ベイシアとマルハニチロが中性脂肪を下げる生のカンパチを「機能性表示食品」として発売開始

2021.04.05

ベイシアは4月7日から、「機能性表示食品」の生のカンパチの販売を、一部店舗を除く自社店舗で開始した。マルハニチロが鹿児島県の奄美大島、桜島にあるマルハニチログループの養殖場で養殖するDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)を含有するカンパチについて、中性脂肪を下げる効果がある「機能性表示食品」として表示、販売する。

商品名は「生鮮プレミアム 活〆かんぱち」。価格は、サクが100g当たり本体価格498円(総額538円)、スライス(刺身)が7切れ同398円(同430円)。

刺身(イメージ写真)

ベイシアとマルハニチロは、鮮魚における機能性表示食品の開発に取り組んできたが、このたび、ベイシアが生鮮食品区分で機能性表示食品の届出を行い、届出先の消費者庁より受理された。届出表示は、「本品にはDHA・EPAが含まれます。DHA・EPAには中性脂肪を低下させる機能があることが報告されています。」。

機能性関与成分は、50g当たりDHA310mg、EPA120mg、計430mg(マルハニチロのデータ、気象などの影響によって表示値を下回る場合もある)としている。

生鮮食品も技術を生かしたさまざまな差別化の時代に突入している。

関連記事

お役立ち資料データ集

セミナー