U.S.M.Hがプランテックスと組み、自社運営の植物工場を本格始動、新プライベートブランド第1号のレタスを生産、販売

2022.06.19

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)は、プランテックスと2020年の基本合意以来、協働して本格稼働に向けて準備を進めてきた植物工場「THE TERRABASE(ザ・テラベース)土浦」での生産を本格的に開始すると発表した。

THE TERRABASEの「TERRA」は、ラテン語で「大地」や「地球」を意味する言葉。「『地球環境に優しく』ありたい、私たちの地球環境への取り組みの拠点である」という思いを込めて名付けたという。

植物工場では U.S.M.H の新しいプライベートブランド(PB)の「Green Growers(グリーングロワーズ)」の商品第1号となるレタスを生産し、6月19日から店舗およびネットスーパーで販売を開始する。

グリーングロワーズは「安心・安全」「健康的」「環境にやさしい」をコンセプトにしたブランドとして、今後もさまざまな商品を展開していく意向。

ザ・テラベースで、レタスは完全密封、完全機械化された環境で育つ。レタスを栽培する装置は複数の栽培棚が個別に密閉され、栽培棚はAI(人工知能)などを活用して探索した最先端の栽培条件に基づいてレタスの成育に最適な光の量、空気、栄養素を制御している。

この密閉方式を採用することにより、従来以上に精密な環境制御が可能となったという。

また、ザ・テラベースでの使用電力は再生可能エネルギーを使用し、脱炭素社会へ向けてクリーンエネルギー100%による工場運営を目指すとしている。

工場内の完全に密閉された棚での水耕栽培のため、衛生管理が徹底されていることから虫の混入や菌の繁殖がしにくい環境に設定されている。また、露地結球レタスの栽培時と比較すると、レタス1個当たり12ℓ以上少ない量の水で栽培できるという。

科学技術によってレタスの生育に最適な環境で育つこともあって高栄養価で、柔らかい一方でシャキシャキとした歯応えが特徴になっている。

THE TERRABASE外観
栽培棚

6月19日以降、一定の店舗と、その中で対応している店舗についてはネットスーパー、さらにU.S.M.HのEC(電子商取引)サイト(https://mygreengrowers.com/)で販売開始する。以後、徐々に販売店舗数を拡大し、U.S.M.H グループ会社店舗全店で取り扱うように進めていく予定。

販売店舗については、6月19日に取扱開始の店舗としてマルエツ江戸川橋店、フードスクエアカスミイオンタウン守谷店、フードスクエアカスミ学園店、マックスバリュ東習志野店の4店。6月23日に取扱開始の店舗としてマルエツ清澄白河店、マルエツ金町店、フードスクエアカスミ水戸赤塚店の3店の計7店となる。

U.S.M.Hとプランテックスは共同で野菜本来のおいしさや鮮度を追求しながら、野菜に新たな価値を創造することを目指して本事業に取り組んできた。

プランテックスの技術により生まれたレタスをU.S.M.H が自社の販売網で直接流通させ販売する「製造小売モデル(SPF、Specialty store retailer of Private label Foods)」として、「食の販売者」であるU.S.M.H が商品開発から生産、販売まで一貫して関与することで収穫から販売までの時間が短くなり、また、供給も安定する効果が見込める。

両社は今後も協力して他の野菜の製造販売についても研究、開発を行いながらサスティナブルな世界の実現を目指し、取り組んでいくとしている。

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …