ローソンが出来たて商品を店頭で渡すUber Eats「お持ち帰り」サービスの実証実験を開始

2021.05.28

ローソンは、Uber Eatsアプリから事前に注文することで、店内で調理した出来たて商品などを店舗で待たずに受け取れる「お持ち帰り」サービスの実証実験を6月1日から東京都内の10店で開始する。実証実験の結果を踏まえ、今後の拡大を検討していくとしている。

在宅での食事の頻度が増えている中、出来たて商品に対するニーズが高まっていると判断。「お持ち帰り」サービスの導入によって、店内厨房で作った弁当や「からあげクン」などの店内調理品を中心に約50~60品の商品を注文できる。

ローソンの4月末時点の店内厨房実施店舗数は約6500 店舗に上ることから、こうしたハード上のメリットを生かす。今回の実証実験では、店内厨房の商品を取り扱うのは世田谷桜新町二丁目店のみとなるが、順次、拡大予定。

商品のラインアップとして、家族で楽しめるデリバリー専用品として一部店舗で取扱中の「からあげクン30粒入」や「鶏から20個入」など大容量タイプなどもそろえた。店内調理品を、注文を受けてから準備するため、これまで以上に出来たてに近い商品を提供することが可能とみる。なお、「からあげクン」はUber Eatsのデリバリーで1番人気となっている。

持ち帰り選択画面(イメージ)
メニュー一例:「からあげクンレギュラー&レッドBOX各種15粒計30粒」(税込1296円)

利用方法

①Uber Eats アプリから受け取りたい店舗を選択

②「配達」「ピックアップ」から「ピックアップ」を選択した後、注文したい商品を選択

③支払方法を選択 → 受取番号・受取時間画面が表示

④画面に表示された受取時間以降に店舗で、受取番号を伝えて商品を受け取り(受取時間指定はできない)。準備状況によって受取時間が変更となる可能性がある

ローソンにおけるUber Eats「お持ち帰り」サービス概要

・開始日/6月1日

・サービス時間/8 時~翌1時

・注文から商品受け取りまでの目安時間/約 30 分(準備状況によって前後する場合がある)

・取扱商品/約50~60品目

・主な商品/店内厨房で作る弁当(世田谷桜新町二丁目店のみ)、からあげクン、Lチキ、鶏から、アイスコーヒー、アルコール、菓子、飲料など

Uber Eats「お持ち帰り」サービス導入店舗

志茂メトロピア店(東京都北区志茂2-1-18)

月島駅前店(東京都中央区月島2-1-2)

江北六丁目店(東京都足立区江北6-30-20)

足立一ツ家店(東京都足立区一ツ家2-23-7)

世田谷桜新町二丁目店(東京都世田谷区桜新町2-13-20)

代々木八幡駅北店(東京都渋谷区代々木5-7-2)

三鷹の森店(東京都三鷹市下連雀1-13-7)

港一の橋店(東京都港区麻布十番4-3-1)

西葛西駅北口店(東京都江戸川区西葛西5-1-5)

江戸川瑞江一丁目店(東京都江戸川区瑞江1-8-1)

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」