ロピアとコストコ、尼崎の共存に「多くのお客でにぎわう店」の理由を探る

2021.10.05

城取フードサービス研究所代表 城取博幸

ロピア尼崎島忠ホームズ店

ロピア、コストコは「低価格+オリジナル商品」が基本

尼崎にはコストコとカルフールを引き継いだイオンの総合スーパー(GMS)、昨年10月にオープンしたロピアが隣接して出店している。

ロピアのオープンから9カ月ほど経過した同エリアに訪れてみた。ロピアは肉が強いだけでなく価格も安い。常に安い価格で販売している印象だ。

売場で注目した商品に子会社である利恵産業の冷凍レディミールがある。冷凍平ケース2本を使い、ファミリー向け冷凍レディミールを約10種類販売していた。2、3人前の容量で価格は980円~と安く設定している。包装形態は耐熱トレーに料理を盛り付け冷凍、その上に写真付きの紙包装を行うことで高級感を出している。

加工肉の売場に目をやると、ロピアオリジナルの品揃えが目立つ。ロピア多田工房(神奈川県平塚市)製造の「燻製荒挽ウィンナー」「燻製ベーコン」「串付フランク」などを販売。燻製ウィンナーには「100%国産原材料肉を使用しています」と書かれている。売場を見るとよく売れている。

惣菜の平台では箱入りのピザ各種が山積みで販売されている。弁当は豚バラ焼肉弁当を380円、ヒレカツ弁当を380円と、肉たっぷりの弁当を低価格で販売。訪店日の売場では「ひれかつ」と「卵入りミートローフ」に注目した。

「ひれかつ」(180円、3枚)。インストア製造のヒレカツが3枚、特製ソース付いて180円は安いと感じる。豚ヒレ肉のトリミングがしっかりされているため筋がなく、肉厚でとても柔らかい。コーナー化して縦割り陳列している店もある。これは価値のある商品と感じた
「卵入りミートローフ」(480円)。「店内で焼き上げました」とある。ひき肉の中央にゆで卵を入れて味付けひき肉をオーブンで焼いたもの。特製ソースがかかっている。手に取ればずっしりと重い。つなぎも少ないせいか肉の味、食感が楽しめる。スーパーマーケットでは肉のオーブンメニューが少ないが、ロピアはオーブンをフルに活用している

寿司は、本マグロ握り寿司18カンが2200円、ミナミマグロ使用寿司盛り合わせが2200円、マグロ海鮮ちらし寿司大型パックが990円など、たねにこだわった寿司を販売。

ソース、調味料の品揃えは見事

ロピアではつい生鮮食品に注目してしまうが、ドライ食品、特に調味料の品揃えも充実している。品揃えは有名店の名を冠したたれや調味料、輸入品などが多数品揃えされ、飽きない売場をつくっている。さらにロピアオリジナルのガーリックソルト、ハーブソルトはミル付きで99円と低価格で販売。「ロピアのソース売場は一見の価値あり」と言えそうだ。

「ロピアお肉屋さんのにんにくステーキだれ」(225g298円)。大分県臼杵市の富士甚醤油の和風タイプのステーキソース。しょうゆ、大根、玉ネギ、ニンニク、リンゴなどを使ったもの。ニンニクの風味が強い大人のステーキソースだ。ニンニクはすりおろしと角切りの両方を使用
プルコギ ヤン(400g439円)。韓国の焼肉たれ辛口。肉をたれに漬け込んでたれごと焼く「プルコギ」のたれ。少し甘いが、肉は柔らかくなる。リンゴが入っているためあっさりとした味
「ニクポン」(300㎖399円)。焼肉のたれ、漬け込みたれ、鍋つゆ、ハンバーグ、お好み焼きソースなど幅広く使えるソース。原材料は何か特別なものを使っているわけではないが、独自の配合で特徴を出している
バッファローウィングソース(354㎖999円)。ニューヨーク州バッファローで生まれた「バッファローウィングチキン」のたれ。鶏の手羽先をカリカリに油で揚げて専用たれを絡めたもの。名古屋の手羽先唐揚げのようなもの
マキシマムナチュラルスパイス(50g299円)。宮崎県北諸県郡の中村食肉製造のオリジナルスパイス。ナツメグ、クミン、パプリカの他にカツオエキス、昆布だし、しょうゆなどの和のテイストも加えられている。うま味調味料、着色料、保存料は無添加
コストコ尼崎倉庫店

コストコは、常に新商品を導入している。「コストコワールド」に新アトラクションが登場したようなものだ。お客は目当ての商品の他に「何か新しいもの」を期待して店を訪れている。ロピアもコストコも関西という土地柄もあるかもしれないが、お客の興奮した会話があちこちで聞こえる。

コストコでも調味料に注目したが、おもしろい商品が販売されている。

ガーリックソルト(935g1098円、総額)。原材料は食塩、ガーリック、砂糖、パセリと至ってシンプル。ガーリックを使う料理に便利に使える。この他に従来品のガーリックスプレッドシーズニング(510g)は798円(総額)で販売。日本は湿気が多いので早めに使い切る必要がある
「本格プロの味プルコギたれ(840g×2本848円)。韓国のCJ FOODSの商品。肉、野菜、たれを混ぜて焼くだけ。チャプチェのたれにも使える。ナシピューレやリンゴピューレを使っているためさわやかな後味。パレットでは段ボールカットして2個入りを大量陳列。同じ商品は、ロピアでもばら売りされていた

「探検」「冒険」を求める消費者

ネットスーパーや生協の宅配がスーパーマーケット(SM)の売上シェアをこれまで以上に奪っている。そもそも、重いもの、大きいものはネットスーパーや宅配で買った方が苦労して家まで運ぶ必要がない。

しかし、その店にしかないオリジナル商品の品揃え商品にはお客はわざわざ店に足を運ぶ。ロピア安いだけでなく肉に強みを持ち、お客は自分の目で価格と品質を確かめに店を訪れる。

一方、コストコはアメリカ産の商品や輸入商品などの珍しい商品をよく扱っている。お客は新しい刺激や探検をしにロピアやコストコを目指すのだ。

お客は幾つかのパターンに分類できる。①直接目的の売場に向かうお客、②探検をするお客、③ただ何となく店に来ているように見えるお客。

ロピアやコストコは②の探検をするお客が多く集まっているように見える。その噂を聞いて③のお客が集まって、結果、多くのお客でにぎわっているように思うのだ。

SMのどこにもある品揃えに飽き飽きしている消費者が「探検」「冒険」をしにやってくる。そこで、「驚き」「刺激」を味わっている。それがにぎわいの理由でもあるかもしれない。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」