イオンモールでOMO実証実験。アイリッジ、三菱商事UBSリアルティなど共同で実施

2022.04.22

2021.12.24

株式会社Flow Solutions、株式会社アイリッジ、日本都市ファンド投資法人(資産運用会社:三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社)は、イオンモール株式会社が2021年11月27日に「mozo ワンダーシティ」に新たにオープンしたサステナブル&OMO体験ポップアップストア「mozo SUSTAINABLE PARK」の実証実験プロジェクトに参画。

今回の実証実験では、オフライン(mozoワンダーシティ施設内)とオンライン(mozoワンダーシティが運営するECショッピングモール「mozoPLUS」内)にポップアップストアを出店し、双方を連動した新しい買い物体験を提供。さらに、Flow Solutionsが提供する店頭カメラソリューションとmozoワンダーシティ公式アプリ「mozoアプリ」に導入されたアイリッジのファン育成プラットフォーム「FANSHIP」との連携により行動データをオフラインとオンラインで統合的に分析する試みを行う。

今回、商業施設にて顧客の行動データをオフラインとオンラインで統合的に分析を行うシステムを検証。本実証実験ではポップアップストア内に設置された9個のカメラを通じて取得したオフライン行動データと「mozoアプリ」のチェックイン機能によって取得したアプリの顧客IDと紐づけることで、オフラインとオンラインを統合しながら顧客行動を分析を行う。

顧客単位での行動データの分析が可能になることで、リアル店舗と独自ECプラットフォームを有するSCならではの新しい買い物体験の魅力向上の実現を目指す。

例えば、手に取って試したものの購入を迷って棚に戻した商品のある顧客に、データに基づく施策が行えるアイリッジの「FANSHIP」を通じて、後日アプリでEC在庫をお知らせしたり、該当商品のクーポンを提案したりするなど、店舗とアプリを跨いだシームレスな接客が可能になるという。

■「mozoアプリ」について

mozoアプリはmozoワンダーシティでのお買物額に応じてポイントがたまる会員アプリで、現在の会員数は約12万人。クーポンやプッシュ通知機能があり、アプリ会員限定企画も数多く実施。たまったポイントはmozoPLUSで利用することも可能。今回の「mozo SUSTAINABLE PARK」でもチェックインした会員様にはmozoアプリポイントをプレゼント。

実証実験の実施詳細
期間:2021年11月27日(土)~2022年2月28日(月)
時間:10:00~18:00
場所:mozoワンダーシティ1F ウェストコート
商品展示ブース数:2ブース
出店ブランド数:期間中11ブランド前後
「mozo SUSTAINABLE PARK」内でmozoアプリにチェックインし、チェックインカウンターのQRコードを読み込むと、10ポイント獲得できる。

■ 「mozo SUSTAINABLE PARK」について

サステナブルをテーマに魅力的な商品・イベント・情報をお届けしていくmozo独自の新しいサービス。本実証実験では、mozoワンダーシティ施設内1F「ウェストパーク」とECプラットフォーム「mozoPLUS」の双方にポップアップストアを設置して、オフラインとオンラインが連動した買い物体験を提供。出品される商品は、当施設内テナントの中からキュレーションされるサステナブル商品や今回新たに参加するサステナブル企業による期間限定商品が揃う。また、物販だけではなくサステナブルをテーマにした各種イベントも開催予定。

mozo SUSTAINABLE PARK 特設サイト: https://www.mozo-wondercity.com/lp/sustainable-park/

■ 「mozoPLUS」について

mozoPLUSは、2021年8月にスタートしたmozoの公式ECショッピングモール。いつでも、どこでも、mozoの商品を購入したり、出店テナントが配信する動画を閲覧することができる。今回はその中に「mozo SUSTAINABLE PARK」として、ポップアップストアが登場、オンラインでもサステナブルな期間限定商品 を楽しむことが可能。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …