ヤオコー川越藤間店オープン、サミット跡地にドミナントのすき間を埋める出店で、小商圏高シェア狙う

2022.04.12

2021.07.01

ヤオコーは7月6日、埼玉県川越市に埼玉県内93店目となるヤオコー川越藤間店をオープンした。全社的には173店体制となり、埼玉県の他、千葉県31店、群馬県16店、東京都 12店、神奈川県9店舗、茨城県7店、栃木県5店の陣容になる。

東武東上線新河岸駅から約1.1km、上福岡駅から約1.5km、国道254号線川越街道沿いのサミットストア跡地への居抜き出店。戸建てや集合住宅、飲食店などが多いエリアで、周辺には自社の店も多い。

直線距離で東方向に約2㎞のイトーヨーカドー跡地には7月中に自社ふじみ野大原店(埼玉県ふじみ野市)がオープンを予定するなど、商圏内でのドミナントのすき間を埋める形の出店が続く形となる。自社で盤石の基盤を築くための小商圏でのシェア争いの激しさを表すような出店である。

1km圏内では人口、世帯数共に増加傾向にある。2km圏内の年齢構成は、40~50歳代、70歳以上がボリュームゾーン。特に1km圏では単身者の割合が35.7%と埼玉県平均の30.5%と比べても高いことが特徴となっている。

足元はシニアの構成比が高いことから、子どもが独立したシニアの2人家族をメインターゲットに、ところどころでグレードの高い商品を差し込んでいる他、鮮魚、果物の構成比が高まるとみる。サブターゲットは40代~50代の2~4人の家族を想定する。

ヤオコーの売場面積は730坪と大型で、テナントとして8月中旬にオープンを予定するスギ薬局の他、100円ショップのワッツ、女性専用フィットネスのカーブス、クリーニング、介護サービスが入り、ショッピングセンターを構成する。

大型店ではあるものの、ストアコンセプトには「店の近くに住むお客さまに信頼され、圧倒的に支持されるお店~『おいしさ』・『楽しさ』・『安さ』で、毎日お客さまに喜んでもらえるお店にしよう~」を掲げる。「店の近く」という表現からは足元商圏の重視、「毎日」という表現からは高シェアを重視していることが伺え、ヤオコーが重視する「小商圏高シェア」戦略を採用していることが分かる。

オープン予定のふじみ野大原店の他、北西方向に川越今福店(川越市)、南東方向に上福岡西口店(ふじみ野市)、上福岡駒林店(同)など自社店が多数あることもあり、初年度年商は17億円と、売上規模からするとかなり控えめ。ドミナントの中でいかに小商圏の深掘りをしながら売上げを確保していくかが試される。

そのため、出店に当たっての投資も抑えた。居抜きということもあり、建物をそのまま活用している他、ヤオコーの売場でも什器などは、サミット時代のもので利用できるものは利用。やや天井高が低く感じるが、それでも外観や内装、照明などはヤオコー流に一新することで、新店のような雰囲気になっている。

屋内, テーブル, 建物, 天井 が含まれている画像
自動的に生成された説明
売場は青果、和日配、鮮魚と続く、同社としてはオーソドックスなパターン。居抜きだが、内装や照明を新調したこともあって新店のような、ヤオコーらしい売場づくりになっている
店の天井からぶら下がっている
中程度の精度で自動的に生成された説明
第2主通路突き当たりに配置されることが多い、ワインとつまみを提案する売場。天井高がそれほど高くないこともあってか、コンパクトな展開

初年度の売上高構成比計画では、生鮮は37.4%、デリカ14.7%と生鮮・デリカで52.1%を占めるのはヤオコーの他店と同様。結果、グロッサリーの売上高構成比計画は47.9%となっている。

SKU数は生鮮が約1200、デリカが350、グロッサリーが約1万4370、合計約1万5920と、売場が大型ということもあって特にグロッサリーが多い。その意味では豊富な加工商品の品揃えによって、競合店との差別化を図りながら集客を図ることも期待されている。

「油揚げ」関連商品で「おつまみ提案」を実施

精肉では、グレードの高い商品をメインに牛焼肉カテゴリーを強化すると共に、週末には豚肉産地フェアを実施し、豊富な種類が選べる豚肉売場を実現する。

加えて、主力商品の少量パックを強化する他、「もう一品」や「おつまみ」カテゴリーなどの少量コーナー売場を各所で展開する。

鮮魚では、近海魚と切り身で圧倒的な「旬」の打ち出しを行う他、本マグロの赤身造りやまマグロたたき、マグロ切り落としといった品揃えで、「あらゆる世代に支持していただける売場」を実現する。

平冷蔵ケースは先頭に強化しているマグロを打ち出し、その奥で強化分野の切り身を展開。マグロは壁面でもコーナー化している
鮮魚の塩干や精肉の一部商品など、冷凍で品揃えされることが多くなっている

青果では、旬の最もおいしい時期に最大限の品揃えを行うことで、選ぶ楽しさを実現。ギフトにも対応可能なグレードの高い商品を充実させ、「ちょっとがイイね」など小量目の品揃えも強化することで幅広いニーズに応える。

青果の小量目商品を平台のエンドで集合展開している「ちょっとがイイネ!!」コーナー

花については、季節、定番商品をめりはりを付けて売場展開し、「季節を感じる花のある生活を楽しんでいただける売場」とする。

デリカの惣菜カテゴリーでは、手間のかかる焼き魚や煮魚といった魚惣菜を展開することで簡便需要に応える。

シニアターゲットで鮮魚の売上高構成比が高まるとみるが、デリカ部門が展開する魚惣菜の「漁火(いさりび)」についてもフルパターンの品揃え。焼き、揚げなどの他、夏らしく南蛮漬けなども品揃え

また、時間帯別に売場を変化させる。昼は少しずついろいろ食べられる「ちょっとがイイネ」、夕方からはワンコイン大容量パックをコーナー化。いつでも出来たて作りたてのおいしさを提供するように努める。

各部門で強化している小量目の商品を多くの商品で展開している。「ちょっとがイイネ!!」の共通のシールを貼付
惣菜売場に鉄板を導入。お好み焼きなどの他、卵焼きという大きく2つのラインでの展開によって定着してきた
惣菜の平ケースではアウトパックの「レンジアップ惣菜」の存在感が増している

寿司カテゴリーでは、ヤオコーオリジナルの味付けで酢締めした本格サバ棒寿司を中心に、アジやイワシといった青魚の握りや、出来たてのおにぎりの品揃えを強化。

インストアベーカリーでは、朝食で食べる頻度の高い食事パンを強化。「北海道小麦食パン」や「あん食パン」に力を入れ、個食サイズなどの買いやすい小量目を中心に、選ぶ楽しさを作り出すと共に「毎日の定番」として利用してもらう売場を目指す。また、ヤオコーオリジナルの店内製造スイーツで豊かな食卓に向けた提案を継続する。

インストアベーカリーはレジなしのコンパクトな売場。ばら売りができなくなったことによってレジなしの売場が増えつつある
ベーカリーの店内製造スイーツではタルトが充実。売れ筋商品のチーズケーキ風の「濃厚チーズタルト」を常温展開する他、冷蔵で「ニューヨークチーズタルト」「エッグタルト」なども展開。アイテムを拡大している
開店限定の「フルーツタルト」も7月11日まで展開

グロッサリーでは、まず日配食品では和日配について、さまざまな産地の大豆を使った豆腐を取りそろえると共に、こだわり商品から惣菜まで「油揚げ」関連商品を幅広く取りそろえることで、「おつまみ提案」を実施。

和日配は青果に続く壁面に配置している
和日配売場では「油揚げ」のアイテムを広げ、コーナー化

また、洋日配では、こだわりブランドのバターやマーガリン、ナチュラルチーズなど乳製品の品揃えを強化する。

ドライ食品では、輸入パスタの品揃えの強化する他、ナッツを取り入れたパワーサラダなど、健康に配慮したメニューの提案にも踏み込む。酒では、直輸入ワインを中心に、国産、オーガニックワインの品揃えを強化し、気軽に楽しめ、食事にも合わせやすい商品の提案に努める。

直輸入のワインの売れ筋はランブルスコの赤だが、今回、夏に向けて新商品として同ブランドの白(フルボトル本体価格598円)が登場。冷やして飲むのに適している
代替食品の品揃えも徐々に増加している。和日配売場で豆腐に連動させる形で大豆ミートをコーナー化
パック飲料でも代替食品が増加。豆乳だけでなく、アーモンドミルク、オーツミルクの存在感も増してきている
加工食品では「有機食品コーナー」も設置。売場の広さを生かして、グロッサリーの品揃えを広げている

また、健康ニーズに応えるために薬用、歯間ブラシなどのオーラルケアラインを取りそろえる。

ヤオコー川越藤間店概要

所在地/埼玉県川越市大字藤間218-3

オープン日/2021年7月6日

営業時間/9時~22時

駐車台数/160台(駐輪場108台、うちバイク置き場5台)

敷地面積8011.45㎡(2423坪)

延べ床面積/9340.41㎡(2825坪、施設全体)

8592.41㎡(2599坪、ヤオコー床面積)

店舗面積/2414.05㎡(730坪)

店長/大澤裕之

従業員数/正社員18人、パートナー・ヘルパー・アルバイト102人(延べ人数)

年間売上げ/初年度17億円(予定)

商圏人口/1km圏内2万7000人(1万3000世帯)、3km圏内19万7000人(9万世帯)、5km圏内37万9000人(17万3000世帯)

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …