経営戦略

  • 2021.12.22

    チェーンストアとは?概要とメリット、スーパーマーケットとの違い等を解説

    チェーンストアは、多店舗展開に用いられる経営手法のひとつである。広い地域で複数の店舗を展開する際に有効で、日本でも小売業界で多数採用されている。 この記事では、チェーンストアの特徴とスーパーマーケットとの違い、チェーンストアの種類を紹介する。チェーンストアの運営を検討する場合、メリットを理解しておくことが重要だ。 チェーンストアの概要 チェーンストアは、多店舗展開において用いられる運営形態だ。アメリカで誕生した「チェーンストア理論」に基づくチェーンストアは、日本でも小売業界や飲食業界で広く浸透している。 チェーンストアは企業活動を本部に集約し、現場である店舗では統一された基準に基づくオペレーシ…

  • 2021.12.22

    カインズが東急ハンズの全株式取得し子会社化、新たなDIY文化の共創目指す

    東急不動産ホールディングスは、100%連結子会社である東急ハンズの発行済株式の全部をカインズに譲渡することを決議し、カインズと株式譲渡契約を締結。2022年3月31日(予定)付で東急ハンズがカインズグループ入りすると発表した。 カインズは1989年の設立。2019年からは中期経営計画「PROJECT KINDNESS」をスタートし、20年には新しい企業理念を制定。「世界を、日常から変える。」をビジョン、「くらしに、ららら。」をお客へのプロミスとし、次の事業、ブランドの成長に向けた取り組みを加速している。 東急ハンズは、「手を通じて新たな生活文化を創造しよう」という思いから、76年の創業時に「手…

  • 2021.12.22

    コメリが「DX部」を新設。DXの取組みを全社で推進へ

    株式会社コメリは、 1,200を超える店舗数を集束するチェーン本部のIT化と更なる店舗のローコスト化、加えて店舗とネット環境を有機的に結合し、便利で快適な買い物環境を提供することができるイーコマースの構築等を総合的に司る「イノベーションセンター」を設置していた。 新たに今回、昨今の社会環境の変化に伴い、より一層DXの取り組みを全社で推進し、生産性の向上を目的として「イノベーションセンター」の呼称を「DX部」に改め、一部組織を再編する。

  • 2021.12.22

    ヤマダホールディングスが独自のリフォーム金融サービスを開始

    株式会社ヤマダホールディングスは、株式会社ヤマダファイナンスサービスを通じて、リフォーム業界初、独自の金融サービスの提供を開始する。 ヤマダホールディングスは、家電を中心に、住建、金融、環境等、“暮らしまるごと”を支える事業の強化。住建事業のうちリフォームにおいては、住宅リフォーム市場(小売部門)において伸長している。今回、リフォームにおける定額制及びクレジット金額に応じた低金利制等のクレジットプランを提供開始する。 ■グラッドクロス(GLAD X) リフォームと家電をあわせて、申し込むと、金額が上がるほど金利が下がるクレジットのプラン。 ■3S 100-0(スリーエス ヒャク ゼロ) ・分割…

  • 2021.12.20

    ニトリが東南アジア進出、海外出店を強化へ。マレーシア、シンガポールへ新規出店

    ニトリホールディングスは、東南アジア地域への出店を開始する。まず、マレーシア、クアラルンプールに「NITORI LaLaport BUKIT BINTANG CITY CENTRE店」を2022年1月に、シンガポールに「NITORI ORCHARD店」を2022年3月に新規出店を行う。 ※マレーシア1号店、店内イメージ ニトリグループは、2032年までに3,000店舗、売上高3兆円を達成を掲げており、日本に692店舗、中国、台湾、米国に88店舗を有している。 東南アジアでの第1号店は、マレーシアに初出店される「ららぽーと」に2022年1月に出店。マレーシアの第2号店は、2022年夏季にオープン…

  • 2021.12.16

    DXフレームワークとは?経済産業省の「DXレポート2」を参考に解説

    AIやIotなど、最先端のデジタル技術を活用して、ビジネスモデルや組織を変革し、ビジネスにおける競争力の維持・向上を図るDX(デジタルトランスフォーメーション)。 デジタル技術の進歩によって、市場環境の変化が激しくなっている現代において、DXは必要不可欠なものになりつつある。 本記事では、企業が DX の具体的なアクションを組織の成熟度ごとに設計できるよう、経済産業が 2020 年 12 月に公開した「DXレポート2」にて提案している、DXフレームワークについて解説していく。 DXレポート2とは? 経済産業省では、DXを推進するべく、2018年5月に「デジタルトランスフォーメーションに向けた研…

  • 2021.12.14

    DX戦略とは?立て方のポイントなどを先進企業の事例を交えて基礎から解説

    AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用することで、ビジネスモデルや組織を変革し、競争上の優位性を確立するDX(デジタルトランスフォーメーション)。経済産業省もDXの導入を推進しており、事業を展開する上では無視できない存在となっている。しかし、社内のDX化が思うように進まず、推進が滞っている企業も少なくない。 DXに成功するためには、闇雲にデジタル化を進めるのではなく、全社的なDX戦略の策定が必要不可欠。 本記事では、経済産業省が策定したDX推進ガイドラインを参考に、DX戦略が求められる理由から、策定時の重要なポイント、事例まで解説していく。 戦略的なDXが求められる理由 昨今、AI・IoTな…

  • 2021.12.14

    ビックカメラは、大型家電買い替えで「無料下取りサービス」開始。循環型社会への取組み強化

    株式会社ビックカメラは、大型家電の無料下取りサービスを 2021年12月より開始した。 重要経営課題(マテリアリティ)として、「循環型社会(サーキュラーエコノミー)への取組強化」を掲げており、推進活動の一環として、今回の取り組みを開始する。 ■ビッグカメラの循環型社会への取組み ビックカメラは、これまで省電⼒化、容器包装の削減、グループ会社の家電リサイクル事業など循環型社会の実現に向けた取組みを積極的に推進してきた。2008 年に環境省「エコ・ファースト制度」の第一号認定を受けている。 本サービスの開始は、環境先進企業として更なる企業価値の向上を目指すとともに、事業を通じて循環型社会の実現へ貢…

  • 2021.12.14

    ファミリマートがアプリで手続き完結する新機能 「ファミペイローン」開始。

    株式会社ファミリーマートは、スマホアプリ「ファミペイ」内において、ファミリーマートの関連事業会社である株式会社ファミマデジタルワンが提供するスマホ決済「ファミペイ決済」の新サービスとして、「ファミペイローン」を2021年12月14日より開始する。  ファミマデジタルワンがサービスを開始する「ファミペイローン」は、「ファミペイ決済を利用したいけどチャージ原資がない時」や「日常生活におけるちょっとした資金需要」などをサポートする新機能として開発。「ファミペイローン」はアプリからすべての手続きが可能、借入の際は「ファミペイ残高へのチャージ」に加え、「ご指定のご本人名義の銀行口座への振込」も選択可能。…

  • 2021.12.10

    自治体におけるDXの現状とは?総務省の「自治体DX推進計画」を参考に解説

    2020年12月25日には「自治体DX推進計画」が閣議決定されるなど、民間企業のみならず。自治体においてもDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されている。 本記事では、自治体DXが求められている背景・課題から、具体的な事例までを紹介していく。 自治体DX推進計画とは? 自治体DX推進計画とは、2020年12月25日に閣議決定されたデジタル社会の構築に向けた計画の一つ。 自治体全体のDX推進を足並み揃えて進めるための計画で、国がリードしてデジタル社会の実現を目指すものである。 同じタイミングで「デジタルガバメント実行計画」も閣議決定され、それぞれの中に自治体のIT推進に関する取り決めが…

  • 2021.12.09

    三越伊勢丹が「一休.com」と協業。オリジナルミールキットの開発・提供など開始

    株式会社三越伊勢丹は、高級ホテル・旅館の予約サイト「一休.com」を運営する株式会社一休と協業し、2016年11月にスタートした日本初の厳選された高級別荘を予約できるサービスにおいて、バケーションレンタル施設専用のBtoB食材発注システム及び、地域の食材を活かした「あめつち」監修のオリジナルミールキットを開発・提供する。 人気のバケーションレンタル施設で地場の食材を使用した夕朝食2種、他全国施設でご利用いただける4種のミールキットを展開。コロナ禍で変わりつつある旅の過ごし方のあらたなニーズへ対応するとともに、地域の生産者とのネットワークを活かした食材提供により、生産者支援に貢献を目指す。 第一…

  • 2021.12.08

    H2Oグループ会社で展開するビューティセレクトショップ『フルーツギャザリング』がオンラインストア開始

    エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社のグループ企業である、エフ・ジー・ジェイ株式会社が運営するビューティセレクトショップ『フルーツギャザリング』は、2021 年 12月 14 日から『フルーツギャザリング オンラインストア』を開始する。オープンに合わせ、オンラインストアと店頭の両方で使用できるポイントシステムを導入する。 フルーツギャザリングはこれまで、関東・関西・中部・九州・沖縄に全 25 店舗を展開。フルーツギャザリングのもっとも大きな特徴は、すべてのアイテムを自由に選べる、気軽に試せる、店頭での「体験」だ。その体験と、いつでも、どこでも購入できるオンラインストアの「利便性」を融合させ…

  • 2021.12.06

    DX認定制度とは?取得条件やDX認定事業者になるメリットなどを解説

    国が事業者に向けて、導入を推進しているDX(デジタルトランスフォーメーション)。昨今では、新型コロナウイルスの影響や多様化する消費者のニーズに対応するため、DXを推進する経営者は増加している。 大手企業を中心に推進されるDXであるが、世界と比較してみると、日本企業のDXは進んでいない。そこで、政府は新たな制度として、DX認定制度を施行した。 本記事では、DX認定制度の基本的な概要から、取得するメリット、取得フロー、DX認定事業者の事例を解説していく。 DX認定制度とは? DX認定制度とは、日本のDXを促進していくため、政府が開始した認定制度である。2020年5月に施行された「情報処理の促進に関…

  • 2021.12.06

    サミットが、2022年の正月三が日を休業。「働き方改革」を推進

    サミット株式会社は、サミットストア及びサミット衣料館コルモピア全店で、2022年の正月三が日をショッピングセンターに出店する一部店舗を除き、休業する。 サミットは今年7月に、全社で取り組むべき社会課題を5つの重点テーマにまとめた「GO GREEN」チャレンジ宣言を制定した。その宣言のもと、社員のプライベート時間の充実により、活き活きと働ける環境の実現を目指している。 尚、正月三が日の休業は、昨年に引き続き2回目となる。 ■休業期間2022年1月1日 ~ 1月3日 ■対象店舗サミットストア 111店舗 (但し次の7店舗は除く、テラスモール松戸店、テラスモール湘南店、戸田公園駅店、戸田駅店、クルネ…

  • 2021.12.05

    初の試みとして、カインズが亀岡市と「環境に関するパートナーシップ協定」を締結。

    株式会社カインズは、2021年12月3日に、京都府亀岡市と「かめおか未来づくり環境パートナーシップ協定」を締結した。 本協定は、「世界に誇れる環境先進都市」の実現に向けた取り組みを推進する亀岡市のビジョンに、カインズが賛同し実現したもので、自治体と環境に関するパートナーシップ協定を締結するのは、カインズとしては初めてとなる。 カインズは、先般策定した「くみまち」構想において、「環境」を、日本の地域やくらしが抱える様々な課題を分類した「くみまち 15 の共創価値領域」の 1 つとして位置付け、2050年までのカーボンゼロ(CO2 排出量実質ゼロ)実現にむけた目標を策定し、カインズのある「まち」の…

1 2 3 4 ・・・ 8
1 2 3