「ダイソー」がデジクルをDXパートナーとして販促キャンペーンをデジタル化

2022.04.22

2022.03.14

「ダイソー」は、3月14日から「デジクル for LINEミニアプリ」のサービスを開始、デジタルを活用した店頭販促活動を強化する。小売業、飲食業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援事業を展開するデジクルが同社の公式LINEミニアプリを開発した。

第一弾として、3月14日から開始する「だんぜん!ダイソーdeシールキャンペーン」をLINEミニアプリ上で展開する。第一弾の対象は、南関東エリアの560店舗。順次全国へ拡大していくことを目指す。

シールキャンペーンはこれまで、紙や対面接客を用いた形でのアナログ運用を中心に行ってきた。これをLINEミニアプリ上でも展開することによって、レジでのシール手渡し作業が不要となり、セルフレジでのキャンペーン参加も可能になる。

コロナ禍で非接触や非対面が好まれる中、デジタルシールでの配布が可能になる他、集計業務の圧縮などデジタル化による従業員の業務負担軽減、またキャンペーン参加者とのデジタル接点構築やキャンペーン参加状況のデータ化に基づく分析、施策実行体制の構築などさまざまな効果が見込め、お客の利便性向上、キャンペーン参加者の増加、レジでの混雑解消なども期待できる。

また、紙からデジタル移行していくことで印刷量の抑制が図られ、サステナブルにも配慮した形での販促施策への移行が進むことになる。

ダイソーでは、これまでもエコグッズの販売強化や買物かごのプラスチック再利用など、積極的なSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みを行ってきたが、今回もそれに資する取り組みと言えそうだ。

シールキャンペーンの参加方法は、まず店頭POP、または指定のURLから、LINEミニアプリを起動する。その後、ダイソーのPOSと連携し、会計時にバーコードを読み取ることでデジタルシールが獲得できる。

必要なシール枚数を貯めると、LINEミニアプリ上で景品が選択できるようになり、レジで購入できる。

ダイソーとしては今回、まずは南関東エリア(東京、千葉、神奈川)の店舗から導入を開始し、随時導入店舗を広げていく予定だという。

お役立ち資料データ

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

  • 減少する新聞折込チラシの効果とは?-世代別・業態別で分かる傾向

    日本新聞協会発行の新聞の発行部数に関する最新データと、 1万人以上を対象にした、折込チラシ実態調査の2つで構成されているのが本資料です。 実態調査については、年代別、業態別について簡潔に傾向をまとめています。 ▼本資料でわかること▼ 最新のデータによる新聞購読の現状 独自調査による世代別・業態別の折込チラシの活用傾向 昨今の新聞折込チラシの削減計画の参考などにお役立てください。