シリーズ_改めて考えたい「よく使っている言葉」の定義 第6回「検証」には2つの検証がある

2021.02.25

2021.02.26

KMAきむらマーケティング&マネジメント研究所 木村 博

PDCAサイクルという言葉があります。そのため、「検証」は実施後の検証だけに目を向けがちです。実は、検証には「計画段階の検証」「実施後の検証」があります。皆さんは実施後の検証だけをやろうしていませんか?

「これをやればいいんだ!」と対策が出てきた瞬間、油断せず、即座に以下の検証をして、発想できた対策の精度を上げます。これを「計画段階の検証」といいます。

計画段階の検証は【納得性】【十分さ】【実現可能性】の3つの視点で行う

計画段階の検証は次の順番で検証します。慣れてくるとこれらを瞬時に行えるようになります。ごく当たり前の自然の流れです。

①納得性の検証

よい対策のはずですから、納得してどんどん前に進めたいです。自信を持って進めたいです。誰に質問されても自信を持って説明したいです。鋭い経営者が言う「本当か?」の問いに答えられるようになりたいです。【前提となる事実、問題は本当か】と問うことが納得性の検証であり、その事実、問題を正しい根拠で証明できることが求められるのが納得性の検証です。

②十分さの検証

事実、問題、対策に納得できたら、その対策が、やるからには十分であって欲しいですね。不十分ではもったいないです。「確かにいいことが起きる」確証が欲しいです。

十分かどうか、検証するためには【目標】が必要です。この検証場面で目標設定していない人は、目標がないことに気が付きます。

通常、マネジメントに慣れている人は取り組みの最初、または問題が明確になり始めた段階で目標設定します。この検証段階でも遅くないので、目標を決めましょう。「品出し時間を半分にしたい」とか、「残業が出ないようにしたい」「スケジュール通りに作業が終了するようにしたい」というものです。

また目標の表現は定量的であることが、十分さ検証の条件になります。

③実現可能性の検証

対策が「十分だ」となったら、最後に【本当にできるのか?】と問うて、確認します。十分な対策を考え出すと、できもしない対策まで出してしまいがちです。現場の根拠のない「やります」「頑張ります」が一番危ないのです。

この計画段階の検証は、自分の対策の精度を上げることに役立ちますが、この視点で、仲間が考えついた対策について質問してあげると一層対策精度が上がります。腕前のいい上司はこの視点で「本当か?」「十分か?」「できるの?」とコミュニケーションします。

【本当?】【十分?】【できる?】と、本能的にこの順番で考えられるようになりたいものです。

実施後の検証

実施後の検証は、【検証は計画順守度】【計画の的確性】【成果創出度】【動機付け】の4つの視点で行います。PDCAサイクルで通常行っている検証です。

①計画順守度の検証

計画の順守度は、」計画どおりできたこと、できなかったことを明らかにし、その原因を分析します。この計画順守度の検証は忘れがちです。計画どおりにやっていないのに、計画が的確だったかの検証をする人を見かけます。やっていないのにあたかもやったように検証することなどあり得ません。

この計画順守度の検証は、販売計画数と発注数(EOSデータ)を比べることで行います。これによって計画を守っているかが分かります。 

②計画の的確性の検証

計画の的確性は、自分が考えた対策、スケジュールなどが正しかったかを判断します。この段階で、販売計画数と実際の販売数(POSデータ)とを比べることになります。EOSデータとPOSデータの役割を間違えないようにしたいものです。

EOSデータは計画順守度の検証に使用し、POSデータは計画の的確性の検証に使用します。

③成果創出度の検証

成果創出度は、そもそもの目的に貢献したかを確認します。計画を立案した時、解決したいと思った問題があったはずです。その問題が本当に解消したのかを確かめます。

④動機付けの検証

そして、動機付け度は取り組みに参加したメンバーのやる気に貢献できたかを確認します。

きむら ひろし 1954年千葉県生まれ。早稲田大学卒。83年日本能率協会コンサルティング入社、90年チーフ・コンサルタント。2005年きむらマーケティング&マネジメント研究所を設立。小売・流通企業、サービス企業における企業理念・中期経営計画策定、マネジメントシステム構築、マーチャンダイジング革新、店舗オペレーション革新、ストアマーケティングなどを指導。次世代の売場づくり、買物行動分析、店長現場力アップ、チーフの改善スキルアップなどに取り組んでいる。

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。