米国ウォルマートが新たなファッションブランド「フリー・アッセンブリー」を投入

2020.09.22

2020.10.03

イメージ画像。画像はウォルマート提供

米国ウォルマートは9月21日、新たなオリジナルファッションブランドの「フリー・アッセンブリー」の販売を開始したと発表した。「思慮深く、シンプルなデザイン」「上質な生地」「現代的なシルエット」「アップデートされたスタイル」を核とし、時代を超えて汎用性が高く、重ねたり組み合わせたりしやすく、そして飽きの来ないデザインになっているという。

ウォルマートとしては、今回のブランドをあらゆる層から支持されるものにしたいと考え、数十年におよぶアメリカのマス・アピールのブランドでの経験を有するファッション・チームを社内に立ち上げた。チームを率いたのはJ.クルー、オールド・ネイビーなどのデザインにかかわった経験を持つドワイト・フェントン氏。ブランドコンセプトから生地の選択、製品の属性やフィット感、環境に優しいデニムのウオッシュ加工や製造工程に至るまで、2年前から全て一から作り上げたという。

フェントン氏がチームを率いたのには、直近ではウォルマートが買収したオンライン販売のメンズブランドのボノボスのデザインにかかわるなど、ウォルマートのファッションビジネスの動向を最前線で見てきたという経緯もある。

今回、秋のコレクションとして、レディスでは30アイテム以上、メンズでは25アイテム以上からスタートする。9月21日からネット販売(Walmart.com)と一部店舗で販売を開始し、価格帯は9~45ドル。デザイン性に優れた高品質なアイテムを他ブランドと比べて低価格で、専門店の数分の1の価格で提供する。特に40ドルのオーガニック・セルビッジ・デニムはその低価格の実現に自信を持っているという。

フェントン氏は、今回のフリー・アッセンブリーに関して次のようにコメントしている。「われわれは、現代的なファッションの必需品としての服のブランドを目指してフリー・アッセンブリーをデザインした。コレクションの全ての商品が親しみやすいものであると同時に、新しく、現在にふさわしいものであることを目指した。あらゆる人が、自分が着ていることを想像できるようなブランドをデザインしたかった。定番であり、季節を超えて長期間着られる商品になっている」

マスをターゲットとした汎用性の高い商品開発、さらに低価格へのこだわりという点は、いかにもチェーストアのウォルマートらしいものだ。「フリー・アッセンブリー(自由な組み立て)」という名前にもそれがよく表れている。

フェントン氏は次のようにもコメントもしている。「実際、1990年代半ば以降で考えても、今回のレベルの品質の商品を、この価格で、この規模で提供しているブランドはないと思う。今の時代に欠けているのは、現代的な必需品を提供するブランドだ。そこで、私たちはそのブランドの構築に着手した」

イメージ画像。画像はウォルマート提供

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」