カインズがリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank®️」を運営するunerryと資本業務提携契約を締結

2022.04.22

2021.05.27

カインズは、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank®️」を運営するunerryと資本業務提携契約を締結したと発表した。今回の締結により、人々の行動データを基にさまざまな顧客体験価値を構築していく。

人々の行動・場所の人流をデータ化するunerry

unerryは、日本最大級のリアル行動データプラットフォーム、「Beacon Bank®️」を運営している。月間100憶件以上の位置情報ビッグデータ、独自のIoT(モノのインターネト)センサーデータなどで、「実社会の人々の行動・場所の人流をデータ化」。リテール実店舗の店・内外の消費者行動を網羅的に捉えAI(人工知能)解析を行い、解析データと連動した店舗集客や回遊促進、商品販促、リアルタイム混雑度評価などのリテールDXサービスを展開している。

Beacon Bank®️:https://www.beaconbank.jp/

カインズのSBU戦略

カインズでは、中期経営計画「PROJECT KINDNESS」において、「次のカインズを創る」を目標に掲げている。戦略の柱の一つである、SBU戦略(Strategic Business Unit、戦略事業単位)で、「新たな顧客価値を創造する大胆なカテゴリーの拡縮」をテーマとし、圧倒的ナンバーワンカテゴリーの開発や、売場構成の標準化、販促・マーケティングの強化などのプロジェクトに取り組んでいる。

今回の提携に際し、同社の石橋雅史・商品本部日用雑貨事業部部長は次のようにコメント。「データ活用の一例で、当社では2018年より『カインズデザイン展』という取り組みを実施しています。ナショナルブランド(NB)商品のパッケージをくらしのシーンに調和するデザインにしたりすることで、新たな顧客開拓を狙い、『その結果がどうであったか』といったテストマーケティングの機能も持たせています。こうした顧客の購買データやライフスタイルなどを分析し、有効性を高めていくためのデータビジネスの専門チームを構築中なのですが、unerry さんにも業務提携という形で参画していただく予定です。通常のマーケティング活動のクライアントという立場にとどまらず、分析力にも優れたunerryさんには、幅広く支援していただけるパートナーとしての役割を期待しています」

また、内山英俊・unerry代表取締役CEOも、次のようにコメントした。「unerryは、リアル行動データプラットフォームをベースとした、リテール業界向けOMO(Online Merges with Offline、オンラインとオフラインの融合)コミュニケーションサービスを展開しています。そして近年では、プラットフォームの成長に伴い、スマートシティやSociety5.0に向けた街づくり等にも応用されるようになり、さまざまなデータ活用実績を積み上げてきました。当社がこの両分野を手がける中で、リテール店舗は消費者体験の場であるとともに、地域のくらしや発展を支える中心的な役割を果たしていると日々感じています。このたびの提携により、よりよい消費者体験を創るOMOコミュニケーションサービス展開とデータビジネスに向けた事業成長を実現するとともに、カインズさまとの活動を通して、地域発展に貢献してまいりたいと思います」

「くらしデータ」を活用しての商品開発や販促に道筋

カインズで取り扱う商品は、広範囲な「くらしにかかわる」ものだ。人々の困っていることの解決や、より心地よい暮らしを提案するために、「人々のくらし」を理解することをカインズでは重要視している。

POSデータやID-POSでのデータ収集で把握できることは、「購買された商品が何か」ということのみ。購買しなかった理由は分からないままとなる。そこで、データ収集技術を複数持つunerryとの提携により、人々のくらしの質をより良くするために必要なデータの収集と、その活用に本格的に着手するという。

さらに、厚みを増した「くらしデータ」を商品開発や販促活動に生かすと共に、メーカーとも連携なども視野に入れる。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。