業界知識

  • 2022.06.29

    バイヤーとは?仕事内容や必要なスキル、やりがいなどを解説

    バイヤーは、小売業界、アパレル業界をはじめ幅広く業種で活躍している職種だ。また、バイヤーの仕事は商品の買い付けを行うだけにとどまらない。取扱い商材に関わるさまざまな業務がバイヤーには求められるため、バイヤーには目利きをはじめ、多くのスキルが必要となる。この記事では、バイヤーとは何かに加えて仕事内容、必要なスキル、バイヤーの仕事のやりがいやバイヤーになるための方法を解説する。バイヤーという職種の理解にぜひ役立ててほしい。 バイヤーとは バイヤー(buyer)とは、おもに店舗で取り扱う商品の買い付け(バイイング)や管理を行う職種を指す。バイヤーといえば、百貨店やセレクトショップで取り扱う商品の買い…

  • 2022.06.28

    棚卸しとは?意味や目的、重要性、注意するポイントなどを解説

    商品在庫を取り扱う店舗や事業所では、定められた時期に棚卸しが行われている。棚卸しは適切な在庫管理および販売利益の把握につながる重要な作業だ。一方で作業手順や目的が不明瞭なため、正しく棚卸しが行われていない場合もある。この記事では、棚卸しの概要や目的、重要性、手順や注意するポイントを解説する。棚卸しの作業や在庫管理で課題を持っている場合には、ぜひ参考にしてほしい。 棚卸しとは 棚卸しとは、商品の在庫数量を調査・確認する作業を指す。棚卸しは期首および期末の決算日に行われ、商品の実際の在庫数量と帳簿上の数量が合っているかを確認するほか、材料の数量および品質を調査することで資産を評価する「資産評価」の…

  • 2022.06.28

    在庫回転率とは?計算方法、メリット、改善方法などを解説

    在庫の変動を知り適切にコントロールすることは、売上や顧客満足度に直結する。一方、取り扱い品目が多い、リソース不足などで在庫の動向を正しく把握できないということがあるだろう。在庫の適切な取り扱いや動向を把握するために有効となるのが、「在庫回転率」だ。この記事では、在庫回転率の概要や計算方法、在庫回転率がもたらすメリット、在庫回転率が悪い場合の改善方法を解説する。在庫管理における課題解決にぜひ役立ててほしい。 在庫回転率とは 在庫回転率の概要や特徴について解説する。 在庫の出入りの指標となる数値 在庫回転率とは今ある在庫の金額(棚卸資産)と、すでに販売された商品の原価金額(売上原価)を比較し、ある…

  • 2022.06.24

    売上原価とは?計算方法や業種ごとの考え方、仕訳の方法を解説

    損益計算表の費用科目に含まれている売上原価は、店舗や事業所などにおける代表的なコストであり、財務管理において重要度の高い項目だ。売上原価は業種ごとに含まれる項目が異なり、考え方も違ってくる。 正しい計算方法とともに業種ごとの考え方、仕分けの方法を身に付けておくことが、適切な財務管理につながるだろう。この記事では、ビジネスにおける売上原価の意味や概要に加えて、計算方法や業種ごとの考え方、仕訳の方法を解説する。 売上原価とは 売上原価の意味や概要、含まれる項目について解説する。 売れた商品に対する直接的なコストを指す 売上原価とは、商品の仕入れや製造に直接かかった費用を指す。業種によって、売上売価…

  • 2022.06.24

    CRMとは?意味や必要性、SFA・MAとの違い、代表的なCRMツールも紹介

    CRMは、顧客と良好な関係性を築き、継続していくための施策である。CRMツールを導入することで、多くの顧客情報を一括で管理し、関連部署と共有できるようになる。また問い合わせやアンケート機能などは、顧客とのコミュニケーションツールとしても使える。CRMの必要性やメリット、CRMと似ているSFAやMAとの違い、代表的なCRMツールについて詳しく解説する。 CRMとは? CRMはCustomer Relationship Managementの略で、広い意味では企業と顧客の良好な関係を維持する施策全般、顧客管理を指す。しかしCRMの狭義的な意味では、顧客管理システムやツールを指す場合もある。数多くの…

  • 2022.06.22

    リードタイムとは?ビジネスシーンにおける意味や納期との違いなどを解説

    リードタイムとは、物流や製造業界などにおいて、スタートからゴールまでの期間をあらわす言葉である。リードタイムと似た意味を持つ言葉には、納期がある。納期とリードタイムの違いが明確ではない場合には、違いを知っておくことが大切だ。リードタイムの縮小は、収益の増加や顧客サービスの質の向上に直結する。 だが、実施にはメリットだけではなく、デメリットもあることを知っておくことが重要である。この記事では、リードタイムの意味や種類、リードタイムを縮小する施作のメリットとデメリットについて紹介する。 リードタイムとは?意味と定義、種類 物流や製造をはじめ、多くの業界で使われる「リードタイム」は、一般的に、商品が…

  • 2022.06.20

    CX(カスタマーエクスペリエンス)とは?意味や概要、向上のメリットなどを解説

    カスタマーエクスペリエンスは、CXと略され、「顧客体験価値」という意味を持つ言葉である。 商品やサービスの購入だけではなく、それに関わるさまざまな体験やメリットといった「感情的な価値」を顧客に提供するという考え方だ。似通った製品やサービスが数多く存在する現代社会で、価格や機能以外の面から競合他社との差別化を測れるという点で重要視されている。 CXの向上はブランドイメージの向上やリピーターの獲得につながる。CXの向上には膨大なデータの分析や活用が必要だが、長期的に取り組むことで顧客満足度の向上などにつながると考えられる。 カスタマーエクスペリエンスとは 近年、マーケティングにおいてカスタマーエク…

  • 2022.06.17

    オープン価格とは?定価や希望小売価格との違いやメリット・デメリットを解説

    オープン価格とは、メーカー側が商品の価格を定めずに、小売業者に販売価格を一任する制度、価格のことを指す。定価と実売価格の乖離が大きい家電製品やカメラ、食品などを扱う業界では、オープン価格が多く採用されている。 オープン価格の他にも、商品の価格表示にはいくつか種類があり、それぞれ異なる特徴や意義を持つ。この記事では、オープン価格の意味や他の価格表示との違い、採用するメリット・デメリットを紹介する。 オープン価格とは何か?意味や他の価格表示との違いを解説 商品の価格表示には、オープン価格の他に、定価や希望小売価格、参考小売価格などがある。それぞれメリットやデメリットがあり、価格表示のルールが存在す…

  • 2022.06.08

    チラシが作成できる無料アプリ・ツール等をまとめて紹介|スマホ・PCで手軽に作成

    昨今ではSNSや広告など、ネット集客に注力する企業が増加しているが、チラシを利用して販促を実施する店舗もまだまだ多い。しかし、チラシの作成方法としては、アナログからデジタルへ変遷しつつある。 本記事では、チラシ作成にアプリを利用するメリットを解説した後、スマホ・パソコンに分けておすすめのチラシ作成アプリを紹介していく。 チラシ作成アプリを利用するメリット チラシの作成方法としては手書き、もしくはスマホ・パソコン上のアプリを使用する方法が挙げられる。手書きのチラシには親近感が生まれやすいが、手間がかかるという大きなデメリットも。 その一方で、チラシ作成アプリを利用することにはどのようなメリットが…

  • 2022.06.01

    オンライン接客とは?概要やメリット・デメリットを、事例と併せて解説

    コロナ禍において、ビジネスの仕方が大きく変わってきている。オンライン接客もその一つだ。直接対面で営業を行うかつての方法は減少傾向にあり、オンラインでのサービスやセールスを取り入れる企業が増えた。 オンライン接客にはメリットだけではなく、もちろんデメリットもある。オンライン接客を成果に結びつけるためのポイントや事例を紹介する。 オンライン接客とは 感染症対策のために、今まで行ってきたような対面での接客が難しくなった。取り扱う商品やサービスの特性から、対面でなくては営業ができないと考えられていた業界でも、新たな戦略を取り入れる必要に迫られている。 工夫しながらオンライン形式の接客を取り入れて、成果…

  • 2022.05.27

    帳合とは?小売流通業における意味と役割、メリット・デメリットなどを解説

    流通業界でよく耳にする用語に「帳合」がある。もともとは会計用語の「帳簿合わせ」を意味するが、卸売・小売業においては「帳合取引」を指す。 日本では昔から帳合取引が行われており、小売業者はもちろん、メーカー側にとっても様々なメリットがある。ここでは、流通業で使われる帳合という用語の意味と帳合取引を行うメリット、デメリットについて解説する。 帳合(ちょうあい)とは?用語の意味・仕組みを解説 帳合は、「ちょうあい」と読み、流通業界の他にも、食品業界や出版業界、医薬品業界など、さまざまな業界で使われる用語である。 帳合取引、帳合商品、帳合価格、帳合が付く、帳合をもらうなどといった使い方をする。売買取引を…

  • 2022.05.27

    4Mとは?品質管理における意味や、5M+1Eや6Mについて解説

    製造業をはじめとした生産現場の品質管理における重要な要素として「4M」がある。4Mは問題発生時の分析や課題の解決など、多くの場面で活用されている。 近年では現場や社会情勢の変化によって4Mにさらに要素を加えた「5M+1E」や「6E」という概念も誕生した。この記事では、4Mを構成する要素や活用方法、似ている言葉の意味について解説する。品質管理における課題解決や生産性の向上のために4Mをぜひ役立ててほしい。 4Mとは?概要と4つの構成要素について 4Mとは品質管理業務を適切に行うための、以下の4つの要素を指す言葉だ。頭文字のMを取り、総称として4Mと呼ばれている。 ・Man(人) ・Machine…

  • 2022.05.25

    スーパーバイザーとは?業種別の役割や仕事内容、求められるスキルや資格などを解説

    役職の1つである「スーパーバイザー」。小売業や飲食業、福祉業、外資系企業とスーパーバイザーが設置される業種は多岐にわたり、それぞれで役割や仕事内容も異なる。また、リーダーやエリアマネージャーなど似た役職もあり、混同してしまう人も多いだろう。 本記事では、スーパーバイザーの業種ごとの役割や仕事内容、さらにスーパーバイザーに求められるスキルや資格などについて解説する。 スーパーバイザーとは スーパーバイザーとは、おもに管理や監視業務を行う役職を指す。英語で「監督者」「管理者」「上司」などを意味する“Supervisor”が由来だ。略語である「SV」と呼ばれることもある。日本国内では店長、施設長、エ…

  • 2022.05.20

    センシングとは?概要や種類、メリット、ビジネスや各分野での技術を解説

    ビジネスや産業における各業種でのIoTを導入した技術革新から、人口減少や環境などの社会問題解決まで、大きな意義を持つ技術として広く活用されているのが「センシング」だ。センシングは製造業を中心に、医療や看護、農業と幅広い分野へ導入されている。 将来的なICT技術と人間との共存に欠かせない、センシングの概要や種類、導入メリット、に加えてビジネスをふくめた各分野で導入されているセンシング技術について解説する。 センシングの言葉の意味や仕組み、種類を解説 センシングの言葉の意味や概要、仕組みについて解説する。 センシングとは センシングとは対象物の音や光、温度などの物理的、化学的、生物学的特性の量を検…

  • 2022.05.20

    日配品とは?意味や由来、該当する商品などを解説

    「日配品」とは、主に小売・流通業界で使われる用語で、店舗に毎日配送される商品のことを指す。名前の由来は「毎日店舗に配送される食品」の略からきており、デイリーフーズ、デイリー食品、デイリーなどと呼ばることもある。 卵、牛乳・乳製品、パン、豆腐、納豆、漬物、練り物、ハム・ウィンナーなどの畜産加工品、チルド飲料、生麺類、生菓子など、日持ちがしない、冷蔵を必要とする食品などが該当する。生鮮食品は基本的に含まれない。 なお、アメリカなどでは乳製品を「DAIRY」とのコーナー名で販売しているが、これは日本でよく呼ばれる「デイリー(DAILY、毎日)」とは異なる。たまたま「乳製品」である点が共通するため、同…

1 2 3
1 2 3