メガセンタートライアル旭川店が12月1日オープン、北海道初のスマートストアが誕生

2021.12.01

トライアルホールディングス傘下のトライアルカンパニーは12月1日、スマートショッピングカートやAI(人工知能)カメラを実装した北海道初のスマートストアとして「メガセンタートライアル旭川店」をオープンした。

また、同日に近隣のスーパーセンタートライアル神楽店、スーパーセンタートライアル永山店にもスマートショッピングカートを導入した。

旭川店には自社開発のスマートショッピングカートを約200台、リテールAIカメラを約100台導入する他、デジタルサイネージも約150台運用し、「レジ待ち無し」「お客様と商品のマッチング」など、リアル店舗の機能拡張や価値増大を図る。

スマートショッピングカートは専用のプリペイドカードをカートに登録の上、付属するスキャナーでお客自らが商品バーコードを読み取りながら買物をしていく。精算の際は、専用ゲートを通過するだけで、キャッシュレスで会計を済ますことができるようになっている。お客にとってはレジ待ちの時間を大幅に短縮すると共に、通常のレジで行われる商品登録や会計の手順が省かれているため、店舗オペレーションにとっても省力化の実現につながる。

また、スマートショッピングカートは売場でスキャンした商品に応じたレコメンドをカート付属のタブレット画面に表示したり、その場で使えるクーポンを配信したりといった機能も搭載している。

スマートショッピングカートは、全国270店舗のトライアルのうち54店舗、合計約5800台が稼働している。

また、リテールAIカメラは小売店での使用に特化したAIエンジン搭載カメラ。商品棚の監視やお客の店内での動線分析を行うことで、発注や補充オペレーションの最適化を図り、お客が「欲しいものを」「欲しいときに」買うことができる、快適な売場づくりにつながる打ち手を探る際の大きな武器となる。

リテールAIカメラはトライアル65店舗、合計約3900台が稼働している。

また、デジタルサイネージについては積極的に活用。店舗全体もしくは売場単位で、全ての機体が同一の音声付き動画、静止画を表示する「フィーバータイム」、惣菜売場で作りたて、揚げたて商品の品出しを知らせる「出来たて動画」など、お客に新たな価値を提供するためのさまざまな試みに積極的に取り組んでいく。

デジタルサイネージは、トライアル42店舗で約1400台が稼働中。

同社が目指すのは、最新テクノロジーによる「リアル店舗のメディア化」だという。リアル店舗での買物は、約8割が「非計画購買」(入店前に購入を計画していなかった商品について、店内で購入を決定すること)との説もある。

そのような中で、スマートショッピングカートのレコメンドやクーポン配信、デジタルサイネージを活用した独自コンテンツでの訴求といったリアル店舗のメディア化をテーマとした取り組みを実践することで、非計画購買への働きかけを促進していく。最終的には商品とお客のマッチングを促進し、お客の買物体験の向上を図る。

惣菜などでは取扱商品のローカライズも実施

また、トライアルは全国各地に店を展開していることもあり、取扱商品のローカライズも進めている。今回は、旭川店、永山店、神楽店限定で「小樽仕込み北見産たまねぎ天」「でっかい鶏ザンギ弁当」「十勝風豚丼」といった地域に根差した惣菜商品の販売も開始する。

トライアルグループの明治屋はオリジナル惣菜ブランド「こはく本舗」を展開している他、食のプロが作ったレシピをもとにした店内調理の惣菜を展開。その他も含め幅広い商品を取り揃えることで、生活必需店として「欲しいものが欲しいときに買える快適な店舗づくり」を目指していくとしている。

小樽仕込み北見産たまねぎ天
でっかい鶏ザンギ弁当
十勝風豚丼

メガセンタートライアル旭川店概要

オープン日/2021年12月1日

所在地/北海道旭川市6条通14-64

営業時間/24時間

駐車場/730台

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。