったが、今期は50億円程度での着地が見込める他、来期は100億円まで伸ばしていきたいとしている。

来期にかけては文字通り倍増の勢いだが、それには拡大局面に入った自前のネットスーパーに加え、今回、展開を強化し、今後も対象エリア拡大方針を示すアマゾンとの事業も大きな位置づけを占める。

Amazon.co.jpのライフコーポレーションのストア概要

URL/www.amazon.co.jp/life(パソコン、モバイル共通、従来どおりAmazonショッピングアプリからも利用可能)

配送時間/12時~22時(配送時間は2時間単位で指定可能)

最低注文金額/2000円以上(総額ベース)

配送料/6000 円未満の注文の場合は440円、6000円以上1万円未満の注文の場合は220円、1万円以上の注文の場合は無料(総額ベース)

利用条件/Amazonプライム会員に登録(年会費4900円、または月会費500円、総額、Prime Now専用アプリから注文する場合は、最新バージョンのインストールが必要)

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。