平和堂がアル・プラザ野洲を6月24日リフレッシュオープン、「エコサポ」をスタート

2022.06.26

平和堂は、6月24日、アル・プラザ野洲をリフレッシュオープンした。

JR野洲駅から東に約500mに位置する同店は1999年のオープン。今回、衣料品・暮らしの品を中心にフロアレイアウトの変更と品揃えの充実を図った。

また、家庭で不要になったものの一部を店頭で回収する「買替お引取り」やお客が本を持ち寄る「みんなでつくる本棚」など、「ごみを捨てない・増やさない」、サステナブルな暮らしをサポートする「エコサポ」を初めて実施する。

同店は全店の中で食品トレーなどの回収率が最も高く、地域のお客のごみに対する意識が非常に高いエリアだという。地域のライフスタイルをさらに後押しするため、今回の改装をきっかけに「ごみを捨てない・増やさない」暮らしをサポートする取り組みを開始した。

「エコサポ」では、「まずはできることをサポート」をキーワードに家庭で不要になったものの一部を店頭で回収し、 地域や環境のために役立てる。

「買替お引取り」については、衣料品、靴、鞄、フライパンについて、購入商品1点につき、同じ種類の持ち込み商品を1点引き取る。これまでも定期的に各指定店舗で実施してきたが、今回初めて常時を実施する。引き取った商品は古着やリユース、固形燃料などにリサイクルする。

「みんなでつくる本棚」は、読まなくなった本、雑誌を持ち込むと代わりに本棚にある好きな本を持ち帰ることができるというもの。受け取りジャンルは料理、レシピ、趣味、旅行ガイドブックマップ、絵本、図鑑、育児、小説。

1人1日3冊まで持ち込み可能で、受付の後、メッセージカードを記入し、「みんなでつくる本棚」の本と交換する形を採る。

日本図書館協会が発行する「日本の図書館2021」によると、滋賀県は県民1人当たりの年間貸出冊数が全国1位で、本に親しむ習慣が根付いているという。買物のついでに本を交換することで「捨てない生活」を推進し、本を通じた交流を図ることで同店にしかない本棚を地域のお客と共に作る。

その他、同店ではリサイクルの推進として食品トレー、透明トレー、牛乳パック、ペットボトルを回収してリサイクルする他、「えこすぽっと」で古新聞、古雑誌、古紙を収集、重さに応じて平和堂商品券と交換できるポイントを付けるといった取り組みを実施している。

売場では食品売場でこれまで以上に地場野菜や地元商品が充実させた他、店内出来たてのピザやバーガー、だし巻き卵などを充実。また、化粧品などを集めた美と健康の総合ショップ「Beauty Road」を新設。

店内できたてのバーガー
Beauty Road

サービスセンターには地域サロン「おとな・Re」を併設し、セラミックボールを使用した足湯や健康やエコを切り口にしたイベント開催など、地域の学びや交流、憩いの場とする。

地域サロン「おとな・Re」

2階では子ども服や靴、学需要品、おもちゃなどを集めたショップ「キッズフォレスト」を新設。また、女性の24時間をサポートする生活雑貨や衣料品を扱う「on24.hours」や実用品からこだわり文具まで揃う「MONO STUDIO」など新しいショップも導入。

Kids forest
on24.hours
MONO Studio

衣料品売場では品揃えを充実させた他、買い回りのしやすさを向上させるために売場レイアウトを見直した。

その他、1階のセントラルコートに野洲市を拠点に活躍する写真家の辻村耕司氏の作品を展示し、来店したお客に地元野洲市の四季折々の情景を楽しんでもらう他、2階のレストスペースには各売場、専門店からのメッセージを掲示するメッセージボードを設置、地域の憩いの場を目指す。

1階セントラルコートに設置した辻村氏の写真パネル

アル・プラザ野洲概要

所在地/滋賀県野洲市小篠原100番地

改装オープン日/2022年6月24日

基本営業時間/9時30分~20時30分(季節により異なる)

お役立ち資料データ

  • 最悪の年末調整を最高にする方法

    【PR】株式会社エフアンドエム 「紙での年末調整は時間も手間もかかりすぎる……」 「でも電子化は上司の理解が得られない……」「 従業員の反発も大きそう……」 と悩みを抱える人事・労務担当者の方も多いはずです。 このeBookでは、年末調整を電子化すると、具体的にどれほどの時間や工数が削減されるのか、 従業員や人事・労務担当者の双方の負担が少ない状態で導入するには何が必要なのかを、 「オフィスステーション 年末調整」を例にマンガでわかりやすく解説しています。

  • 大手企業はいかにして 2021年年末調整を成功させたか?

    【PR】株式会社エフアンドエム 従業員数千名~数万名規模の大手企業5社にインタビューをおこないました。 年末調整システムの導入から、導入後の運用まで、 どのような取り組みをおこなったのかをご紹介していきます。 「小売業」「飲食業」「鉄道」「教育機関」と、多種多様な業種を参考にすることで、 それぞれの業界の特性や、注意すべき点が具体的に理解できる内容となっています。 資料でこんなことがわかります 01.年末調整電子化を考えるようになったきっかけ 02.年末調整クラウドソフトの導入スケジュール 03.年末調整クラウドソフトを導入する上で大変だったこと 04.年末調整クラウドソフトを導入してわかった…

  • Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

    【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …