TOUCH TO GOの無人決済システムを駅ナカコンビニ「トモニー」が導入、中井駅店を8月13日リニューアルオープン

2021.08.08

西武鉄道とファミリーマートが共同展開している西武線の駅ナカ・コンビニ「トモニー」は、TOUCH TO GO(タッチ・トゥ・ゴー、TTG)が開発した無人決済システムを導入した実用化店舗として西武新宿線中井駅南口で運営するトモニー中井駅店を8月13日にリニューアルオープンする。

トモニー中井駅店の前に立つ喜多村樹美男・西武鉄道社長(左)、細見研介・ファミリーマート社長(中央)、阿久津智紀・TOUCH TO GO社長(右)

ファミリーマートのフランチャイズ店舗での初めての無人決済システムの導入となる。

ファミリーマートとTTGは、無人決済システムを活用した無人決済コンビニの実用化に向けて業務提携、TTGの無人決済システムを導入した直営1号店としてファミマ!!サピアタワー/S店(東京・千代田)を3月31日にオープンしている。

TTGの無人決済システムは、「ウオークスルー型」の次世代の買物体験を可能とするもので、お客は入店後、商品を手に取り、決済エリアに入ればそのまま決済ができる仕組みになっている。

天井に設置されたカメラや棚に設置されたセンサーによって、入店したお客と手に取った商品をリアルタイムに認識、お客が出口付近の決済エリアに立つとタッチパネルに自動的に購入商品と合計金額が表示され、その後は現金もしくは電子マネーなどで支払いをするだけで買物が完了する。

通常の有人レジ店舗に比べて時間節約ニーズの高い朝や移動の合間などの短時間でも手軽に買物ができるようになり、お客にとっては利便性の向上が期待できる他、店側にとっては省力化が可能となるため店舗のオペレーションコスト低減が期待できる。

さらに、ウオークスルー型の無人決済店舗であることから、必然的に従業員との接触を減らすことができるため、新型コロナウイルス感染症対策としても効果的だとしている。

ファミマとして来年から新規出店を中心に展開を拡大

トモニー中井駅店は17年オープンで、西武新宿線中井駅南口の改札を出た場所にフリースタンディングで出店している。売場面積約50㎡の小型店で、長方形の売場をワンウエーコントロールで回る構造になっている。アイテム数は約750となっている。

もともとはアイテム数が1100~1200で非食品の品揃えもそれなりにあったが、今回、食品を維持し、非食品を絞り込んだ。

以前は有人のレジで3人ほどで運営していたが、それを補充や管理など1人での運営にしていく。

導入開始から1カ月ほどでのオープンということで、導入の短期化ができてきていることは成果とみる。「カメラの調整や設置工事などがだいぶ短縮化できた。導入のロジックができてきたので、かなりスムーズにできた」(阿久津智紀・TOUCH TO GO社長)

ファミリーマートとしては、今後の展開として、いままでコンビニとして出られなかったような小さな商圏への出店に期待がかかる。

「この1年は既存店をリニューアルする形でマーケット別に何店かのフランチャイズ店で実験し、来年からは基本的に新規出店としていく。既存のオーナーさんが複数店展開することを想定している。店舗を出店するというよりは、売場を広げていくという発想だ」(狩野智宏・ファミリーマート執行役員ライン・法人室長)

TTGは面積的には3m四方のスペースでも展開可能であるため、出店可能性の拡大という面では大きな武器となる。

一方で、コンビニでの展開という面では、販促や収納代行への対応などTTGとしてもまだまだ付け加えるべき機能があるとみる。

今回、新しい機能として、ビニール傘を認識できるようになった。フック陳列のアイテムなども実験中で、今後機能として加えていく予定。また認識のスピードの向上など、常に進化はさせている
売場面積約50㎡と小さく、さらに長方形ということで売場はワンウエーコントロール。ゲートから入り、奥まで行く構造になっている
天井のカメラは57台設置。エアコンが出っ張っていたりと、設置に当たっては苦労する部分もあったという。物件によるこうした条件の違いをいかに乗り越えるかは店舗数拡大において重要となる
アイテム数は約750と少ないが、品揃えとしては酒や弁当、非食品などを含め、一通りコンビニの商品がそろうようになっている。酒は決済の際、従業員が年齢の確認を取る仕組みになっている
決済エリアは2列。かなり省スペース化が図られている。支払方法としては交通系電子マネー、クレジットカードの他、現金にも対応。冬にはコード決済にも対応する予定で、支払方法の多様化を進めている

トモニー中井駅店概要

所在地/東京都新宿区中落合1-19-1

オープン日/2021年8月13日

営業時間/6時30分~23時

支払方法/交通系電子マネー、クレジットカード、現金

お役立ち資料データ

  • 原理原則を知る②-値入ミックスの極意-

    企業活動において、非常に重要となる価格設定ですが、その原理原則についてポイントをまとめたのが本資料です。 ニューノーマルが求められる現在においても、基本的なことを改めて振り返っていただければと思います。 ①値入ミックスとは何か? ②活用しやすい業態、条件 ③具体シミュレーション方法  

  • DX推進で陥りがちな間違いと対策

    本資料は、DX推進で陥りがちな間違いについて、経営と現場のすれ違いを減らす手法を提案することで、 成果に繋がるDXに繋げていただくことを目的に作成しております。 DX失敗のプロセス DX(デジタルトランスフォーメーション)への誤解 経営と現場のすれ違い事例 「仮定の検証」してますか? 全体最適のために必要なこと 本部がもう少し考え抜くと… 推進していくDXに欠かせないもの  

  • 業界寡占が進む「ドラッグストア」の強みと弱み

    新型コロナウィルス発生後、スーパーマーケット同様に売上好調であるドラッグストア業態。 業界は寡占化が進みつつあります。 改めて業態としての強みと弱み、また歴史を振り返りつつ、今後どのなるのか? 業界編集長の野間口氏にまとめていただきました。 ・ドラッグストア業態の「強み・弱み」 ・ドラッグストア業態の「過去と未来」