シリーズ_改めて考えたい「よく使っている言葉」の定義 第2回「インダストリアル・エンジニアリング(IE)」

2020.10.28

きむらマーケティング&マネジメント研究所 木村 博

インダストリアル・エンジニアリング(IE)は「よく使っている言葉」というより「使っていた言葉」と言った方が正確かもしれません。業務改善で有名なトヨタ、イトーヨーカ堂、サミットにはIE部(室)という部署がありました。

IEは思考力を鍛える、業務を効率化する、そしてマネジャースキル向上を支援してくれる技術です。

IEはIndustrial Engineeringの頭文字です。日本語では科学的管理技術や管理工学と呼ばれています。IEは業務の効率化、コスト削減には不可欠な技術で、業務のIT化、そしてDXの前提技術となります。

現在ではIEというとインターネットエクスプローラをイメージする人が多いでしょう。しかし、IEをしっかり活用して欲しくて、今回取り上げました。

効率化、コスト削減に不可欠なIEの領域とは

IEのスタートは、1910年米国のミッドベール製鋼会社の工場職長であったテーラーの活動です。作業効率が悪いのは作業者任せにしていることが原因と位置づけ、時間研究を中心にした科学的管理手法の概念が考案されました。

その後、ギルブレス夫妻による動作研究で動作種類の体系化とその分析手法、すなわちサーブリック分析が確立され、行程分析の基礎が出来上がりました。

IEはワークメジャメント(Work Measurement)とメソッドエンジニアリング(Methods Engineering)の2つの領域から構成されます。

ワークメジャメントはテーラーの時間研究が出発点で、「測定の技術」と言われます。狭い概念ではタイムスタディ、標準時間設定の領域を指し、広い概念では現場のいろいろな事実、問題、目標などを見える化することを指します。

一方、メソッドエンジニアリングはギルブレスの動作研究が出発点で、「改善の技術」と言われます。狭い概念では作業改善の原理を指し、例えば、動作経済の原則、前作業・本作業・後作業の原則などが代表的原則です。

広い概念ではPDCAサイクル、目標管理、業績管理などマネジメント技術の基礎領域を言います。

IEは「現場にこだわる」「問題が見えることにこだわる」「そもそもの原理にこだわる」の特徴があり、業務の効率化、コスト削減に大変貢献します。

ワークメジャメントで見える化、メソッドエンジニアリングであるべきワークフロー化

ワークメジャメントの見える化手法の代表格に「分かりやすいムダ、分かり難いムダ」の概念があります。工場では手待ちを「分かりやすいムダ」と位置づけ、手待ちを発生させることで、作業手順のムダ、在庫のムダ、ミス発生のムダなど「分かり難いムダ」の存在を明らかにします。

そうすることで、改善を進めるに当たり、問題を見えるようにすることを実現しています。トヨタの業務改善では有名な話ですね。

この「分かり易いムダ」は小売業では歩行です。発生している歩行に着目することで、品出し作業の段取りが悪い、発注作業の段取りが悪い、加工作業の段取りが悪いなど「分かり難いムダ」の存在を見える化し、なぜ、その歩行が発生しているのかと分析することで、業務改善活動を促進し、効率アップに貢献します。

また、メソッドエンジニアリングの改善原理である「廃止、簡素化、標準化、計画化」を使用することで、業務のIT化のためのあるべきワークフローが作りやすくなります。

廃止は業務の目的を問うことです。業務の目的があいまいならば止めるということです。業務の目的が適切で業務として存在させるならば、その業務は簡単かと問うのが簡素化です。簡素化された業務は方法の種類は少なければ少ないほどいいので、標準化します。その後、ピーク時業務量とオフ時業務量の差を最小化するため、計画化します。

業務目的があいまいなものをIT化したら、ムダな業務をIT化することになります。簡素化されていない業務をIT化すれば、システムが複雑になります。標準化されていない業務をIT化すれば、システムの種類が増えます。計画化されていない業務をIT化すれば、ピークに合わせたシステムとなり、必要容量が増えてしまいます。「廃止、簡素化、標準化、計画化」をしないIT化は効率の悪いシステムとなってしまうでしょう。

しかし、「廃止、簡素化、標準化、計画化」した後のワークフローはシンプルで、効率化、コスト削減に貢献できるものになるはずです。

IEはこれから経営革新技術を学ぶ若い人にとって、大変貴重な基礎技術となるはずです。是非、IEに興味を持って、情報収集し、自社業務の効率化、コスト削減を実現してください。そして、IT化、またその先のDXを成功させてください。

きむら ひろし 1954年千葉県生まれ。早稲田大学卒。83年日本能率協会コンサルティング入社、90年チーフ・コンサルタント。2005年きむらマーケティング&マネジメント研究所を設立。小売・流通企業、サービス企業における企業理念・中期経営計画策定、マネジメントシステム構築、マーチャンダイジング革新、店舗オペレーション革新、ストアマーケティングなどを指導。次世代の売場づくり、買物行動分析、店長現場力アップ、チーフの改善スキルアップなどに取り組んでいる。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。