ローソンとオプティマインドがAIによる店舗配送ダイヤグラム最適化の実証実験を開始

2021.08.08

2021.08.10

ローソンとオプティマインドは共同で、AI(人工知能)による店舗配送ダイヤグラムの最適化の実証実験を開始すると発表した。

今回の実証実験では、現在は3カ月間固定となっている店舗配送ダイヤグラムを、当日の各店舗の在庫状況や発注数量を基に、オプティマインドが提供する自動配車クラウドサービス「Loogia(https://loogia.jp/)」により、毎日最適なダイヤグラムに組み替えることで日々の物量変化に合わせた配送体制を構築し、物流効率を極限まで高めることを目指す。

まず、2021年10月から群馬県の常温・冷凍の配送センターから管轄店舗約400店舗に向けた配送をオプティマインドの AI により作成した3カ月間固定の店舗配送ダイヤグラムで行う。事前にこの配送センターの配送車両48台の走行軌跡をGPSで詳細に解析した上で、店舗ごとの物量データを加味し、AIで店舗配送ダイヤグラムを作成したところ、配送台数を約8%(4台)削減し、CO2排出量も約7%(年間約100t)削減できることが分かった。

今後、他の配送センターでもAIによる店舗配送ダイヤグラムでの配送を順次広げていく予定だ。

さらにロ―ソンは23年度中には、3カ月間固定ではなく、当日の各店舗の在庫状況や発注数量を基に、AIが毎日自動で作成する最適な店舗配送ダイヤグラムでの低温、常温、冷凍の配送を行う予定。

群馬県の配送センターでのシミュレーション上では、配送台数を約15%削減、CO2排出量を約17%削減できることが確認できた。

店舗配送ダイヤグラムが毎日変更となることに対する店舗の負荷軽減策として、バックヤードへの納品専用エリアの設置、納品時間枠の設定、在庫状況も加味した店舗毎の納品優先度の反映なども併せて検討している。

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」