「Wolt(ウォルト)」とツルハホールディングスが提携、北海道でドラッグストアのデリバリーを開始

2021.05.28

フードデリバリー事業「Wolt(ウォルト)」を展開するWolt Japanとドラッグストアを展開するツルハホールディングスが提携した。商品配達のサービスを5月21日から北海道の7店で開始した。

「Wolt」はツルハホールディングスとの提携により、食料品に加えて洗剤や掃除用品、ペットフードなど普段の生活に必要な日用品を30分程度で配達する。対象店舗は北海道内にある平岸店、東札幌店、北24条西店、琴似駅東口店、南8条店、旭川4条西店、亀田本町店の7店。今後対象店舗を順次拡大していく。

「Wolt」は23カ国、160都市以上で事業を展開しているフードデリバリーサービス。日本では2020年3月に広島での提供開始を皮切りに、現在は東京など13都道府県21都市に展開エリアを広げている。

今後数年以内に日本100都市でのサービス展開を目指す。フィンランド本社においてはフードの他、雑貨や家具などジャンルを問わずデリバリーサービスを展開。日本でも今後幅広く食料品・日用品を始めとする小売分野において積極的にパートナーシップを結んでいく予定で、4月にはナチュラルローソンの一部店舗でも導入が始まっている。

「ツルハドラッグ」などのドラッグストアを運営するツルハグループは北海道に本社を置き、北海道内では50%以上のシェアを誇る。「生活に豊かさと余裕を提供する」という理念の下、地域医療の担い手として、より身近で安心できるサービスを届けるために顧客の視点に立った店作りを目指している。

取扱商品は洗剤、掃除用品、スキンケア用品などの日用品や生理用品、アルコールや食料品、ペットフードなど、幅広く取り揃えている。最低注文金額は2000円からで新規顧客獲得のため3種類のキャンペーンも実施する。

デリバリーサービスの概要

実施開始日/2021年5月21日

導入店舗/北海道内の7店舗(今後順次拡大予定)

     札幌市(平岸店、東札幌店、北24条西店、琴似駅東口店、南8条店)

     旭川(旭川4条西店)

     函館(亀田本町店)

最低注文金額/2000円

取扱商品/洗剤、掃除用品、スキンケア用品等の日用品や生理用品、アルコールや食料品、ペットフード

キャンペーンの概要

①期間中全ての距離が配達無料

②【初回ユーザー対象】ツルハドラッグだけで使える、配達注文が1800円割引(900円×2回)のプロモコード【TSURUHA】をプレゼント(登録期限は6月3日で、登録から14日以内使用可能)

③【既存ユーザー対象】ツルハドラッグだけで使える、配達注文が1800円割引(600×3回)のプロモコード【TSURUHAEX】をプレゼント(登録期限は6月3日で、登録から14日以内使用可能)

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」