ミニストップアプリとは?登録方法や使い方、利用メリットなどを解説

2022.05.17

2022.04.29

ミニストップはイオングループのコンビニで、現在、国内で1900店以上の店舗を展開している。イオングループということでWAON POINTが貯められるコンビニでもある。

今回紹介する「ミニストップアプリ」でもWAON POINTと連携しており、WAON POINTを通じたクーポンや、WAON POINTを貯められるアプリとしても利用ができる。

本記事ではミニストップアプリを利用するための登録方法や利用メリットなどを解説していく。

ミニストップアプリ とは?

出所:ミニストップ

ミニストップアプリはイオングループのミニストップが2021年9月から提供しているアプリで全国のミニストップで利用できる。

ミニストップアプリでできることは、クーポンの取得やお得なイベントへの参加、ポイント交換などだ。利用するためには、WAON POINTとアプリを連携させる必要がある。

WAON POINTの貯まるカードを用意し、アプリと連携することで、WAPON POINT交換によるクーポンの取得や、期間限定イベントへの参加等が可能になる。普段からWAON POINTを貯めている方は登録しておくとお得なアプリだ。

なお、ミニストップアプリでは、決済はできないため、現金やクレジットカードなど他に決済方法を用意しておく必要がある。

ミニストップアプリのメリットとは?

お得に買い物ができるミニストップアプリでは、主に6つの利用メリットがある。それぞれみていこう。

(1)クーポンの配布

ドリンクなどの無料クーポンや値引きクーポンなど、ミニストップをお得に利用できるクーポンが配信される。

(2)WAON POINTを商品引換クーポンと交換

これまで貯めたWAON POINTを商品引換クーポンと交換できる。ミニストップだけでなく、スーパーのイオン等、他のお店で貯めたポイントの利用にも充てられる。

(3)イベントに参加できる

期間限定でイベントが開催される。ミニストップの支払い時にアプリのバーコードを提示するとイベントに参加でき、達成するとクーポンやWAON POINTがもらえる。例えば「対象商品を購入でWAPON POINTプレゼント」といった内容だ。

(4)WAON POINTが貯められる

現金(イオングループ各社発行の商品券、イオンギフトカードを含む)での支払いの場合にWAON POINTを貯めることができる。

(5)WAON POINT数と有効期限の確認ができる

これまで貯めたWAON POINTの残数と有効期限がアプリ上で確認できる。

(6)スマートレシート®との連携

東芝テックが開発した「スマートレシート®」と、ミニストップアプリが連携をし、電子レシートの発行ができる。通常は買い物をすると紙のレシートをもらうが、そのレシートを電子化したもので、スマートフォンによって発行や閲覧ができるようになるサービスだ。ミニストップアプリと「スマートレシート®」を連携させ、ミニストップアプリ会員バーコードを提示して買い物すると、電子化されたレシートが発行される。詳しくは、「5.ミニストップアプリで「スマートレシート®」を使うには?」にて説明しているので参考にしてほしい。

ミニストップアプリの初期設定・登録方法とは?

出所:ミニストップ

ここからはミニストップアプリの初期設定、登録方法を解説していく。

(1)WAPON POINTの貯まるカードを作る

アプリの利用にはまず、WAON POINTの貯まるカードを作る必要がある。すでにお持ちの方は「2.smart WAONに登録する」、もしくは「3.ミニストップアプリをダウンロード」まで飛ばしてほしい。

WAPON POINTの貯まるカードは次の3種類から選ぶことができる。

出所:スマートワオン

・WAON POINTカード…現金でお買い物する方向けのカード。無料で即日発行可能。

・WAONカード(各種JMB WAONを除く)…電子マネーのWAONカード。モバイルWAONも含まれる。即日発行可能。

・イオンカード/デビットカード…クレジットカードのイオンカードか、デビットカード(カードでの支払い時に自動で銀行口座から引き落とされるカード)も登録できる。

(2)smart WAONに登録する

smart WAONとは、WAON POINTを貯めること、使うこと、さらに分け合えるサービスのことだ。貯まったポイントの利用履歴が確認できたり、家族が貯めたポイントを一つに合わせたりと、WAON POINTの活用ができる。ミニストップアプリを利用するには、カードを作成後にこのsmart WAONに登録する必要がある。

(smart WAON webサイト:https://www.smartwaon.com/pc/#/init

(3)ミニストップアプリをダウンロード

出所:ミニストップ

iOSのApp StoreもしくはAndroidのGoogle Playからアプリのダウンロードができる。

ダウンロードし、アプリを開いたら「今すぐはじめる」をタップする。

(4)ミニストップアプリで会員登録をする

「会員ログインをしてください」と表示されるので、新規会員登録をタップする。

メールアドレスの登録画面に移動するので、登録したいメールアドレスを入力し、「つぎへ」をタップする。

入力したメールアドレスに認証コードが送られてくる。認証コードを入力したら「つぎへ」をタップ。

半角英数字、半角記号を用いた8~50文字のお好きなパスワードを設定。電話番号も入力し、「つぎへ」をタップする。

20文字以内のニックネーム、性別、生年月日、都道府県、市区町村を入力する。

これでミニストップアプリの会員登録が完了となる。

画面下部の「カード登録」をタップし、次はWAON POINTの貯まるカードを登録をする。

(5)WAON POINTの貯まるカードを登録する

出所:ミニストップ

作成したWAON POINTカード、WAONカード、イオンカード、デビットカードを選択し、画面を進める。

カード番号やセキュリティコードなど必要事項を入力し、カードの登録が完了となる。

これでミニストップアプリの利用ができる。

ミニストップアプリの使い方

出所:ミニストップ

アプリのホーム画面には「イベント一覧」、「アプリクーポン」、「ポイント交換」の3つの機能が利用できるようになっていて、下にスクロールしていくと表示されていく。それぞれ簡単に使い方を見ていこう。

出所:ミニストップ

・イベントに参加する

「対象商品を〇個購入でWAON POINTをプレゼント」などのイベントに参加するには、店頭での会計時にミニストップアプリの会員バーコードを提示する。すると、アプリ画面の該当イベントの達成度が上がっていく仕組みだ。

・アプリクーポン

会計前に使用したいクーポンの「取得する」をタップすることで利用できるようになる。クーポンの利用には特にアプリ会員のバーコードは不要。

・ポイント交換

溜まっているWAON POINT数と有効期限の確認ができるので、それを参考にポイントを商品引換券に交換ができる。

ミニストップアプリで「スマートレシート®」を使うには?

出所:ミニストップ

「スマートレシート®」とは

スマートレシート®は先ほども言った通り、紙のレシートを電子化したもので、アプリをダウンロードすることで、スマートフォンによってレシートの発行や閲覧ができるサービスのこと。

スマートレシート®のアプリもあり、ミニストップアプリでもどちらでも利用が可能だ。スマートレシート®が利用できる他のお店で発行した電子レシートと一緒に、ミニストップの電子レシートをスマートレシート®のアプリの中で管理することもできる。

また、紙のレシートがほしいときもあるかもしれない。紙のレシートが必要な場合は、店舗のスタッフにお願いすることで、電子化されたレシートとは別に発行してもらうことができる。

ミニストップアプリでのスマートレシート®の使い方

スマートレシート®をミニストップアプリで使用する手順は次の通りだ。

①ミニストップアプリとスマートレシート®を連携させる

出所:ミニストップ

アプリ画面にある「≡」をタップし、「スマートレシート」をタップすると、設定画面に切り替わる。「スマートレシートの連携を開始する」をタップ。

②店頭で会員バーコードを提示

出所:ミニストップ

スマートレシート®の連携が完了したら、ミニストップの店頭でミニストップアプリ会員バーコードを提示し買い物をすると、電子レシートが発行される。

③アプリ上で電子化されたレシートが反映

支払いが完了したら、ミニストップアプリ上には電子化されたレシートが反映される。

スマートレシート® 公式サイト:https://www.smartreceipt.jp/

ミニストップ アプリまとめ

イベント参加でWAON POINTが貯められることや、WAON POINTを商品引換券に変えられるなど、日頃からWAPON POINTを利用している方はダウンロードしたいアプリだ。

また、スマートレシート®との連携もでき、紙のレシートでの管理が苦手な方や、レシートは普段いらないけれど買い物履歴を確認したい方も利用できる。ミニストップの商品をお得にゲットできるアプリでもあるので、ミニストップが好きな方もWAON POINTのカードと共に登録してみてはいかがだろうか。

お役立ち資料データ

  • 顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

    今の時代消費者は”個人”を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

  • 小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

    新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …