日本企業におけるDXの課題とは?経産省のDXレポートなどを参考に解説

2022.01.05

現代社会では、5Gやスマートフォンの普及、新型コロナ対策や働き方改革の影響もあり、DXの推進が強く求められている。日本企業においては、DXに関する危機意識やデータ活用不足、既存システムを維持運用する負担などが課題となっている。

本記事では、経済産業省が2018年に公表した「DXレポート」と、その2年後の2020年12月に中間報告書として公表した「DXレポート2」を参考に、DXを推進するに当たって、日本企業が直面しやすい課題を解決していく。

DXとは

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、IT専門調査会社のIDC Japan株式会社の定義によると、企業がクラウドやソーシャル技術などを利用して、新しい製品・サービスやビジネスモデルを通じてネットとリアル両面での顧客体験の変革を図り、価値を創出して競争上の優位性を確立しようとする考え方のことである。

我が国においても、企業の競争力を維持・強化していくために経済産業省が主導してDXを推進している。IDC社は、現在はデジタルイノベーションを加速・拡大してITと新たなビジネスモデルを構築する「イノベーションの拡大」の時期にあたるとして、企業が生き残るためには、DXを実装する第3のプラットフォームの構築において、開発者とイノベーターのコミュニティを創生し、多種多様なデシタル技術やITを活用することが重要であると述べている。

IT化との違い

DXはIT化と混同されがちであるが、IT化は今までアナログで行われていた業務をデジタルに置き換えることである。DXもIT化も、生産性や業務効率の向上につながるものであるが、IT化はDX推進のための手段として用いられるものであるため、IT化を行ったからといって一概にDXを推進したとはいえない。

IT化は、業務時間の減少やプロセスの自動化など業務の量的変化を生むが、DXはデジタル技術を活用することで、サービスやビジネスモデルそのものに変革を起こす質的変化を生むのが特徴である。

なぜDXの推進が必要とされているのか

近年はデジタル技術の普及により、大企業から中小企業・零細企業問わずIT化は比較的取り入れられている。しかし、経済産業省が推進しているのはIT化ではなくDXである。単なるIT化ではなく、DXの推進が必要とされているのはなぜか。ここからはその理由を詳しく解説していく。

2025年の崖の回避

経済産業省が設置したデジタルトランスフォーメーションに向けた研究会が2018年にまとめたDXレポートによると、現状のままDXを推進できない状態が続くと、システムの老朽化やIT人材不足の拡大などにより、2025年以降1年に最大12兆円の経済損失が生じる可能性が指摘されている。

この「2025年の崖」を回避しなければ、世界的なデジタル競争での競争力の低下や、システムトラブルなどのリスクの高まりが危惧される。2025年までを目処に、集中的にDXを推進していく必要がある。

市場環境の変化

近年、さまざまな産業において、IoTやAI、クラウドなど、新たなデジタル技術を活用する可能性が広がっている。それぞれの産業の新規参入者の中には、タクシー配車アプリのUberのような、新たなデジタル技術を活用して従来にはないビジネスモデルを展開するゲームチェンジャーと呼ばれる新規参入者が続々と登場している。これらに対応して競争力を維持・強化していくためにはDXの推進が不可欠であるといえる。

日本企業におけるDXの現状と課題

2018年にDXレポートが発行されて以降、日本企業においてもDX推進の重要性や現状に対する危機感を持つ企業は増加している。しかしながら、2020年12月に公表されたDXレポート2では、多くの企業がDXにまったく取り組んでいないか、取り組み始めた段階に留まる現状が報告されている。

以下では、DXレポートでも取り上げられている、日本企業がDXを推進するうえで直面しやすい課題について言及する。

変革への危機感の低さ

「DXレポート2」では、業績が安定している状況では変革に対する危機意識が芽生えず、危機感が高まったときはすでに業績が不調に陥り、変革に必要な投資体力を失っているという状態を、企業の変革に対する「危機感のジレンマ」としてDX推進が進まない要因としてあげている。

また、独立行政法人情報処理推進機構が作成した「DX推進指標自己診断結果の分析レポート」によれば、DX推進指標の自己診断に取り組み、結果を提出した企業の中でも、95%の企業はDXにまったく取り組んでいないか、取り組み
始めた段階であり、全社的な危機感の共有や意識改革のような段階に至っていないとしており、変革に対する危機感の低さが垣間見える現状を報告している。

DXに対する危機意識の有無が、DX推進の出発点に存在する課題となっていることが伺える。

DXに関する知識の不足

DXに関する知識の不足は、DX推進の大きな足かせとなる。特に中小企業においては、経営層がITやDXの重要性を理解できていないケースもある。DXとは何かということについて知らなければ、どのようにDXを企業活動に活用できるのかも分からず、DXを推進していくことは難しい。「DXで何ができるのか」「どうすればDXになるのか」というDXに関する基本的な知識を持ち、「DXを推進して企業をどのように変革していくか」というビジョン、ビジネス戦略を具体的に描かなければならない。

既存システムの保守

経済産業省によるデジタルトランスフォーメーションに向けた課題の検討によれば、現在、IT関連費用の80%は既存のシステムを維持管理していくための費用として使われている。

このような状態に陥っている原因の1つに、既存システムの老朽化・複雑化・ブラックボックス化が考えられる。

8割以上の大企業に老朽化したシステムが残存しているとされる。短期的な観点でシステム開発や改修を繰り返した結果、保守・運用費が増大し、技術的負債としてIT関連費用を増大させている一端となっている。DXを推進させるためには、この技術的負債を解消させ、攻めのIT投資を行わなければならない。

IT人材の不足とベンダーへの丸投げ

我が国では、ITエンジニアの7割以上がベンダー企業に偏在しており、DXを推進するためのIT人材を確保することも課題の1つとされている。少子高齢化が進む中で新人の採用も困難になり、めまぐるしく進化していくIT技術に対応するための人材育成も求められる。

このようにユーザー企業にITに精通している人材が不足していることで、システム開発やDXに関する要件定義からのすべてをベンダー企業へ丸投げになり、これがベンダー企業とユーザー企業のすれ違いやトラブルの原因とななったり、開発の失敗や訴訟問題にまで発展するケースも指摘されている。

DXの推進に必要なこと

上述の通り、企業がDXを推進していくためには、さまざまな課題があることがわかった。これらの課題を解決できれば、日本企業のDXをさらに推し進めていけるだろう。そこでここからは、これらの課題を解決しDXを推進していくためのポイントを簡単に紹介していく。

DXを理解しビジョンを明確にする

DXを推進していくためには、DXでどのように新たな価値を生み出すかや、どのようなビジネスモデルを構築すべきかについて、経営層が明確にビジョンを描き、経営戦略を打ち出す必要がある。

DXのプロジェクトは部門を横断した全社的なプロジェクトになることも少なくない。そのような時にトップが明確な方向性を示してリーダーシップを取ることで、異なる利害関係を持つステークホルダーの意思統一もスムーズになりやすい。

そのためにも、まずは経営層がDXについてより深く理解することが求められる。経営層がDX丸投げするのではなく、強いコミットメントを持って取り組むことで、それらを共有するステークホルダーも明確なビジョンにむけて行動できる。

DX推進の全社的な体制整備

DXは、社内のIT部門に限定される話ではない。しかし、現在の企業では全社的な体制整備ができておらず、情報システム部門がほぼ単独でDX推進部門となっているケースや、各部門の連携がとれておらず、それぞれの部門でそれぞれが実現したいDXについて取り組んでいるケースもある。

また、DX推進による既存システムの刷新は、現場サイドからの反発がある場合もあり、社内の方向性が1つに定まらないこともDX推進の足かせとなり得る。

そのため、前述の通り、DXを推し進めるためには経営層がリーダーシップをとり、社内全部門が一丸となってDXに取り組める体制を整備することが重要である。

既存のシステムを分析・評価してシステムを再構築する

前述の通り、現在企業内で利用されているシステムのなかには、長年の利用により老朽化していたり、度重なる改修で複雑化・ブラックボックス化したりしているシステムも多くある。

これらの既存システムを放置していると、維持管理費がかさむだけでなく技術的負債を抱えることになる。

これらを改善し、DXを推進するにはこういった既存システムを再構築しなければならない。そのためには既存システムを機能ごとに分析・評価して、どの機能を刷新しどの機能を削除するか検討していくことが必要である。また、システムの再構築の際はそれぞれの既存システムをそのまま更新するのではなく、経営戦略や業務に合せて全社的な業務プロセスを改善し、全体最適化を目指す必要がある。

DXの効果的な取り組み事例

ここからは、実際の日本企業が取り組んだDXの中で効果的なものをピックアップし紹介していく。これらの企業は、経済産業省が東京証券取引所と共同で選定した「DX銘柄」に選ばれている。企業価値の向上につながる仕組みを構築し、優れたデシタル活用の実績が表れている企業である。

株式会社小松製作所の取り組み:DXスマートコンストラクション

株式会社小松製作所では、「モノ(機械の自動化・自律化)」と「コト(施工オペレーションの最適化)」両面からDXを推し進めている。ドローンでの測量やICT建機による施工など、施工を部分的にデジタル化する「縦のデジタル化」だけでなく、施工の全工程をデジタル化させる「横のデジタル化」を目指す。施工を最適化させるシミュレーションアプリやダッシュボードアプリなどの開発・導入によって、リモートでも建設現場の状況を把握できるようになった。

東日本旅客鉄道株式会社の取り組み:チケットレス化の推進

東日本旅客鉄道株式会社は、利用客が移動のために行う検索・手配・決済をオールインワンで行える「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」を構築して、「シームレスな移動」「総移動時間の短縮」「ストレスフリーな移動」を目指している。

2020年3月から、JR北海道やJR西日本とともに、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線で「新幹線eチケットサービス」を提供開始した。予約情報の管理・認証を行うセンターサーバーを構築し、クラウド技術を活用したシステムである。新幹線自動改札機に交通系ICカードをタッチすると予約情報が照会され、改札機が開閉されるため、新幹線をチケットレスで利用できる。

日本瓦斯株式会社の取り組み:DXによる業務効率化

日本瓦斯株式会社は、LPガス事業において顧客のガス消費データをリアルタイムで取得するシステムを開発することで検針を自動化させた。さらにそのデータをハブ充填基地や車両等と連携させるデジタルツイン技術によって、ガス充填やボンベ配送のタイミングを最適化させている。

また、ガスボンベの行き先の自動振り分けシステムなど、自動化による業務効率の向上を進めている。その他、スマホアプリや受発注システムなど顧客や取引先とのコミュニケーションのデジタル化やペーパーレス、キャッシュレスを推進したり、完全デジタル営業所を開所したりしている。

中外製薬株式会社の取り組み:AI創薬への取り組み

中外製薬株式会社は、DXで「創薬」「開発」「製薬」「Value Delivery」「成長基盤」の改革を目指している。中でもAIやロボティクスなどを活用したAI創薬への取り組みでは、抗体プロジェクトに機械学習を用いて最適な分子配列を得るAI創薬支援技術を開発した。また、機械学習を用いた病理画像の自動認識などによって、研究プロセスを効率化させている。

課題を把握することがDX推進の第一歩

DXは企業の競争力を高めたり、業務の効率化やコスト削減を推進できたりと、企業にとっても重要かつメリットの大きい取り組みである。しかしながら、従来の業務体制を一新させたり、新たな価値を創造したりする大きな変革が伴うため、経営層のためらいや現場からの反発など、DX推進を妨げる要因も少なくない。

そんな中でDXを推進し、競争力を維持・強化していくためには、まず自らの企業がDXの推進に対してどのような課題を抱えているのかを把握する必要がある。DXに関する課題は、企業の業種や経営層、企業風土などによっても変わってくるため、ここで挙げられた課題が必ずしもすべての企業に当てはまるとはいえない。しかし、課題を正しく把握できれば、その解決方法もはっきりするため、DX推進につなげられる。

お役立ち資料データ

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。

  • 10の成功事例から学ぶ|小売業界DX・IT活用

    1.Amazon Go 2.Home Depot 3.Walgreens など 海外・国内の主要な成功事例について、分かりやすくまとめているのが本資料です。 成功事例の参考としてお役立てください。

  • 23社分まとめ読み!多店舗オペレーション改革事例集

    【PR】株式会社ドリーム・アーツ 成城石井様、アダストリア様、日本調剤様などの成功事例を収録。 「Shopらん」は39,000店舗以上でご利用いただいている、チェーンストア業界シェアNo.1のサービスです。 アパレル、外食、サービスなどさまざまな業態のお客様にご活用いただいています。 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例23社分を収録しています。 ■収録企業の一部をご紹介! ▼物販・量販店 ・株式会社成城石井 様 ・株式会社エディオン 様 ▼アパレル・専門店 ・株式会社アダストリア 様 ・アシックウォ―キング 様 ▼飲食 ・株式会社すかいらーくホールディングス 様 ・株式会社…