ドン・キホーテがショッピングセンター内に新コンセプト店「ドン・キホーテ セブンパークアリオ柏店」をオープン

2020.11.11

ドン・キホーテは11月21日、千葉県柏市沼南区の大型ショッピングセンター(SC)の「セブンパークアリオ柏」内の2階にドン・キホーテ セブンパークアリオ柏店をオープン。

テナント区画の1画に出店する形で、売場面積は218㎡(約66坪)。セブンパークアリオ柏に訪れるファミリー層を中心としたお客のニーズに応えるため、コンパクトな売場ながら同社独自の「圧縮陳列」など商品展開を工夫することで、食品、日用消耗品、雑貨品、衣料品、化粧品、家電製品など幅広い品揃え。さらに季節ごとの商品など、来店する度に新しい発見ができるような商品展開を実現していく。

また、レディースのトレンドを意識し、人気のコスメ、スキンケア用品、カラコン、香水などを充実させる他、有名キャラクターグッズの専門コーナー、菓子を中心とした驚安価格商品、500円のワンコインコーナーなど、お得な商品を見つける楽しさ、宝探しを彷彿とさせる売場でサプライズのある買物体験を提供する。

また、店内では買物がさらに楽しい時間になるように、同社のPOPライターによって多種多様にアレンジされた公式キャラクター「ドンペン」が至るところに登場。さまざまな表情、衣装のドンペンが来店したお客を迎える他、フォトスポットなども設置している。

ドン・キホーテ セブンパークアリオ柏店概要

所在地/千葉県柏市大島田1-6-1

オープン日/2020年11月21日

営業時間/10時~21時

売場面積/218㎡

駐車台数/2863台(施設共有)

駐輪台数/1323台(施設共有)

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」