ローソンとオプティマインドがAIによる店舗配送ダイヤグラム最適化の実証実験を開始

2021.08.08

2021.08.10

ローソンとオプティマインドは共同で、AI(人工知能)による店舗配送ダイヤグラムの最適化の実証実験を開始すると発表した。

今回の実証実験では、現在は3カ月間固定となっている店舗配送ダイヤグラムを、当日の各店舗の在庫状況や発注数量を基に、オプティマインドが提供する自動配車クラウドサービス「Loogia(https://loogia.jp/)」により、毎日最適なダイヤグラムに組み替えることで日々の物量変化に合わせた配送体制を構築し、物流効率を極限まで高めることを目指す。

まず、2021年10月から群馬県の常温・冷凍の配送センターから管轄店舗約400店舗に向けた配送をオプティマインドの AI により作成した3カ月間固定の店舗配送ダイヤグラムで行う。事前にこの配送センターの配送車両48台の走行軌跡をGPSで詳細に解析した上で、店舗ごとの物量データを加味し、AIで店舗配送ダイヤグラムを作成したところ、配送台数を約8%(4台)削減し、CO2排出量も約7%(年間約100t)削減できることが分かった。

今後、他の配送センターでもAIによる店舗配送ダイヤグラムでの配送を順次広げていく予定だ。

さらにロ―ソンは23年度中には、3カ月間固定ではなく、当日の各店舗の在庫状況や発注数量を基に、AIが毎日自動で作成する最適な店舗配送ダイヤグラムでの低温、常温、冷凍の配送を行う予定。

群馬県の配送センターでのシミュレーション上では、配送台数を約15%削減、CO2排出量を約17%削減できることが確認できた。

店舗配送ダイヤグラムが毎日変更となることに対する店舗の負荷軽減策として、バックヤードへの納品専用エリアの設置、納品時間枠の設定、在庫状況も加味した店舗毎の納品優先度の反映なども併せて検討している。

お役立ち資料データ

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。

  • 10の成功事例から学ぶ|小売業界DX・IT活用

    1.Amazon Go 2.Home Depot 3.Walgreens など 海外・国内の主要な成功事例について、分かりやすくまとめているのが本資料です。 成功事例の参考としてお役立てください。

  • 23社分まとめ読み!多店舗オペレーション改革事例集

    【PR】株式会社ドリーム・アーツ 成城石井様、アダストリア様、日本調剤様などの成功事例を収録。 「Shopらん」は39,000店舗以上でご利用いただいている、チェーンストア業界シェアNo.1のサービスです。 アパレル、外食、サービスなどさまざまな業態のお客様にご活用いただいています。 本資料では、実際にご利用いただいているお客様の成功事例23社分を収録しています。 ■収録企業の一部をご紹介! ▼物販・量販店 ・株式会社成城石井 様 ・株式会社エディオン 様 ▼アパレル・専門店 ・株式会社アダストリア 様 ・アシックウォ―キング 様 ▼飲食 ・株式会社すかいらーくホールディングス 様 ・株式会社…