サニー福岡桧原店が6月23日にグランドオープン、西友福岡市内41店目、エリア独自の商品仕入れを加速

2022.06.15

西友は、サニー福岡桧原店を6月23日、福岡県福岡市に新規オープンする。福岡市南区への出店で、福岡市内では41店目の出店となる。

周辺は、南区エリアの中でも戸建て住宅やマンションが密集したマーケット。幅広い年代の多様なニーズにお応えできるに品揃えを実現させ、地域住民に「サニーが身近にあってよかった」と感じてもらえる店舗作りを目指すとしている。

西友は昨年、福岡市内にサニー福岡長浜店(福岡市中央区)、サニーガーデンズ千早店(福岡市東区)の2店の新規出店を行うなど、福岡市内での出店を強化している。

同時に西友として「地域に密着したお店作り」を目指し、日本各地で地場商材の充実と、エリア調達を強化している。

九州エリアでは先行してその取り組みを開始し、エリア専任バイヤーによる近郊市場からの直送仕入れや、エリア独自の惣菜開発などを手掛けている。

今回、サニー福岡桧原店での初導入の商品として、大分県佐伯市で創業97年を迎える「高

橋水産」の地元九州産にこだわった冷凍フライ加工品、「ジョーキュウ」など地元メーカーの調味料を使用した味付け肉の展開、九州限定惣菜として開発された「阿蘇高菜巻&かしわいなり」など、九州独自の商品をさらに強化した。

部門別ではまず、青果では地場野菜コーナーを設置し、福岡県でニーズの高い糸島近郊で採れた野菜や、福岡県をはじめとする九州各地の契約農家からの野菜、果物を展開する他、福岡市場から直送された旬の野菜も取りそろえる。

水産では福岡市中央卸売市場や佐賀県の唐津漁港からその日仕入れた魚介類を展開。また、初導入の「高橋水産」の商品は昨今の簡便ニーズに合わせて導入。こだわりの加工技術と地元大分や九州で水揚げされた魚を使用した地魚フライやその他干物などの冷凍商品を新たに品揃えし、簡便ニーズに応える。

畜産では福岡や九州でおなじみの「福岡県産はかたもち豚」や「鹿児島黒豚」「九州産若どり」を展開。

さらにフライパンで簡単に調理ができる「福岡県産はかたもち豚」を使用したスティックステーキや福岡でおなじみの「ジョーキュウ」のたれなど、地元メーカーの調味料を使用した味付け肉といった簡便調理品を新たに展開する。

惣菜では熊本の阿蘇高菜を使用した巻き寿司と福岡のソウルフードであるかしわめしを甘いいなり皮で包んだ「阿蘇高菜巻&かしわいなり」や九州の旬の食材を使用した「九州産なすとおくらの天ぷら(抹茶塩)」などを新たに発売し、九州独自の商品を豊富に品揃え。

また、出店エリアに高齢者やファミリー世帯の方が多いことから、エリアのニーズに応えるため店内で焼き上げる「サバの塩焼」や「サバ西京焼弁当」など、魚惣菜を中心に定番の惣菜を充実させた。

デイリー食品売場では、福岡県で愛される「唐人ベーカリー」のパンや「志岐蒲鉾」「長崎杉永蒲鉾」などの練り物商品をそろえる。

また内食需要増加に合わせて冷凍食品の売場を拡充し、九州で長年愛されている地元各メーカーのアイスクリームの集積展開やご当地商品、世界各国の味が楽しめる冷凍食品などを展開。冷凍食品売場は従来の扉付き冷凍食品什器に加え、カバー付きの平ケース什器を配置することで拡大を図ると同時に省エネにも配慮している。

加工食品、菓子売場ではリゾットやニョッキなどを品揃えした輸入食品を展開する他、輸入スナック菓子やチョコレートの品揃えも充実させる。

レジはセミセルフレジ3台、フルセルフレジのスグレジ6台を設置し、レジ待ち時間の短縮を図る。また、楽天西友ネットスーパーは7月8日から注文の受付を開始する。

サニー福岡桧原店概要

所在地/福岡県福岡市南区桧原7-59-1

営業時間/9時~23時

駐車場/77 台(バイク4台、自転車40台)

売場面積/1395㎡

店長/関 貴章

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …