しまむらが初の直営オンラインストアをオープン、店に行けない人だけでなく、店を利用する人の利用も促す

2020.09.28

「ファッションセンターしまむら」を展開するしまむらが、初の直営オンラインストアをオープンする。10月1日12時にプレオープン、10月7日10時にグランドオープンする予定。オープンに際しては、オープン企画商品の販売も予定している。

「しまむらで買物したいのに忙しくてお店に行けない!」「小さな子供がいるのでゆっくりお買物できない!」といったお客の声に応えたもので、リアル店舗と同様にプライベートブランド「CLOSSHI」シリーズや最新のトレンドファッションを提供する。

同時に、店舗では取り扱いのない「オンラインストア限定商品」も取り扱うことで、店舗を利用しているお客にもオンラインストアの利用を促す。

買物の楽しさを実感してもらうため、毎週50種類以上の新作商品を投入する。オンラインストア限定商品として店舗では取り扱いのないサイズやカラーを取り扱う他、インフルエンサーコラボ商品やキャラクターコラボ商品なども取りそろえる。

「店舗受け取り」と「自宅配送」を選択可能

注文した商品は「店舗受け取り」と「自宅配送」の2種類から、お客の都合に合わせて選べる。店舗受け取りについては、しまむらが誇る独自の物流システムと国内最大級の1433店舗もの店舗数を生かし、送料無料で利用可能。さらに商品を見てからレジで精算するため、お客は安心して買物できると考えている。

一方、自宅配送の場合は、配送料を500円(本体価格、大物の場合は1000円)に設定し、支払いについてはオンラインストアでのクレジットカード決済のみに対応。配送には注文後2~7日前後かかる。

今後、予約販売や決済手段の多様化など、機能を順次アップデートしていく。また、来年以降は、「バースデイ」や「アベイル」などファッションセンターしまむら以外のフォーマットも参入する予定。

また、今回のオンラインストアのオープンに際し、2019年1月から展開している商品取り寄せのアプリ「しまコレ」はサービス提供を終了した。今後は、「しまむらオンラインストア」に一本化する。

サイトイメージ

しまむらオンラインストア概要

オンラインストア

https://www.shop-shimamura.com

ファッションセンターしまむらホームページ

https://www.shimamura.gr.jp/shimamura/

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」