しまむらが初の直営オンラインストアをオープン、店に行けない人だけでなく、店を利用する人の利用も促す

2020.09.28

「ファッションセンターしまむら」を展開するしまむらが、初の直営オンラインストアをオープンする。10月1日12時にプレオープン、10月7日10時にグランドオープンする予定。オープンに際しては、オープン企画商品の販売も予定している。

「しまむらで買物したいのに忙しくてお店に行けない!」「小さな子供がいるのでゆっくりお買物できない!」といったお客の声に応えたもので、リアル店舗と同様にプライベートブランド「CLOSSHI」シリーズや最新のトレンドファッションを提供する。

同時に、店舗では取り扱いのない「オンラインストア限定商品」も取り扱うことで、店舗を利用しているお客にもオンラインストアの利用を促す。

買物の楽しさを実感してもらうため、毎週50種類以上の新作商品を投入する。オンラインストア限定商品として店舗では取り扱いのないサイズやカラーを取り扱う他、インフルエンサーコラボ商品やキャラクターコラボ商品なども取りそろえる。

「店舗受け取り」と「自宅配送」を選択可能

注文した商品は「店舗受け取り」と「自宅配送」の2種類から、お客の都合に合わせて選べる。店舗受け取りについては、しまむらが誇る独自の物流システムと国内最大級の1433店舗もの店舗数を生かし、送料無料で利用可能。さらに商品を見てからレジで精算するため、お客は安心して買物できると考えている。

一方、自宅配送の場合は、配送料を500円(本体価格、大物の場合は1000円)に設定し、支払いについてはオンラインストアでのクレジットカード決済のみに対応。配送には注文後2~7日前後かかる。

今後、予約販売や決済手段の多様化など、機能を順次アップデートしていく。また、来年以降は、「バースデイ」や「アベイル」などファッションセンターしまむら以外のフォーマットも参入する予定。

また、今回のオンラインストアのオープンに際し、2019年1月から展開している商品取り寄せのアプリ「しまコレ」はサービス提供を終了した。今後は、「しまむらオンラインストア」に一本化する。

サイトイメージ

しまむらオンラインストア概要

オンラインストア

https://www.shop-shimamura.com

ファッションセンターしまむらホームページ

https://www.shimamura.gr.jp/shimamura/

お役立ち資料データ

  • 無駄なアナログ業務をなくして販促活動の生産性を上げる方法とは?

    提供 : 株式会社SPinno 販促活動におけるデジタル施策やツールが充実する一方で、既存のアナログ業務が変わらず残り続けるために、以前にも増して業務負担が増えている販促担当者は多いのではないだろうか。 本資料では、販促活動における無駄なアナログ業務をなくし、販促担当者が本来やるべき販売促進、営業支援などに集中するための方法について解説していく。 ・現場からの依頼への対応に追われている ・企画の振り返りができていない ・本来やりたい業務に集中できていない こういった悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 販促業務におけるDX推進の現状と課題とは?

    提供 : 株式会社SPinno ビジネスにおける競争優位を築くため、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用してビジネスモデルや組織を変革する、DX (デジタルトランスフォーメーション)への対応は業界業種問わず必要不可欠のもになってきている。 本資料では、改めて、DXとは何か?DXの取り組み状況などをデータを元に解説し、特に販促業務におけるDXにフォーカスしていかにDXを推進していくかについて解説をしていく。 ・DXの概要や現状を基礎から知りたい ・DX推進のポイントが知りたい ・販促活動のDXに興味がある  上記のような悩みをお持ちの方は、是非参考にしていただきたい。

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。