スイーツ

  • 2022.06.16

    セブン-イレブンが「街のスイーツ屋さん」を目指し、定番スイーツをリニューアル、有名店監修やフェアなども続々展開

    セブン-イレブン・ジャパンがオリジナルフレッシュフードの主力商品である「チルドスイーツ」の定番商品をリニューアルし、全国のセブン-イレブン2万1337店(2022年5月末現在)で6月14日から順次発売する。 新型コロナウイルスの影響もあって在宅勤務の普及などによりご自宅で過ごす時間が増える中、巣ごもり需要もあって20年3月から21年3月まではセブン-イレブンのスイーツの売上げは前年比で伸長するなど堅調だった。 しかしながら、21年4月からは売上げが下降傾向になった。「在宅時間が増えたことでお客さまはスイーツを食べる頻度が増えたが、お客さまを留められていない」(平田哲也・商品本部デイリー部ベーカ…

  • 2021.06.26

    話題の「マリトッツォ」をチェーンが続々発売、サミット、ローソンストア100、セブン-イレブンも

    セブン-イレブン・ジャパンは、本格的なおいしさにこだわった「マリトッツォオレンジピール&ベリーソース」を6月26日から順次、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県のセブン-イレブンで発売。これら以外のエリアでも7月中旬以降、発売していく。売価は本体価格230円で、エリアにおって規格が異なる。 「マリトッツォ」は、イタリアのローマの伝統的なスイーツ。ブリオッシュにクリームがたっぷりと入った特徴的な見た目もあり、最近人気が高まっている。 今回発売する商品のためにセブン-イレブン専用のパン工場でブリオッシュを焼き上げ、スイーツ工場で毎日泡立てるホイップクリームをたっぷりと合わせ、商品化。…

  • 2021.03.15

    【2022年】コンビニの桜スイーツまとめ|お花見に合うセブン、ローソン、ファミマなどの商品情報

    3月に入ると花見に合う桜スイーツがコンビニの店頭に並び始める。食品などを持ち寄り、花見をする際、手軽に購入できるコンビニの桜スイーツは有力な選択肢の一つになる。 本記事では、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップなどのコンビニ各社が展開する2021・2022年最新の桜スイーツを紹介していく。桜スイーツ以外にも、花見に合う春らしいスイーツや菓子、ドリンクなども併せて紹介する(※店舗によって取り扱いのない商品も含む、表示価格は全て税込み)。 持ち寄りで花見をする際に参考にしてもらいたい。 セブン-イレブンの花見に合う桜スイーツ 「さくらと桃の春ゼリー」(291.60円)は、20…