ローソンがデリバリーサービスに本腰、「Wolt(ウォルト)」の導入を開始、ストア100も「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を本格導入

2021.04.27

ローソンはWolt Japanが運営するデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」の取り扱いを東京都内のナチュラルローソン13店で4月28日から開始する。ナチュラルローソンのおにぎりやサンドイッチ、デザートなどの食品の他、オーガニックのボディソープや香料・着色料無添加の洗剤などの生活用品も配送。普段からナチュラルローソンを利用しているお客に加え、遠方のお客の利用も期待する。

「Wolt」が、女性にも多く利用されていることもあって、ナチュラルローソンとの親和性が高いことから今回の導入に至ったという。

これにより、ローソンのデリバリーサービスの取り扱いは、「Uber Eats」「foodpanda」と併せ合計3社となり、導入店数は28都道府県の1569店となる。

「Wolt」は、世界23カ国、160都市以上で事業を展開しているフィンランド発祥のデリバリーサービス。「おもてなし」と「世界最高の顧客体験」の提供を目指し、「質の高さ」を重視。適性テストを通過した配達パートナーが質の高いサービスを提供しているという。

日本では、2020年3月に広島県でのサービス開始を皮切りに、現在13都道府県18都市に展開エリアを拡大。フィンランドでは、食品のみならず雑貨や家具などさまざま商品のデリバリーサービスを展開しており、日本でも今年4月から広島県のコンビニ「ポプラ」の一部店舗で、Wolt Japanとして初めて日用品のデリバリーを開始している。今後も食品、日用品を中心とした小売店でのデリバリー拡大が予定されている。

ローソンでは、19年8月に日本のコンビニで初めて「Uber Eats」の導入を開始したが、コロナ禍でのデリバリー需要の高まりを受け、20年8月の段階で導入店は1000店にまで拡大した。21年2月からは「Uber Eats」では国内初となる医薬品の配送を開始した。

20年11月には新たなデリバリーサービスとして「foodpanda」を導入している。

ローソンストア100も「Uber Eats」を本格導入

一方、子会社で生鮮食品の他、調味料、 飲料、 酒、 菓子、 日用品などを取り扱う「ローソンストア100」を675店(2021年3月末現在)展開するローソンストア100は「Uber Eats」の本格導入に踏み切る。導入店を5月10日までに関東、中部、近畿エリアの計43店、今年8月末までには100店にまで拡大する計画。

同社では20年12月から関東の数店において実験的に「Uber Eats」を導入し、お客のニーズを確認しながら徐々に導入店舗を拡大してきた。4月26日段階の導入店は関東、中部、近畿エリアの計25店。

ローソンストア100としては、コロナ禍において外出を控えたいという意識や在宅ワークによる自炊、自宅での食事機会の増加といったライフスタイルの変化に伴って、即食商材だけでなく、料理に使用する肉や野菜など「食材」のデリバリーのニーズは今後より高まると考えている。今回の導入は、生鮮食品を含む食材をひと通り取り扱うローソンストア100としてそのニーズに対応するものだ。

また、事前に予約が必要なネットスーパーなどと異なり、思い立ったらすぐに注文ができる「Uber Eats」のサービスは、コンビニと同様の利便性を持つローソンストア100と親和性が高いと考えており、多様なライフスタイルのお客に便利に利用してもらえると判断、導入の加速化を決定したという。

ナチュラルローソンにおけるWoltのサービス概要

開始日/4月28日

サービス時間/9時~24時

取扱商品/約400品目

主な商品/弁当、おにぎり、麺類、フライドフーズ、デザート、ベーカリー、冷凍食品、おつまみ、飲料、酒類、カップ麺、日用品、雑誌など

ナチュラルローソン対象店舗/芝浦海岸通店、東麻布三丁目店、城山トラストタワー店、乃木坂店、コモディオ汐留店、アークヒルズフロントタワー店、赤坂見附店、白金一丁目店、広尾五丁目店、渋谷神泉町店、銀座二丁目店、新宿駅西店、八雲三丁目店

ローソンストア100のUber Eatsサービス概要

取扱商品/約200品目

主な商品/生鮮食品(野菜、果物、精肉など)、デイリー食品(卵、ヨーグルト、牛乳、納豆、豆腐、ハムなど)、冷凍食品、パックご飯、即席麺、調味料、デザート、パン、おつまみ、菓子、弁当、おにぎり、100%果汁ジュース各種、ミネラルウオーター、炭酸水、酒類、日用品(ウエットティッシュ、トイレットペーパー、乾電池など)

関連記事

お役立ち資料データ集

セミナー